2021年10月

2021年10月29日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月29日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

もう10月も終わりですね。今年もあと2か月…早いですね…。

わが家は「もういくつ寝ると確定申告…」とうなだれています。

でもその前に、秋も冬も楽しみまくらなくては!

 

<だっちゃ通信>は、秋田県湯沢市のエフエムゆーとぴあから

おすすめ紅葉スポットを紹介していただきました。

インドア派の高橋さんをも動かした女滝沢のトレッキングコース

同じくインドア派の私も心を動かされ、行ってみたくなりました。

とことん山のツリーハウスにも泊まってみたいです。

湯沢のお酒が好きで、いつか行ってみたいと思っていたので

コロナがもっと落ち着いたら、酒屋さんとハシゴしたいものです。

 

石巻出身の気象予報士・吉田晴香さんの<晴香の方言天気>

今回もあたたかいやわらかいやさしい石巻弁でお届けいただきました。

わが家にはテレビがないので「おかえりモネ」は見たことがないのですが

SNSで身近なひとたちの感想を見て

いいドラマなのだろうなぁ、終わるのがさみしいなぁ

なんて思ってこの半年を暮らしていました。

私は吉田晴香さんをモネちゃんに重ねて見て(想像して)いたので

また晴香さんが石巻と仙台に帰ってくるときに「おかえり」と言える日を

楽しみに待っています。

 

インタビューのゲストは、せんだい3.11メモリアル交流館の三條望さん。

開催中の企画展「voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語」について

お話をうかがいました。

1029sanjyo.JPG

昭和30年代に有線放送で流されていた七郷の歴史についての放送の原稿を

仙台の俳優さんが朗読する音声や

六郷・七郷・高砂の3つの地域の民話を、同じく仙台の俳優さんによる朗読と

現在の風景を合わせた映像など

地域の人々の声によって伝えられた物語を、目と耳で体験して知る展示です。

私も昨日、行って見て聞いて、しっかりと味わってきました。

民話の朗読と映像に、うっかり涙を流してしまいました。

ユキちゃん(へび)…おじいちゃん…おばあちゃん…。

「小字」の地名の由来の解説もとても興味深いです。

二つの念仏田や鍋沼の由来に驚きました。

みなさまもぜひぜひ機会がありましたらご覧ください。

 

みなさんのメッセージを読んで聞いて、特別な日もそうじゃない日も

あとで振り返るとどれも特別な思い出になるのだなぁ、なって思って

胸がきゅうっとして、なんだか早く家に帰りたくなってしまいましたよ。

 

みなさま、今日も明日も明後日も、よい「おだやかな暮らし」を!

 

【曲】おだやかな暮らし/おおはた雄一 

 

※1日(月)のメッセージテーマは「昔ばなし」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:01 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月29日 (金)

だっちゃ通信<10月29日(金)>~FMゆーとぴあから~

だっちゃ通信は、秋田県湯沢市のFMゆーとぴあ 高橋常子さんでした。

紅葉の季節ということで、名所である小安峡について話していただきました。

今週末が見ごろという小安峡。温泉が有名で、熱湯と蒸気が激しく吹き出す「大噴湯」があります。

でも最近、人気なのが「とことん山キャンプ場」だとか。

コロナ禍となり、キャンプをする人が増えていますが、

とことん山には岩手から訪れる人も多いそうです。

テントサイトのほか、コテージや露天風呂もあるんですよ!

そして高橋さんのおススメは「女滝沢遊歩道」。

天然の原生林が生い茂り、全国で4番目に大きいヤチダモなど巨木も見られます。

トレッキングを楽しめます。

詳しくは、湯沢市観光物産協会(TEL0183-73-0415)へ

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:36 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月28日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月28日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

仙台は秋晴れの過ごしやすい一日でした。

これから紅葉もどんどん進んでいきそうですね。

 

今日はTOHOKU360と仙台市宮城野区中央市民センターとの

コラボ企画「東北ニューススクール in 宮城野」について、

同センターの小野耕一さんとともにお伝えしました。

 1028ono.JPG

私の運営するニュースサイトTOHOKU360は

「ニュースは住民が書いた方がおもしろい」をコンセプトに、

2016年から東北各地で市民記者を育てる講座を開いています。

今回は宮城野区の各公民館とコラボすることで、

公民館を拠点にする地域のさまざまな市民活動を

市民記者たちが取材・発信していく講座になります。

 

子どもの居場所づくりや、豊かな自然の魅力を発信する

プロジェクトなど、地域のための多様な活動が展開されている公民館。

それらを市民記者が伝えることで、

地域に根差した網目の細かい情報発信が実現し、

人々の交流がより進んでいけばいいなと思います。

市民記者たちが書いた記事は12月以降にTOHOKU360や

宮城野区の各公民館HPで公開されますので、ぜひご覧下さい。

 

「週刊 防災士」は東北福祉大学の佐藤裕章さんでした。

新型コロナ対策を心掛け、なんと普段からマスクを忘れた友達にも

渡せるように、マスクを10枚ほど持ち歩いているという佐藤さん。

コロナ禍での災害避難について、マスクや体温計、消毒液などの

感染対策グッズも避難所に持っていくこと。

指定避難所以外にも知人や親戚の家などに避難する「分散避難」も

想定しておくことなどの大切さを伝えてくれました。

 

【曲】クエスチョン・オブ・オナー/サラ・ブライトマン

 

※明日のメッセージテーマは「暮らしの記録」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:22 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月28日 (木)

だっちゃ通信<10月28日(木)>~宮城県村田町から~

だっちゃ通信は、宮城県村田町の村上博さんでした。

紅葉の季節、村田町でのおススメは村田町足立地区にある谷山自然公園だそうです。

その中にある村田ダムの周辺が紅葉のスポットということですよ。

そしてイベント2つをご紹介。

まずは「秋の大洋ラン展」。10月23日(土) ~11月3日(水・祝日)

カトレア、ミニカトレア、デンドロビューム、ミニ胡蝶蘭などの展示即売会です。

つぎは「高畠マルシェ」。10月31日(日)に山形県高畠町のくだものが並びます。

詳しくは会場の道の駅「村田」(TEL 0224-83-5505)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:11 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月27日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月27日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日は、仙台まで走る車中、

外の様子が赤や黄色にどんどん変化していくのが美しくて

秋の紅葉の様子が進んできているなあ~~と

心地よく思いながらのドライブでした。 

 

さて今日のドナルドさんのTodd Rundgren特集。

いや~~カメレオンというか

なんというか、多彩!!

特に2ndアルバムの秀逸さに、杉尾さんと私はうなりました。

このメロディーのクオリティ!!

