だっちゃ通信

2020年04月08日 (水)

だっちゃ通信<4月8日(水)>~岩手県盛岡市から~

だっちゃ通信は、岩手県盛岡市の吉田真理子さんでした。

手芸教室を主宰している吉田さん。その中で「モラ」を教えていただきました。

モラはパナマのカリブ海の島々に住む原住民に伝承されている手芸技術で、

女性の民族衣装だそうです。象徴的な赤色など、原色の鮮やかさが目を引きます。

作り方は、色の違う生地を数枚重ね、生地を切り取っていくことで模様を作り出し、

たてまつりで縫っていくのだとか。重なった生地を何枚切るかによって、色が変わるわけです。

手も頭も使って、なおかつ楽しい、さらに生命力あふれる手芸なので、

「こんな時だからこそ、やってみてください」と、吉田さんは話しています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:21 | 固定リンク


2020年04月07日 (火)

だっちゃ通信<4月7日(火)>~美里町から~

だっちゃ通信は、美里町の早坂美名子さんでした。

4月から「スポーツ施設指定管理業務共同事業体」がスタートしたそうです。

別々に運営されていた美里町体育協会と、でんえん土田畑村を運営する民間企業という、

違う形態の組織が、固定概念にとらわれない共同事業体を目指して共同運営するとか。

11月の「ひとめぼれマラソン」では、県外からも多くのランナーが訪れるので、

宿泊施設とのコラボを考えていくそうです。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | 固定リンク


2020年04月06日 (月)

だっちゃ通信<4月6日(月)>~七ヶ宿町から~

だっちゃ通信は、七ヶ宿町の藤田洋一さんでした。

七ヶ宿町が定住についての冊子『七ヶ宿「ない」もの自慢!』を作りました。

キーワードは7つの「ない」。。。

「何もないけど不便もない」「冬だって退屈しない」「子育てに心配がない」

「教育環境に不安がない」「マイカー通勤に損がない」「住居にお金がかからない」

「自然の豊かさハンパじゃない」

この「ない」なら、移住してみたくなりませんか?

気になった方は、冊子を見てみてくださいね。

詳しくは、七ヶ宿町ふるさと振興課(TEL0224-37-2194)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | 固定リンク


2020年04月03日 (金)

だっちゃ通信<4月3日(金)>~fmいずみから~

だっちゃ通信は、fmいずみのさとうまおさんでした。

今年の3月で開局20周年を迎えたfmいずみ。

あらためて歴史や番組について、教えていただきました。

2000年3月10日に、仙台市内で3番目に開局したコミュニティーFMです。

地域のボランティアの協力で番組を制作したり、中学校の職場体験を受け入れたり、

七北田小学校5年生による特別番組を放送したりと、地域密着で制作しているそうです。

おススメの番組は、「サンドウィッチマンのラジオやらせろ」。

地元泉区出身のサンドウィッチマンが無名時代から放送している番組です。

初の冠番組で最も長いレギュラー。お2人の原点はfmいずみなんですね。

そして、ベガルタ仙台の応援番組「ベガパラ」も注目とのこと。

さとうさんは「趣味をより深く追求できる場」と話しています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:25 | 固定リンク


2020年04月02日 (木)

だっちゃ通信<4月2日(木)>~色麻町から~

だっちゃ通信は、色麻町の菅原一杉さんです。今日が初登場!

菅原さんはまちづくりに取り組む「NPO法人ルネッサンスファクトリー」を主宰しています。

色麻町と都会を結び、関係人口を増やして、町を好きになってもらおうと

さまざまな活動をしています。

今は、新型コロナウィルスの影響で開催できていませんが、

「酒屋の推し酒飲まナイト」「Live Bar かっぱ笑会」といった定期イベントも企画。

早くイベントで盛り上げれる環境になってほしいですね。

詳しくは、ルネッサンスファクトリーのホームページかFacebookで検索して下さい。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:16 | 固定リンク


2020年04月01日 (水)

だっちゃ通信<4月1日(水)>~山形県山形市から~

だっちゃ通信は、山形県山形市の新関さとみさんでした。

外出もままならない今、家の中でできることとして「みそづくり」を教えていただきました。

漬物研究家である新関さんは、みそづくり教室も行っています。

みそづくりは季節を問わずできますが、春に仕込むと夏の温度で発酵が進みやすく、

9~10月ころにはみそが出来上がるそうです。

専門の道具がいらず、子どもと一緒に楽しみながらできるので、

豆1kgぐらいから始めてみてはいかが?と新関さん。

作る楽しみと食べる楽しみが味わえそうですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | 固定リンク


2020年03月31日 (火)

だっちゃ通信<3月31日(火)>~名取市から~

だっちゃ通信は、名取市の格井直光さんでした。

格井さんが2011年10月にスタートした「閖上復興だより」が、

今月発行の第60号で終刊となりました。

地震の被害を受けた福岡・玄界島の「玄界島復興だより」を見たことがきっかけで、

格井さんが編集長として発行し続けた閖上復興だより。

復興計画が落ち着くまでの最初の3年間は年10回、その後は年5~6回のペースで、

閖上の情報を発信してきました。

今後、6月からは情報誌「閖上だより」を発行することにしています。

発展する閖上の姿を、伝え続けることでしょう。

詳しくは、一般社団法人「ふらむ名取」(TEL090-3583-1359)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:40 | 固定リンク


2020年03月30日 (月)

だっちゃ通信<3月30日(月)>~角田市から~

だっちゃ通信は、角田市の堀米荘一さんでした。

産直市場を運営している堀米さんによると、

新型コロナウイルスの影響は今のところあまりなく、

家にいることが多くなったからなのか、お米が売れるそうです。

ただ牛肉の価格が下がっていて、堀米さんはオリンピックに合わせて

牛を育てていたこともあり、すこし残念な様子・・・。

そんな中、角田市の高蔵寺にある国指定重要文化財の阿弥陀如来坐像が修復を終えて、

4月に落慶法要が行われます。

 「自然豊かな角田市に、気分転換をしに来てください」と堀米さんは話していました。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:40 | 固定リンク


2020年03月27日 (金)

だっちゃ通信<3月27日(金)>~おおさきエフエム放送から~

だっちゃ通信は、おおさきエフエム放送の熊谷悠介さんでした。

大崎市は鳴子ダムを使って、日本酒の貯蔵実験を始めるそうです。

貯蔵する場所はダム内のトンネル。

トンネルは光が差し込まず、通年で11~13度に保たれているため、熟成に適した環境です。

市内の酒蔵がすでに4月から貯蔵を始めるほか、ほかの酒蔵も今後、参加する予定だとか。

どんな味になるのか、楽しみですね。

詳しくは、大崎市観光交流課(TEL0229-23-7097)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:21 | 固定リンク


2020年03月26日 (木)

だっちゃ通信<3月26日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

東京・町田市にある町田天満宮は、東北復興支援活動をしている神社です。

machida.JPG

神紋であり、境内にも40本の梅の木がある町田天満宮では、

復興する日を待つ、あすの朝日を待つという意味を込めて、

日待ち梅」と名付けた根付を販売しています。

第1弾として2012年から2017年にかけて2000個を完売。

その後、楽しみにしている参拝客が多いことから第2弾が製作されたそうです。

日待ち梅は大きさ約3センチで、紫外線に反応して色が変わる素材で作られています。

ume.jpg

町田天満宮では境内も新型コロナウィルス感染対策を講じて、

参拝客を迎えているということでした。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:36 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top