だっちゃ通信

2022年03月10日 (木)

だっちゃ通信<3月10日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

田辺さんは以前、NHK盛岡と仙台でキャスターを務めていて、東日本大震災後は、

仙台局でライフライン情報やニュース・気象情報を伝えてくださっていました。

「東北地方は、私にとって第2のふるさと」と話す田辺さん。

震災直後、ライフライン情報を伝えるときには、ロケ先で出会った

たくさんの町の人の顔が浮かんできたと言います。

そして地元横浜に戻った後、だっちゃ通信員として首都圏で東北のために活動する方々を取材。

「震災直後は有志で集まって数人で活動していた方が、次第に活動人数を増やして団体になり、

企業とタッグを組んで活動の幅を広げる方々や、活動資金の助成金がなくなり、

志半ばで支援活動を断念される方などさまざまな話を聞いた」と振り返りました。

そして「東北と首都圏を繋げるような情報の発信を続けたい。思いを寄せ続けたい」とも。

丁寧な取材とわかりやすい口調でリポートしてくださった田辺さん。

本当にありがとうございました!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | 固定リンク


2022年03月09日 (水)

だっちゃ通信<3月9日(水)>~宮城県多賀城市から~

だっちゃ通信は、宮城県多賀城市の柴田十一夫さんでした。

柴田さんは、番組1年目の2021年6月5日から今日まで35回担当。

当初は観光ボランティアガイド、東日本大震災語り部などをされていて、

「ラジオの経験は話をするための勉強にもなった」と話してくださいました。

特に歴史に詳しく、多賀城の1300年の歴史や関連イベントを紹介。

すると友人や知人、地域の方から感想が届いたそうです。

関係者の話を聞いたり、現地を確認したり、資料に目を通したりしてまとめ、

わかりやすく話してくださった柴田さん。

とても楽しい時間を、ありがとうございました!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:36 | 固定リンク


2022年03月08日 (火)

だっちゃ通信<3月8日(火)>~宮城県亘理町から~

だっちゃ通信は、宮城県亘理町の吉田圭さんでした。

まずは、鳥の海エリアを中心に行われている「WATARI TRIPLE C PROJECT」について。

TRIPLE Cとは・・CULTURE CULTIVATE CHALLENGEの頭文字から来ていて、

①亘理町から世界へ発信すること ②防災から街づくりを考えることの2つをテーマに

文化を創造、発信、定着させる新たな人材を呼び込もうと取り組んでいるそうです。

去年8月には、地域おこし協力隊としてサーフィン、スケートボード、現代アート、

音楽など8分野のアーティスト30人採用。

3月31日まで、亘理町立郷土資料館で、アート展

「アーティストから見た亘理~アートで始まるまちづくり~」開催中です。

吉田さんが代表を務めるFMあおぞらの前身は、東日本大震災時に開設した臨時災害放送局。

地域に根差し、地域の声を届け続けるラジオ局として、活躍されています。

ゴジだっちゃ!にも10年間、関わってくださいました。

本当にありがとうございました!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:45 | 固定リンク


2022年03月07日 (月)

だっちゃ通信<3月7日(月)>~宮城県大崎市から~

だっちゃ通信は、宮城県大崎市の山田好恵さんでした。

ゴジだっちゃ!1年目から通信員として大崎の情報を伝えてくださった山田さん。

こけしや温泉、川渡大橋の菜の花、松山邑まつりなど、季節の話やイベント、

それに何といってもお酒の魅力を教えてくださいました。

震災後に復活した、県産ゆず使用のお酒の話もありました。

震災がきっかけで生まれた「3.11未来へつなぐバトン」というお酒もあります。

酒蔵が被災し、その時に受けた支援への恩返しと、

助け合いながら前に踏み出していきたいという想いから、

「未来へつなぐバトン醸造発酵で子どもたちを救おうプロジェクト」を

2011年に発足。売上金全額を寄付しているそうです。

山田さん、10年間、ありがとうございました!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26 | 固定リンク


2022年03月04日 (金)

だっちゃ通信<3月4日(金)>~エフエムいわぬまから~

だっちゃ通信は、エフエムいわぬまの窪田美樹さんでした。

来週で東日本大震災から11年の関連行事を2つ、紹介いただきました。

まずは、仙台空港に設置されている「復興空港ピアノ」についてです。

午前9時から午後5時まで、誰でも見学・演奏が可能で、

3月10日(木)午後4時からは「鎮魂と希望Ⅱコンサート」が行われます。

設置は、3月20日(日)までです。

そして、3月10日(木)午後5時から7時まで、千年希望の丘相野釜公園では

東日本大震災追悼行事「希望の灯火(あかり)」が行われます。

なお、3月11日(金)は、自由献花台を設置するとのことです。

詳しくは、岩沼市総務課(TEL 0223-23-0185)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | 固定リンク