やばい・・・これは聞かねば・・・。

 

「洋楽喫茶店」で紹介した曲はこちら。

1027records.JPG

①We Gotta Get You A Woman

②Believe In Me

③Baby Let's Swing / The Last Things You Said / Don't Tie My Hands

④Wailing Wall

⑤Be Nice To Me

 

さて

今、「芸術の秋」ということもあり

宮城のミュージシャンは、トモシビプロジェクトという取り組みに

演奏動画を発表するという作品つくりをしている人が沢山います。

(宮城県がバックアップしている取り組みです)

 かくいう私も

以前ゴジだっちゃ!に出てくださった、青根に暮らすお菓子作家さん

高木さんのお菓子作りと青根生活の様子を

曲にしました。

彼女の活動や、青根ライブが「毎日が冒険!」みたいな感じを曲にして

明日、早速青根に向かい、それを収録することにしました。

きっと青根に向かう景色はもっともっと秋の深みがあるのだろうな~~と

今から楽しみです。

発表できる日を楽しみにする、深まる秋を楽しむ名雪でした。

 

 「おらほの地名」は、福島県いわき市の「反町(そりまち)」でした。

ソリマチという地名は、古い時代に里山のような地形を利用して、

焼き畑農業が行われていたことを伝えているそうです。

漢字に違いがありますが、比較的多く残っている地名です。

 

【曲】ロックスター/HY

 

 ※明日のメッセージテーマは「あなたが記者だったら?」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:53 | カテゴリ:洋楽喫茶店 | 固定リンク


2021年10月27日 (水)

だっちゃ通信<10月27日(水)>~山形県山形市から~

だっちゃ通信は、山形県山形市の新関さとみさんでした。

漬物研究家の新関さんに「青菜漬」について教えていただきました。

「山形青菜(やまがたせいさい)」は、葉は肉厚で大きく、茎も厚みがあり、

漬け込んでも軟らかくなりにくい、歯ごたえもしっかりしていてうまみが強い野菜です。

青菜漬は各家庭で作っていましたが、最近では漬ける家が少なくなっているとか。

そのため、山形青菜を栽培する人も減っているそうですが、

新関さんは「山形青菜と青菜漬のおいしさも知ってもらいたい」と話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月26日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月26日(火)

火曜日担当の星川幸です。

きょうは日中雨が降っていて太陽が見られず、

気温も上がりませんでした。

夜も冷えそうですから、暖かくして休みましょう。

 

きょうは、生放送でお題を発表して短歌を募集する「TANKA NEO」

今回で3回目!お題は「美しい」でした。

言葉のイメージを膨らませて詠むのが難しいという形容詞のお題でしたが、

みなさん、いろんな「美しい」の表現に挑戦してくださいました。

 

今回もリスナーさんと一緒に挑戦した杉尾さん。

作品はこちらです!

「あの頃は キラキラしていたビューティフル 色あせている令和の雨に」

杉尾さんに解釈を聞いてみると‥

「1970 年頃は『モーレツからビューティフルの時代』と言われ、経済成長とともに

ビューティフルという言葉は『美しい未来』を予見させるキラキラした輝きを放っていました。

あれから半世紀、ビューティフルという言葉は『失われた20年』とともに色褪せ、輝きを失っている。

成長から取り残され、低空飛行が続くこの国の経済状況を、歌に込めました。」とのこと。

 

近江さんは、これまでの作品で最も良い!とほめていらっしゃいました。

杉尾さんの歌人への道はまだまだ続きます‥

次回もたくさんの投稿お待ちしています!

 

さて、「美しい」ということで、

美しい方々と写真を撮りにいらっしゃいませんか?

宮城県が舞台の連続テレビ小説「おかえりモネ」はいよいよ最終週!

放送もあと3回‥あっという間ですね。

モネロスが心配というあなたにおすすめ展示会がありますよ!

NHK仙台放送局1階で開催中の「おかえりモネご当地巡回展」です。

モネ役の清原果耶さんをはじめキャストの皆さんの等身大パネルや、

サイン色紙のほか、モネ関連の楽しい展示がいっぱいです!

菅波先生もいますよ~vv

 1026mone.JPG

貴重なものを間近で見られるチャンス!

ドラマの放送が終わった後も11月7日(日)まで開催しています!

 

きょうの「防災クイズ“備えっぺ”」

問)災害が起きたときにそなえる備蓄食、備蓄が効果的に行うための方法として

  「ローリングストック法」があります。

  そのローリングストック法の説明として正しいものは次のうちどれでしょう?

 

 A.備蓄食を「ローリング」の名のとおり、コロコロ転がして長持ちさせる方法

 B.非常食だけを一週間そろえて、賞味期限が来たら買い足していく方法

 C.非常食だけで一週間分そろえるということではなく、普段の生活の中で消費しながら、

   消費した分を買い足していくという方法

 

 正解は、Cです。

備蓄品だけで一週間分ではなく、今あるものもうまく活用する。

それが普段と変わらない食事をするということに重要な役割を果たしてくれます。

いつも食べている冷凍食品を多めに買ってみるとか量が多い物を選ぶなどもひとつです。

「災害が起きたときのためだけにやる」のは長続きしませんし、無駄が多くなりがちです。

普段の生活の中で、災害時の食料備蓄を組み込んでみましょう。

 

【曲】 ビューティフル/クリスティーナ・アギレラ

 

※明日のメッセージテーマは「我が心のロックスター」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月26日 (火)

だっちゃ通信<10月26日(火)>~宮城県東松島市から~

だっちゃ通信は、宮城県東松島市の石垣武さんでした。

イベントを2つ紹介しました。

まずは、矢本海浜緑地 パークゴルフ場敷地内で行われる「ハロウィンマルシェ」です。

10月31日(日)午前10時から午後2時、飲食ブースや子ども店長ブースなどが並びます。 

詳しくは、蔵しっくパーク(TEL0225-84-2011)へ。

 

続いては、11月21日(日)に開催される「復興感謝 東松島市産業祭」です。

場所は、矢本東市民センター・大曲地区体育館・東矢本中央公園で、

蒸し牡蠣のおふるまいや小中学生の演奏ステージ、東松島市内の商工業品・農産物の展示品評会、

地場産品の販売などが行われます。

同時開催でほかにもイベントが行われます。

食にまつわる16の体験(給食試食体験、手作りふりかけコーナーなど)もできるそうです。

詳しくは、東松島市産業祭実行委員会(東松島市農林水産課/TEL0225-82-1111)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月25日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月25日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

今日は、パスタの日♪ということでメッセージテーマは「パスタにまつわる残念な思い出」でした~。

ゆで過ぎたり、宙を舞ったり、いろんなパスタのお話を読みながら、

どんどんお腹が減ってきました。笑

ちなみに私は…ドラマ「ペペロンチーノ」で草彅剛さん演じるシェフのパスタを食べたり、

いい思い出ばかりです!!笑

 

