「君に見せたい東北がある」おいで、東北

[宮城・気仙沼編]
小松 笙さん(Komatsu Shin) ぜんりょく☀ボーイズ
全力で春旅するっぺ!
おいで宮城男子
小松 笙さん(Komatsu Shin)
ぜんりょく☀ボーイズ

気仙沼の唐桑地区出身。今年、成人式を迎えたばかりの元気ボーイが全力で気仙沼の魅力を伝えてくれます!
現在は、宮城発のボーイズグループ「ぜんりょく☀ボーイズ」のメンバーとして活躍中! そんな小松さんが提案してくれたのは、小松さんも大好きな海の幸三昧の旅。とにかく、いろんな海の幸に出会えます。
青い海が広がる気仙沼で春旅楽しもうぜ!
(掲載している情報は2019年4月現在の情報です。)

小松さんの「大好き♡宮城」ムービー♪BGM♪ 「ヒロインガール」/演奏:ぜんりょく☀ボーイズ

「おいで宮城」1分バージョン
「おいで宮城」2分バージョン

SPOT.01青い海をクルージング

青い海をクルージング01
「ぜんりょく☀ボーイズ」のメンバーとして、うたもダンスもキレキレの小松さん。「きょうは気仙沼の海をぜんりょくで案内すっぞ!」と気合も十分!
青い海をクルージング02
まず案内してくれたのは、小松さんもよく遊んでいたという唐桑(からくわ)の海。震災では大きな被害を受けたものの、現在はおいしい牡蠣が味わえます。
青い海をクルージング03 青い海をクルージング04
漁師さんにさばいてもらったぷりっぷりの生牡蠣!おいしそ~う!!
青い海をクルージング05 青い海をクルージング06
青い海をクルージング07
●海をクルージング
(お問い合わせ)

唐桑町観光協会
TEL:0226-32-3029(要予約)

SPOT.02おらほの海の幸

おらほの海の幸01
牡蠣の魅力はこれだけにあらず!
おらほの海の幸02
続いて紹介してくれたのは牡蠣小屋。あたりには牡蠣のおいしそうなにおいが立ち込めており・・・そう!ここでは蒸し牡蠣が味わえるんです。
おらほの海の幸03
「う~ん。うますぎで言葉になんねぇ~!」
おらほの海の幸04
●おじゃましたのは

かき小屋唐桑番屋
(お問い合わせ)
TEL:080-8205-4186(畑山さん)
気仙沼市唐桑町浦鮪立(しびたち)214-6
営業時間 11:00~14:00(要予約)
期間 10月初旬~5月いっぱい
土日・祝日のみ営業

そして市場には気仙沼の海の幸が盛りだくさん。
おらほの海の幸05 おらほの海の幸06
手軽に気仙沼のうめぇもんが手にはいっぞ!
おらほの海の幸07 おらほの海の幸08
そして紹介してくれたのは、なんと小松さんのおとうさん。
おらほの海の幸09 おらほの海の幸10
小松さんの大好物、もうかの星(サメの心臓)を持ってきてくれました。
おらほの海の幸11
「うんめぇなぁ!」
おらほの海の幸12
ほかにも新鮮なものがいっぱい!季節ごとに旬が変わるのも魅力です。
●おじゃましたのは

さかなの駅
(お問い合わせ)
TEL:0226-21-1231
気仙沼市田中前2丁目12-3
営業時間 8:30~18:00
定休日 第2・4火曜日(変更月もあり)

SPOT.03神秘!氷の水族館

神秘!氷の水族館01
「あっ!あそこにいるのは!!」と小松さんが見つけたのは、気仙沼のご当地キャラクター「ほやボーヤ」。
神秘!氷の水族館02
ほやボーヤの案内した先に行くと・・・
神秘!氷の水族館03
なんとそこは氷の水族館!
神秘!氷の水族館04
魚を間近で見てもらいたいと、地元の氷屋さんがつくったそう。
およそ600匹の気仙沼の魚たちが大集合。
神秘!氷の水族館05 神秘!氷の水族館06
室内はなんとマイナス20℃。どれぐらい寒いかというと・・・
タオルもすぐに凍っちゃう!
神秘!氷の水族館07
室内はプロジェクトマッピングの照明にも照らさせ、幻想的な空間に。
神秘!氷の水族館08
●今回ご紹介したのは…

氷の水族館
TEL:0226-24-5755
気仙沼市魚市場前7-13 海の市内1階
営業時間 9:00~18:30(最終入館 17:00)
定休日 不定休

見渡す限りに広がる青い海!
潮風を受けながら海の恵みをたっぷりと堪能できるパワー満天の春旅!
「ぜひ来てけろ!!」
神秘!氷の水族館09
視聴者のみなさまへ
番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。
製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
また、掲載されている情報は2019年4月現在の情報です。ご了承ください。
行ってみたい!と思ったらシェアしてね♡