2022年03月03日 (木)

だっちゃ通信<3月3日(木)>~宮城県女川町から~

だっちゃ通信は、宮城県女川町の今野雅彦さんでした。

3月19日(土)・20日(日)、「おながわ 春のまつり2022」が開催されます。

東日本大震災からの復興を目指すイベントを引き継ぎ、

2020年から祭りの名前を変えて新たなステージに!っと思ったところで

コロナ禍に・・・2年連続で祭りは中止となりましたが、3年ぶりの開催予定だそうです。

主なイベントは「第8回 津波伝承 女川復幸男」。

3月19日(土)午後3時32分スタートで、

いつ何時も「津波が来たら高台へ逃げる」という津波避難の基本を後世へ伝え続けるものです。

そして「春のまつり」が3月20日(日)、女川町海岸広場一帯を会場に、

ステージショー、出店、マルシェ、などが開かれます。

詳しくは、女川町観光協会(TEL0225-54-4328)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:19 | 固定リンク


2022年03月02日 (水)

だっちゃ通信<3月2日(水)>~岩手県花巻市から~

だっちゃ通信は、岩手県花巻市の味園史湖さんでした。

おととし8月に花巻市に誕生した「道の駅 はなまき西南」で

販売されている「光太郎ランチ」を紹介いただきました。

詩人で彫刻家の高村光太郎の日記を元に、光太郎が食べたものを再現した弁当だそうです。

光太郎は昭和20年に宮沢賢治を頼り、東京から花巻へ疎開。その後7年間滞在しています。

花巻には「高村山荘」「高村光太郎記念館」があり、光太郎ゆかりのエリアなんだとか。

「高村光太郎ランチ」は、毎月15日 午前11時頃からの販売で、

限定10食となっています。事前に別途注文もできます。

詳しくは、道の駅はなまき西南(TEL0198-29-5522)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:20:00 | 固定リンク


2022年03月01日 (火)

だっちゃ通信<3月1日(火)>~宮城県蔵王町から~

だっちゃ通信は、宮城県蔵王町の太田富造さんでした。

トレッキングガイドなどをされている太田さんに、雪山登山について聞きました。

蔵王の刈田岳、不忘山、後烏帽子岳には毎週のように登っているそうで、

今シーズンは雪が豊富で質も良く、とてもいい条件とのこと。

でも冬の登山では注意も必要です。

装備・用具、ルート・天気予報などの計画、道迷い防止のための地図・コンパス・アプリ、

現地での状況判断など、いろんな準備をしていると話していました。

一方で魅力が多い雪山登山。

「霧氷・樹氷など白銀の世界を楽しんだり、ラッセルを全員で協力して山頂を目指し、

目標を達成した時の達成感は何とも言えない気分」と話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:20 | 固定リンク


2022年02月28日 (月)

だっちゃ通信<2月28日(月)>~宮城県松島町から~

だっちゃ通信は、宮城県松島町の眞壁ゆかりさんでした。

最近の松島は10代のグループなど若い人の姿が多くなっているそうです。

この週末も着物を着て歩いていたり、華やかさを感じるようになったとか。

ゴジだっちゃ!の放送スタートから通信員をしてくださった眞壁さん。

振り返り、「店が変わったり、道路がきれいになったり、ハード面は変わりましたが、

海の景色は変わらないと感じています。住みやすい良い街だと、あらためて思います」と話します。

これから暖かくなれば、梅や桜の季節。

そぞろ歩きしながら、新しい松島を楽しみに、出かけてみてください。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:21 | 固定リンク


2022年02月22日 (火)

だっちゃ通信<2月22日(火)>~秋田県秋田市から~

だっちゃ通信は、秋田市のあゆかわのぼるさんでした。

足元の魅力を見つめ直す取り組みを紹介いただきました。

まずは、秋田産の米と大豆を使った「みそ作り体験会」です。

秋田市の住民グループが行ったもので、あゆかわさんは、

「私が子どもの頃は自分の家で作るのが当たり前だった。若い親や子どもたちにも

みそ作りや蒸し立ての大豆のおいしさを知ってもらう機会になったのではないか」と話していました。

次は、北秋田市阿仁の「がっこ市」。

「がっこ」とは秋田弁で「漬物」のことで、住民が作った漬物を販売する「がっこ市」が

2月27日(日)に秋田内陸縦貫鉄道・比立内駅で行われるそうです。

最後は、去年の夏、世界遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、

北秋田市にある伊勢堂岱遺跡と鹿角市の大湯環状列石に関するお話。

北秋田市ではオリジナルグッズを販売したり、

鹿角市では、縄文の食を巡るツアーを企画するなどPRに力を入れているとか。

コロナ禍ですが、地元の宝に目を向けてみるチャンスにするのもいいですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:30 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2022年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top