宮城県知事選挙及び、衆議院選挙の投開票が今週末10月31日に迫っていますね。

そこで今日は、NPO法人メディアージ代表の漆田義孝さんに、

選挙をより分かりやすくなる情報発信について教えていただきました。

メディアージのホームページでは、ゲーム感覚で立候補者との一致度を測ることが出来る

「衆院選2021ボートマッチ」や、大学生がインタビュアーを務めた候補者の独自動画、

街頭演説のアーカイブ映像などを、見ることが出来ます。

また、政治を気軽に聞けるオンラインイベントや、情報発信ポスターも制作されるなど、

政治や選挙を、より身近に感じるための工夫を凝らしてくださっています。

順次、情報が更新されていくそう!私も投票までじっくり、見て学び、考えたいと思います。

 

そして、読書の秋です。今月もやってまいりました「みちのく本のほそ道」。

仙台の出版社、荒蝦夷代表の土方正志さんに、

この秋にぴったりなエンタメ満載の小説を2冊、紹介してもらいました。

 1025books.JPG

紹介した本は

1)ペッパーズ・ゴースト/伊坂幸太郎/朝日新聞出版

2)遠巷説百物語/京極夏彦/角川書店

 

どちらも分厚くて読み応え抜群そう!ミステリ、エンタメ要素満載の作品です。

伊坂幸太郎さんの約1年ぶりの新作「ペッパーズ・ゴースト」は、コロナ禍ならでは?伊坂さんらしい、

奇想天外な設定。あらすじを聞いただけでは、どんなお話なのか全く想像もつきません。笑

てんでバラバラな登場人物たちが、どのように交錯するのか!?

伊坂さんワールドてんこ盛りな予感。楽しみです。


京極夏彦さんの人気作品、巷説百物語シリーズの最新作

「遠巷説百物語」~とおくのこうせつひゃくものがたり~。

江戸時代の遠野が舞台です。昔話として伝わる妖怪にまつわる噂を、調査する密偵が主人公。

実は話の影には事件が隠れていたり…口伝での伝説や民話の宝庫、遠野ならではのミステリーです。

過去の巷説シリーズの登場人物も活躍するとか!?ファンの皆さん、必読ですよ~。

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、劇団鳥や 宮城県3市ミニツアー公演のご紹介でした♪

宮城県大崎市の全ての小学校で三年間にわたり、アウトリーチ公演を行ってきた作品

「アン-はじめてのうそ-」が、学校を飛び出し街へやってきます。

赤毛のアンのエピソードを借りて作られたオリジナルストーリーで、

人形や音楽をふんだんに取り入れたカラフルな作品です。

アウトリーチ活動で、逆に子供たちからもらったエネルギーに育てられた作品。

いつかあなたの街にも、旅芸人一座がやってくるかもしれません♪

詳しくは「劇団鳥や」で検索してみて下さい。

本格的に、寒くなってきましたね…あたたかくしてお過ごしください~!

 

【曲】バイトリーダー典子/ジェニーハイ

 

※明日は「TANKA NEO」でお題を出しますので、作品を送ってくださいね!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:05 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月25日 (月)

だっちゃ通信<10月25日(月)>~宮城県山元町から~

だっちゃ通信は、宮城県山元町の渡邉修次さんでした。

11月5日は「世界津波の日」。

この日、山元町の震災遺構、旧・中浜小学校が入館料無料になるそうです。

旧・中浜小学校は海から約400mの場所にあり、東日本大震災の津波では2階天井まで浸水しました。

震災遺構として去年9月から一般公開されています。

今年5月に落雷の被害を受けて一時休館しましたが、8月に再開。

津波で流された約2トンの石碑の説明板を新たに設置し、

展示内容をまとめたガイドブックも作成したということです。

渡辺さんたちは若い世代の語り部の育成にも力を入れていて、

今朝の地元紙でも紹介されています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:19 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月22日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月22日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

今日はマフラーをしてNHKまで来ました。

どんどん重装備になっていきます。

 

<だっちゃ通信>は福島県いわき市のFMいわきから。

いわきを巡る無料周遊バスを紹介していただきました。

いわきの観光地を巡るコースと、震災について知るコースがあるそう。

私はゴールデンペーパードライバーなので、こういうバスがあるのは

とてもありがたいですし、乗ってみたいです。

常磐線でいわきまで行って、いわきからバスの旅。

行ってみようかな。

 

<音の日記帳>は、仙台市太白区秋保の秋の光景と

菅原さんの「チルアウトミュージック」。

菅原さんの作品が、ライトアップされた日本庭園で流れているなんて

想像しただけで、なんだか夢見心地なかんじがしますね。

 

ゲストは私が通っている美容室の店長さん、館崎桂輔(たてざき けいすけ)さんに

ヘアドネーションについて教えていただきました。

1022tatezaki.JPG

私もヘアドネーションのために、髪を伸ばしています。

来年の春くらいには、ばっさり切って寄付ができそうです。

館崎さんと、ドネーションをした友人たちにいろいろ教えてもらったおかげで

楽しく気持ちよく髪を伸ばして、長い髪を大事にして暮らせています。

ヘアドネーションについて知って、いろいろ考えるようになりました。

髪のことだけでなく、社会のこと、ひとのこと、いろいろなこと。

たくさんのひとにヘアドネーションについて知ってもらえたら

と私もほんとうに思います。

 

ヘアドネーションに関するメッセージもたくさんありがとうございます。

いま伸ばしているというみなさん、一緒に楽しんで伸ばしたいですね。

断髪式(ドネーションのためのカット)前に大銀杏、実現できますように!

館崎さんは「びん付け油をたくさん用意しておかなくては…」と言っていました。

館崎さんにも床山さん気分を楽しんでほしいです。

 

明日も寒そうです。暖かくしてお過ごしください。

そろそろまた灯油を買い足しに行かなくては…。

みなさま、よい週末を!

 

【曲】 Piece/高橋優

 

※25日(月)のメッセージテーマは「パスタにまつわる残念な思い出」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:58 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月22日 (金)

だっちゃ通信<10月22日(金)>~FMいわきから~

だっちゃ通信は、福島県いわき市のFMいわき 坂本美知子さんでした。

今月いっぱい、実証実験として行われている無料周遊バスを紹介しました。

対象はいわき市内の宿泊施設に泊まった方ですが、公共交通機関で訪れた人も

バスを利用すると、説明してもらいながら市内を見て回ることができます。

2つのルートがあります。

①いわきを巡る無料周遊バス<いわきMEGURU号>

 運航日:23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)

 土曜日出発と日曜日出発でまわる施設が違いますが、

 観光バスガイドやいわきのご当地ガイドが説明してくれます。

②浜通りを巡る無料周遊バス<みらいTSUNAGU号>

 運航日:24日(日)、31日(日)

 双葉郡双葉町の東日本大震災・原子力災害伝承館、いわき市のいわき震災伝承みらい館、

 アクアマリンパークを、いわき震災語り部と一緒に回ります。

 

詳しくは、「いわきMEGURU号」新常磐交通株式会社貸切バス事業本部(TEL0246-72-1151)

 「みらいTSUNAGU号」浜通り交通株式会社(TEL0246-88-1788)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:32 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月21日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月21日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

過ごしやすい秋の気候を通り越して、寒くなってきましたね。

私は10月というのに早くもこたつを出してしまい、これから先が思いやられます…

 

