2021年01月04日 (月)

だっちゃ通信<1月4日(月)>~角田市から~

だっちゃ通信は、角田市の堀米荘一さんでした。

新年2日に牛舎で出産があったという堀米さん。

牛の専門家である堀米さんに、丑年にちなんで和牛のブランドに関する話をしていただきました。

東北で一番古いブランドは米沢牛。

明治4年、米沢で牛肉を食べた英語教師があまりのおいしさに牛1頭を横浜に持ち帰り、

外国人の仲間に紹介したことが、おいしさが全国に知られるきっかけになったとか。

当時、食べる習慣がなかった米沢で、なぜおいしい牛に育っていたかというと、

草の少ない冬にはわらを茹でて食べさせていたなど、大事に育てられていたからです。

大事に育てる文化は今も変わりません。

今年は和牛のおいしさがもっと世界に発信されることを、堀米さんは願っています。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:21


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2022年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top