今日は盛岡在住の作家・工藤玲音さんにお越しいただきました。

芥川賞候補にも選ばれた小説「氷柱の声」、

16歳から現在までの短歌を収めた歌集「水中で口笛」など、

多様な形の文芸作品を次々と発表されています。

1022kudo.JPG 

石川啄木と同じ渋民の出身で、小さいころから

啄木の名前を引き合いに出されていたという工藤さん。

啄木の享年と同じ26歳で、初の歌集を出版しました。

「最後は啄木とハイタッチするような感じで」世に出したとのこと。

 

小説「氷柱の声」は、東日本大震災のとき盛岡の高校生だった主人公が

震災後、さまざまな人が抱える思いに触れる物語。

人々が言えずに胸にしまってきたような思いを言葉にした作品で、

阪神大震災を経験した方などさまざまな方から反響の声があったそうです。

いろんな感情や経験を、多様な文芸作品で自在に表現していく工藤さん。

今後の作品も注目し続けていきたいです。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の木村奈々果さんでした。

急に寒くなってきたこの時期、気をつけたいポイントを話してくれました。

暖房器具は必ず点検してから使うようにすること、

非常用持ち出し袋には防寒具など季節に合ったものを

入れておくことなどが大切だと伝えてくれました。

 

【曲】

コスモス/スピッツ

虹に向かって/「おかえりモネ」オリジナルサウンドトラックから

 

※明日のメッセージテーマは「ヘアドネーション」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:30 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月21日 (木)

だっちゃ通信<10月21日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

東京港区台場にあるホテルで開催されている、東北3県フェアを紹介しました。

先月は岩手県、今月は宮城県、来月は山形県の食材を使った料理が並びます。

今月の宮城県の食材は、みやぎサーモンやいちご、伊達いわな、秘伝豆などを使うそうです。

また来月の山形県フェアでは、だしと牛のたたきや庄内麩で作ったピッツアなどが並ぶとか。

さらに、東北の郷土料理「芋煮」もあるので各県の味付けを楽しめるそうです。

東北の秋を味わえるフェアですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:22 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月20日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月20日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日のモネちゃん・・・泣きましたね。

泣きましたね・・・・

 

なんとも自然な演技・・演技だったっけ?って思っちゃうような

自然な表現の数々。

ドラマの裏には、お国ことば指導の方の汗が・・・

今日のゲスト鹿野浩明さんのようなお仕事の努力があってのことなのですね~~。

 1020kano.JPG

興味津々でお話お伺いしました。

宮城ことば指導、方言指導のクレジットはドラマでよく見ますが

台本ができた時は、もちろん共通語なわけで

それを方言に直していくにも、そのイントネーションなどは

目で見るだけでは伝わらないもの。

 

わざわざ、キャストの数だけ

音源を作って、渡して・・という作業があるということ、お聞きして

いや~~すごい!

さらには、その時の音源は感情移入せず、聞き取りやすく・・・と

いろいろな工夫がおありだったことを伺いました。

 

鹿野さんご自身が俳優さんでいらっしゃいますから、つい

感情移入しちゃうんじゃないかな~~と思っちゃいますが、

それはしないんですね。

演技の部分は、演者自身が広げていけるサジ加減で収録する、とか

見えない仕事が光ります!!

 

もう少しでおかえりモネも終わっちゃいます・・・

うう・・・絶対モネロスになりそうだ・・・。

 

ちなみに、鹿野さんを紹介した記事が「おかえりモネ」公式ホームページ内にあります。

https://www.nhk.or.jp/okaerimone/special/local/19.html

「特集一覧」⇒「ご当地」第19回も、ぜひ読んでみてくださいね。

 

「おらほの地名」は、宮城県山元町の「熊ノ作(くまのさく)」でした。

クマもサクも地形を伝える言葉です。

ここは阿武隈山地の東端の尾根の先が海や低地などに掌を広げたように落ち込み、

その地形に沿って湖沼や川が流れる様子を「クマ」、

尾根と尾根のはざまや狭い谷間を「サク」と呼んでいたということです。

 

【曲】

碧落-へきらく-/曽我部恵一

 

※明日のメッセージテーマは「文学」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:00 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月20日 (水)

だっちゃ通信<10月20日(水)>~青森県八戸市から~

だっちゃ通信は、青森県八戸市の瀬川征吉さんでした。

11月3日(水・祝)にリニューアルオープンする八戸市美術館を紹介しました。

アートなまちづくりをしている八戸市に完成した新しい美術館のテーマは

「種を蒔き、人を育み、100年後の八戸を創造する美術館~出会いと学びのアートファーム」。

さまざまな枠組みを超えて、活動が広がりそうです。

オープン後は記念の企画も始まります。

八戸市美術館開館記念「ギフト、ギフト、」

会期は11月3日(水・祝)から来年2月20日(日)まで。

詳しくは、八戸市美術館(TEL 0178-45-8338)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:36 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月19日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月19日(火)

火曜日担当の星川幸です。

きょうも肌寒い一日でしたね。

きのうに比べればまだましかな?と思いましたが、

寒さに慣れていないこの時期は、冷たい風がしみます‥

ということで、きょうのメッセージテーマ「寒いですね」にも

全国各地から寒さのお便りをいただきました。

東北各地はもちろん島根でも岡山でも長野でも、

みなさん寒さと戦っていらっしゃいました!

これからどんどん寒くなりますね‥

ホント、風邪ひかないようにしましょう。

 

毎週火曜日は川柳と短歌のコーナーをお届けしています。

きょうは「川柳の時間」 

選者の雫石隆子さんとともにお送りしました。

 1019shizukuishi.JPG

いつもおしゃれな雫石先生。

きょうお召になっていたのは、

山形県米沢市の伝統織物・米沢織の反ものから作ったというお洋服!

色合いも柄もとっても素敵でした!

まもなく、今年度の川柳・短歌大会の作品募集が始まる予定ですが、

大会の時の先生の着物姿も毎回本当に素敵なんですよね。

今回はどんなお姿が見られるのか楽しみです!

 

さて、きょうの「防災クイズ“備えっぺ”」

【問】1995年、今から25年以上前に起きた阪神・淡路大震災。

        5000人以上の犠牲が出てしまいましたが、その主な原因は次のうちどれでしょうか?

             A. 火災

             B. 建物の倒壊

             C. よくわかっていない

 

【正解】  正解はBです。

 阪神・淡路大震災では1981年以降に建てられた建物に比べて、

    それ以前に建てられた建物の方に被害が集中しました。

    1981年を境に、耐震基準が厳しくなっているからです。

 また、まだ朝早かったので、1階に寝ていた人も多く亡くなりました。

 お住まいや職場の建築年や就寝場所に注意しましょう。

 

【曲】

LIFE IN A NORTHERN TOWN/The Dream Academy

黄色/back number

 

※明日のメッセージテーマは「お国ことば」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:51 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月19日 (火)

10月19日(火)放送「川柳の時間」

課題「重ねる」

特選

 人生は時間通りにバス来ない(自由吟)(仙台市 真田義子さん)

 

入選

秋晴れに手と手重ねるベンチ前(栗原市 風太さん)

髪抜けて鏡に映る父の顔(大阪府堺市 カワサンさん)

夏と秋重なり悩む衣替え(福島県会津若松市 小野里尚さん)

コロナ禍へ食っちゃ寝の果て二重あご(仙台市 福島ひろ子さん)

言い訳をすればするほどボロが出る(東京都北区 破れ蓮さん)

決めたのにスルー重ねるスクワット(仙台市 今野弥生さん)

積読をステイホームで完読し(仙台市 梅田川太郎さん)

バーゲンで十重二十重にと人の欲(大崎市 コンスケ・アインシュタインさん)

ふところの寒さ重ね着役立たず(仙台市 佐藤朗さん)

やわらかな日々を重ねた笑い皺(岡山市 八木五十八さん)

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:49 | カテゴリ:川柳の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年10月19日 (火)

だっちゃ通信<10月19日(火)>~宮城県女川町から~

だっちゃ通信は、宮城県女川町の今野雅彦さんでした。

週末の観光客が戻りつつある女川町。さらに賑わいそうなお話を2つ。

8月、女川町海岸広場に新しい遊び場「マッシュパーク女川」がオープンし、

海の生き物をイメージした5種類の遊具のほか、同じ広場内には、

オリンピックで人気になったスケートボードができるスケートパークもできたそうです。

そして、明日20日、宮城県産の水産物をPRする「みやぎ水産の日」に合わせ、

宮城県東部地方振興事務所1階入り口付近でサンマのPRイベントが行われるそうです。

サンマの昆布巻き、つくだ煮、みりん干しなど、地元のサンマを使った加工品を販売します。

時間は、午前10時~昼すぎまで。

詳しくは、(一社)女川町観光協会(TEL0225-54-4328)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月18日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月18日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

最近、所属する劇団の舞台でしばらく仙台を離れていたのですが…

帰ってきたら、なんと…いぎなりさみぃごだ~!!

蔵王も初冠雪を観測したそうですね。今年は季節の足取りが、なんだか駆け足な気がします。

秋さん、よろしければもっとのんびりしていってくださ~い。

 

今日のメッセージテーマは、“石巻”でした。

実は私も個人的に、石巻は第二の故郷とも言える、大事なまちです。

演劇を通じて、様々な人との出会いと、楽しい時間をつないでくれた場所だからです。

そのきっかけの一つが、今年で第5回の「いしのまき演劇祭」です。

 

今日のゲストは「いしのまきの演劇を考える会」副代表の町屋知子さんと、

広報担当で俳優の芝原弘さんをお迎えし、今年の「いしのまき演劇祭」についてお聞きしました!

1018machiya.JPG

「いしのまきの演劇を考える会」とは、演劇祭の主催団体ですが、

演劇祭に限らず幅広く演劇を通して石巻のまちと市民の方々に寄与していくことを目指す団体です。

石巻では最近、街中で新しいカルチャーシーンが若者中心に起こり、

まちの人たちを巻き込んでいる印象があります。

 

町屋さんは、青森県から進学のため石巻に移り住み、在学中に震災がありました。

その後、石巻で就職し演劇活動を続けています。

「震災後、いろんな場所から新しい人が新しい文化を持ってきて、石巻がカラフルになった。」

と言っていたのが、印象的でした。

震災後、景色の色が「なくなった」という言葉をよく耳にしますが、

逆にカラフルなった石巻の、力強さを感じます。

 

去年1年おやすみして、今年は5回目を迎える演劇祭。

ご紹介くださったラインナップはどれも、魅力的でした!!

11月は毎週末、まちのどこかで演劇が観られます。

コロナ禍においても、さまざまな工夫をしながら、文化の力で街を明るくしていこうと頑張っている

「いしのまきの演劇を考える会」のみなさん。

演劇が石巻の元気の一助になれば、とっても嬉しいです!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、栗原市一迫にあるアートスペース、風の沢ギャラリーと

そこで行われる演劇公演「青は何色だ」のご紹介でした。

古民家と里山、こころのふるさとのような景色がまるごとアート空間になっている風の沢ギャラリー。

今年最後のイベントは、栗原市を中心に活躍する「劇団三カ年計画」による公演です。

震災から10年、人によって、物事の見え方も時間の進み方も、違っているように、

青という色から連想する、海や空やブルーシートは、それぞれどんな風に見えるでしょうか。

一人ひとりにとって、静かに思いを馳せる作品になりそうです。

 

芸術の秋、アートの秋、演劇の秋!

冬が来る前に是非、めいっぱい楽しみたいです~♪

 

【曲】感度良好グッチューニン!/遠藤正明

 

※明日のメッセージテーマは「寒いですね」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:46 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月18日 (月)

だっちゃ通信<10月18日(月)>~宮城県美里町から~

だっちゃ通信は、宮城県美里町の早坂美名子さんでした。

今日は早坂さんが気になった方を紹介してくださいました。

その人は、写真家の寺岸宏一さん。

国内外で活躍する方で、現在は仙台に拠点があります。

寺岸さんは友人の付き合いで美里町を訪れましたが、自分も居場所にしたいと思うようになり、

4年間空き家だった古民家を見つけ、移住することを決めたそうです。

すでに家のリフォームを始めているそうで、

早坂さんもどんな場所になるのか、楽しみだと話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:24 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月15日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月15日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

日中は暖かいけれど、帰りはきっと寒いのだろうなぁ

と用心して、薄手のコートを着て出勤しました。

明日はもっと寒いようで、何を着たらいいのか毎日迷ってしまいますね。

わが家は寒がり族のため、先日、ウールの靴下開きと腹巻開きを済ませました。

きっともうすぐ鍋開き。

 

今日の<だっちゃ通信>は、仙台市のラジオ3から「若林区民オンラインまつり」について。

毎度お相撲の話で恐縮ですが、仙台が誇る名横綱・谷風の誕生秘話「谷風のべこ石」が

大変おもしろかったので、ぜひぜひご覧ください。

「回文うちわ」もずっと興味があったので、家に帰って紙芝居の映像を見るのが楽しみです。

オンラインになってしまったさみしさもあるけれど

こうして地域を知る機会を与えてもらえることは、とてもありがたいことです。

 

<音の日記帳>は、宮城県利府町の陶芸の音。

火の音、水の音、土の音、いろんな音がありました。

陶器の温度が下がっていくうちに、少しずつ音階が下がっていくのが

不思議でおもしろく、気持ちのよい音でした。

いまごろ菅原さんはこの器で食事を楽しんでいるのでしょうか。

 

そして、インタビューのゲストは「PLAY ART!せんだい」の大河原芙由子さん(写真左)と

10月24日(日)に行われる公演「炎 HONO」に出演する

梅室邦夫さん(写真中央)と刈谷彰子さん(写真右)。

1015hono.JPG

スコットランドと仙台に暮らす50歳以上の公募で集まった参加者と

ワークショップを重ねて、創作されるマルチメディア・ライブ・パフォーマンス。

参加者の人生や生活の断片から作品が作られていく、というのがとても興味深く

ちょっとどきどきもします。

梅室さんも刈谷さんも、本当に楽しんで心地よく作品作りに参加していて

当日の出演をとても楽しみにしているのが、言葉からも表情からも伝わってきました。

私もこんなふうに年を重ねていきたいなぁ、と思います。

年齢を重ねたからこそのよさ、私も得られるといいなぁ。

大河原さんも梅室さんも刈谷さんも、聞いてくださっていた出演者のみなさんも

当日も心地よく楽しみまくってください~!

もちろん観客のみなさんも!

 

今日のメッセージテーマは「炎 HONO」にちなんで、<スコットランド>。

ウィスキーが飲みたくなっちゃいますね。うふふ。

呑兵衛ですみません。

よい夜、よい週末を!

 

【曲】

Someone You Loved/ルイス・キャパルディ 

 

※18日(月)のメッセージテーマは「(宮城県)石巻」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:49 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月15日 (金)

だっちゃ通信<10月15日(金)>~ラジオ3から~

だっちゃ通信は、仙台市中心部をエリアとするラジオ3の青木朋子さんでした。

今月いっぱいオンラインで楽しめる「2021若林区民オンラインまつり」を紹介しました。

公式サイトを開くと、若林区内のお店のPRや団体の活動を動画で紹介するコーナー、

「ステージ」と題して、ダンスや合唱などのパフォーマンス動画などを見ることができます。

「スペシャル動画」では、高速道路で働く車を360度カメラで見ることができたり、

仙台市地下鉄探検ツアーを楽しめる動画、交通安全について学べる動画などを見ることもできます。

10月17日(日)には、オンラインステージ動画のパブリックビューイングを

若林区文化センターホールで行います。繰り返しの上映で、上映中の入退場もできますので、

気軽に出かけてみてください。

また区内の店や施設10カ所を巡るスタンプラリーも実施していて、

スタンプ数に応じた景品あります。景品は先着順で限定数の提供です。お早めに。

詳しくは、「若林区民オンラインまつり」で検索を。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月14日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月14日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

雨が続いていたので、今日は秋晴れで気持ちのいい日でした~

 

そんな本日は、仙台医療センターウイルスセンター長の

西村秀一さんに新型コロナウイルスに関する疑問を伺いました。

 1014nishimura.JPG

宮城県内では新規感染者数がゼロの日もあり、

全国的にも感染者数が急速に減ってきました。

西村さんはその原因ついて、小さな要因が複合的に

掛け合わさった結果もしれない、とした上で、

「メリハリのある感染対策」の必要をお話してくれました。

 

例えば感染者数が少ない現在の県内では

屋外で人とすれ違う程度では感染リスクは

低いと考えられるため、状況に応じてマスクを

外してもいいのではないかということ。

逆に、屋内で会話するなど感染リスクが高い場面は

しっかりと不織布マスクを顔に密着させて付け、

自分を守る意識を持つことが大事だと話して下さいました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の稲野邊翔さんでした。

10月も災害に対する油断は禁物!ということで、

窓や雨戸、飛ばされやすい物を確認し片づけること。

備蓄品を点検し、これからの季節は非常用持ち出し袋に

防寒用品などを加えることなどの必要性を伝えてくれました。

 

【曲】

誰が為/山崎育三郎

 

※明日のメッセージテーマは「スコットランド」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:19 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月14日 (木)

だっちゃ通信<10月14日(木)>~宮城県柴田町から~

だっちゃ通信は、宮城県柴田町の岡山卓矢さんでした。

町にある県指定文化財 「富沢磨崖仏群」 を紹介してくださいました。

JR槻木駅から北に直線で約3km、富沢の岩崎山の先端部、

凝灰岩の岩肌に仏像や先祖供養の碑が彫り出されています。

しかし、おととしの台風19号で被害を受け、覆い堂が大きく破損したため修復中。

破損は残念なことでしたが、修復作業でわかったこともあったそうです。

この修復中の現場が見られる貴重な機会が、11月6日(土)にあります。

無料でどなたでも参加OKです。

詳しくは、しばたの郷土館(TEL0224-55-0707)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月13日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月13日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

ずっと気になっていた民族音楽と日本の民謡などを

自分たちなりのアレンジで演奏する

「ソニド・デル・ビエント」

 1013sonido.JPG

アレンジ、作曲、キーボードはお母さまのさとみさん(写真左)。

唄とティンホイッスル、ケーナが娘さんのMarinさん(写真中)。

私、名雪もソプラノサックスでジョイントさせていただきました。 

同じスタジオで収録したのですが

スタジオ内が、響きあるような不思議な世界で

感動に心が震えました!

 

Marinさんの歌声は耳で聞いてるのに

耳でだけ聞いているのではないような

そんな不思議な感覚を覚えました。

 

一度は活動休止しようとしていたのに、

震災を機に、避難所でボランティア公演を繰り返すうちに

地域の民謡の力を実感し、突き動かされるようにまた、活動し始めたそうです。

地域地域の民謡を歌うようになると、次々とご縁が広がり、

全国にいろいろな広がりができたそう。

やはり人の縁って、不思議ですね。

ああ~~

ソニドへの愛、当分収まりそうもありません~~~!!

 

「おらほの地名」は、福島県いわき市の「吹ケ」でした。

フケの地名は深田とか沼沢地を意味し、もともとは後背湿地だった地質を表しています。

衣類や布などが張りがなくなり、もろくなってしまった様子を「フケル」と言いますが、

田んぼとして開墾した、先人たちの苦労がうかがえる地名です。

  

【曲】

豊年節 with 民謡クルセイダーズ/元ちとせ

スカボロー・フェア/ソニド・デル・ビエント&名雪祥代

みちのく/ソニド・デル・ビエント

 

※明日のメッセージテーマは「西村先生に聞きたいこと」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:09 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月13日 (水)

だっちゃ通信<10月13日(水)>~山形県上山市から~

だっちゃ通信は、山形県上山市の山川喜市さんでした。

経営する山川牧場にはテーマ曲があります。「ベゴにげだ」「べごにげだ音頭」です。

1995年に上山市出身のシンガーソングライター・ゆき彦さんの

オリジナル曲「ベコにげた」に出会い、牧場のテーマ曲にしたいと申し出だそうです。

その後、97年に歌詞の一部を修正して「ベゴにげだ」が完成。

CD化し、地元の幼稚園・小中学校にも配布しました。

2005年には「べごにげだ音頭」も完成。

酪農体験などを通して、命の大切さを子どもたちに伝えている山川さん。

コロナ禍で減っていた体験学習や修学旅行で訪れる学校も増えてきているそうです。

楽しい音楽で賑わいや活気が戻るのを期待したいですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月12日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月12日(火)

火曜日担当の星川幸です。

冷たい雨の降る日でしたね。

仙台ではきのうとの気温差が10度以上もありました。

風邪ひかないようにしましょうね。

 

だっちゃ通信では、秋田県にかほ市の永田さんに、

旬のいちじくの話題をうかがいました。

新たに販売される「いちじくのバームクーヘン」もおいしそうでしたが、

去年つくられた「いちじくのビール」も気になりますね。

良い香りがしそうです!

 

と、いうことできょうのメッセージテーマは「いちじく」でした。

こちらは、にざえもんさんからいただいたお庭のいちじくの写真です。

 1012ichijiku.jpg

お母さまとの思い出のいちじくだそう。

庭に果物の木があるって羨ましいですね。

季節の変化も感じられるし、何よりおいしい実がとれるなんて!

いちじくなら、きょうのメッセージにもあったように

甘露煮やコンポート、ワイン煮など色々と楽しめそうです。

私は、以前お昼前のテレビ番組を担当していた時に、

仙台市中央卸売市場の方に作っていただいた「とろとろ焼き」が好きです。

いちじくを半分に切ってバターで焼き、甘いみそだれをかけたメニュー。

本当に、実がとろっとろで、最高でした!また食べたいなぁ。

きょうもたくさんのメッセージありがとうございました。

 

さて「防災クイズ“備えっぺ”」

東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔さんに毎週出題していただいています。

 

【問】台風が近づいています。大雨特別警報が出るかもしれないという記者会見が

   ありました。そこで、早めに避難しようと思います。

   次の行動のうち、適切なものはどれでしょうか。

   A.市町村で指定されている避難場所に行く

   B.遠くにいる親戚・友人の家に行く

   C.ホテル・旅館に行く

 

佐藤さんの解説によると・・

適切かどうかは、人によって異なります。

まず、住まいや職場など、自分のいる場所は浸水しやすい場所か、土砂災害で危険な場所かを

ハザードマップで知っておく必要があります。

もし危険な場所であれば、そうでない場所にある避難場所、親戚・友人の家、ホテル・旅館に行って、

事態が落ち着くまで過ごすことが大切です。

避難場所だからいい、親戚・知人の家だからいい、ということではなく、

そこが浸水や土砂災害が起こりそうな場所かそうでないかを判断することが最も大切です。

 

その時々の状況によって、避難するのに適した場所も変わってきます。

「ここなら絶対安全!」などと思い込むことなく、状況に応じた判断が大切ですね。

 

【曲】

雨/V6

真っ白/yama

 

※明日のメッセージテーマは「民族音楽」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月12日 (火)

10月12日(火)放送「短歌の時間」

入選歌

赤い実を眺めて楽し花水木ヒヨドリもまた笑みて啄む(宮城県名取市 川村昌子さん)

とどめおく秋の一瞬一瞬を今は秋から目が離せない(佐賀県唐津市 十音さん)

沈黙がずっと続いた食卓に笑顔を戻すむきたての梨(東京都板橋区 汐海岬さん)

土曜日の来ない郵便寂しいな送った便りも眠って待つ日(仙台市 横溝麻志穂さん)

循環の四季は巡りて秋が来た巡り来ぬのは共に見た秋(仙台市 畠山正博さん)

 

添削歌

【原作】はやぶさで仙台までは一時間帰りたいけど逢いたいけれど

【添削】仙台ははやぶさならば一時間帰りたいけど逢いたいけれど

~添削のポイント~

助詞の「で」を使うと説明的になってしまいます。

歌意を変えずに他の語彙の選択を考えてみましょう。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:短歌の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年10月12日 (火)

だっちゃ通信<10月12日(火)>~秋田県にかほ市から~

だっちゃ通信は、秋田県にかほ市の永田佳乃子さんでした。

にかほ市では今、特産のいちじくの収穫が最盛期を迎えています。

栽培が盛んなのは大竹地区で、「北限のいちじく」として知られています。

品種は「ホワイトゼノア」。旬は9月〜11月の1か月ちょっとなんだとか。

天気の影響が心配された今年の出来ですが、キズも少なく豊作とのこと。

「サクサクしていてジューシーで甘みがのってておいしかった」と永田さんも話します。

10月20日からは、にかほ市産のいちじくを使ったバウムクーヘンが、

道の駅や秋田駅ビルなどで発売される予定だそうです。

食べてみたいですね!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:13 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月11日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月11日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

最近、気温差が激しいですね…皆さん体調を崩されていませんか?

もう10月なのに、宮城で半袖が手放せないのは、ちょっと不思議な感覚。

出番の少ない秋服たちを、フル稼働させてあげたい、今日この頃です。

 

今日は、NHK仙台が取り組む「東日本大震災『未来への証言』プロジェクト」について

打越裕樹アナウンサーとゲストとして

宮城県復興支援・伝承課の池田純さんをお迎えし、話を伺いました。

1011ikeda.JPG

池田さんは、石巻市南浜区に今年開館した「みやぎ東日本大震災津波伝承館」の担当でもあります。

石巻で多くの方が避難した日和山から、見下ろすことができる

「石巻南浜津波復興祈念公園」内にある近代的な建物の伝承館。

宮城県内の伝承施設の中枢として、県内全体の被災状況や復興の取り組みを展示しています。

正円形で全方位を見渡せるガラス張りで、周囲には松が植えられています。

 

かつては、街があり、家があり、生活があった場所。

50年後、100年後、松林になり、森になって景色が変わっても、

震災の経験は忘れられず伝え継がれてほしいです。

 

実はNHK仙台放送局も、震災伝承施設の一つなのです。

伝承館とNHKがタッグを組んで、証言を伝えるプロジェクトが動き出そうとしています。

仙台局アナウンサーの皆さんが全員で取り組んでいる、被災証言を集めて発信するプロジェクトでは、

“声”で伝え聞くことの大切さを強く感じます。

放送の中で聞いた気仙沼市の加藤英一さんのお話でも、

ホテルに集まった人たちのその瞬間の様子をまざまざと想像させられました。

伝承館 ✖ NHKが連携することで、証言を残し、語り継ぐためにどんなことが出来るか、

ここから可能性が広がっていくのを感じました。

 

『佳南の夕暮れ劇場』でも、語り継ぐ、というキーワードに関連する話題でした。

宮城県の「名取市文化会館で語る、ふるさとの昔ばなし」というイベントのご紹介でした♪

昔ばなしは、楽しみながら、先祖の思いからいろんなことを教わることができます。

地元の物語として、大切に語り継いでいってほしい。そんな思いが込められたイベントです。

この週末は、名取の方言で語られる昔ばなしに耳を傾け、

懐かしくてあたたかい、秋の時間を味わってみてはいかがでしょうか♪

 

【曲】

次のせーの!で-ON THE GREEN HILL-/DREAMS COME TRUE

 

※明日のメッセージテーマは「いちじく」です。 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:10 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月11日 (月)

だっちゃ通信<10月11日(月)>~宮城県色麻町から~

だっちゃ通信は、宮城県色麻町の菅原一杉さんでした。

10月23日(土)と11月6日(土)、色麻町役場敷地内で「かっぱ市」が開催されます。

特産品や新鮮な野菜や果物、出来たて熱々のテイクアウト商品が並ぶイベントです。

時間は 午後2時から4時です。

 

そしてもう一つ、東京で開催される「加美農食堂」を紹介しました。 

10月26日(火)に、東京にあるゲストハウスのカフェで

加美農業高校の生徒が生産した野菜や果物を使った料理が提供されるそうです。

当日は加美農の生徒と、東京がオンラインでつながり、

生産者と消費者が顔を見ながら交流するとか。

この取り組みはおととし初めて企画し実施しましたが、去年はコロナの影響で中止に。

今年はどんな交流になるのか、生徒も楽しみでしょうね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:23 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月08日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月8日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

昨日ラジオを聞いていて「明日は暑くなりそうだから半袖のボーダーで行こう」

と思っていましたが、長袖のボーダーで薄手のコートでNHKに参りました。

冬将軍の足音をかすかに感じます。寒がりなもので。

 

<だっちゃ通信>はfmいずみから。

パンフレット「泉中央エリアガイド」を実際に見ながらお送りしました。

番組で紹介した以外にも、すいせん通りや80日間砂時計など気になるものが。

パンフレットを握りしめて、泉中央界隈を探検しようと思います。

 

<音の日記帳>は岩手県一関市の幽玄洞の音。

流れ落ちる水滴の音が重なり合って、現代音楽のようでした。

大雨や台風の音は本当に怖くて聞き続けるとしんどくなってしまいますが

やさしい水音は、視神経を気持ちよく撫でるよう。

 

後半は今月4日に収録した、仙台市青葉区の喫茶frameを営むお二人

イラストレーターのほんだあいさんと写真家の伊藤卓さんへのインタビューを

お送りしました。

1008frame.JPG

1975年から続いた画廊の場所と作品とを受け継ぎ、お店を始めた経緯や

展示のこと、お二人の思い、額装について、そしてこれからの計画など

たくさんお話していただきました。

 

お二人ともとてもやさしいやわらかいおだやかな雰囲気と語り口ではありますが

版画作品や写真の話になると、気持ちの大きさや深さ、温度が言葉ににじんで

目がきらきら輝いていました。

喫茶frameという新しい場所が、昔から続いて守られてきた場所に生まれて

これから続いていくということが、仙台の灯りのようだなぁ。

なんて、昨日お店から帰るときに、お店の灯りを振り返って思いました。

 frame.jpg

喫茶frameで開催中の写真展も、SARPで開催中のアンデパンダン展も

機会がありましたら、ぜひぜひご覧ください。

 

よい週末を~!

 

【曲】

What is Art?/Reborn-Art session

 

※11日(月)のメッセージテーマは「証言」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:52 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月08日 (金)

だっちゃ通信<10月8日(金)>~fmいずみから~

だっちゃ通信は、仙台市泉区にあるfmいずみ 伊藤智瑛子さんでした。

仙台市地下鉄南北線泉中央駅の周辺情報をまとめたパンフレット

泉中央エリアガイド」が新しく制作されました。

B4版カラー3つ折りで、まちの歴史や施設のトリビア、

さとう宗幸さんやサンドウィッチマンさんなど、ゆかりの方からメッセージなど

情報と楽しさが満載ですよ!

fmいずみや駅周辺の商業施設などで配布していますので、手に取ってみてくださいね。

詳しくは、みやぎ仙台商工会(TEL022-372-3545)へ。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月07日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月7日(木)

木曜日担当の星川幸です。

きょうは安藤さんがお休みのため、

杉尾さんと2人でお伝えしました。

今朝は冷えこみましたが、あすの仙台市の予想気温は27℃!

いつまで夏服を片付けられないやら・・・油断できない天気です。

 

きょうのメッセージテーマは「ノーベル賞」。

愛媛県出身の真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞され、

日本中お祝いムードに沸いていますね!

ノーベル音楽賞や芸術賞が欲しい、というメッセージをいただき、

もし、新たなノーベル賞が設立されたら?と考えてみましたが、

なかなか良いアイデアが出ず‥

番組終了後に、ゴジだっちゃ!スタッフで考えてみましたよ。

1007hoshikawa.JPG

どうでしょう?採用はされそうにありませんが‥(笑)

皆さんも考えてみてください!楽しいですよ~!

 

ジャーナリスト高成田享さんの「月刊 井戸端ジャーナル」では、

新政権とアフガニスタン情勢について聞きました。

同時多発テロが発生した2001年、高成田さんは新聞記者として

ワシントンに駐在されていました。

20年後の現在、再び混乱に陥ってしまったアフガニスタンを見て、

「アフガン戦争とは一体何だったのか」と高成田さんは話していました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の倉内友也さんでした。

日本では10月にかけて発生しやすい「竜巻」について伝えてくださいました。

竜巻から身を守るためには、

雷がなる、冷たい風が吹くなどの前兆現象を知ることが大切です。

気象庁から発表される「竜巻注意情報」に注意するとともに、

ホームページで見られる「竜巻発生確度ナウキャスト」も利用して

避難行動につなげましょう。

 

【曲】

TURN TURN/SKETCH SHOW

うみやまそらひと-大漁旗/「おかえりモネ」オリジナルサウンドトラックから

 

※明日のメッセージテーマは「現代美術」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:29 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月07日 (木)

だっちゃ通信<10月7日(木)>~宮城県大崎市から~

だっちゃ通信は、宮城県大崎市の山田好恵さんでした。

山田さんが勤める酒造会社で、約2か月ぶりに蔵見学が再開したそうです。

コロナ禍で蔵見学ができない間も訪れる人がいたということで、

ドライブスルーの売店をスタート。現在も継続して行っているとか。

再会した蔵見学では、1組最大20名に限定。午前1組、午後2組と時間が重ならないよう調整します。

「きき酒」は4セットをトレイで提供し、黙ってきき酒して頂くスタイルになりました。

これまではおしゃべりしながら楽しんでもらっていたということですが、山田さんによると、

「そもそもきき酒の時は話をしないのが前提」とのことで、

本格的なきき酒スタイルと言えそうですね。

 詳しくは、 一ノ蔵(TEL0229ー55ー4533)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:29 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月06日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月6日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日は一緒にCD録音したトランぺッターの菊田邦裕さんがゲスト。

 1006kikuta.JPG

9月の「ミューズたちの響演」で、名雪祥代Groupとして演奏していただきました。

ジャズプレイヤーでありながら、クラシックのベースがあり、

ヒップホップなども得意とする、今時の若者!かと思いきや

結構考えはしっかりしていて・・・

そんな様子が垣間見えた今日のゴジだっちゃ!でしたね~~。

 

彼は、一緒に演奏していて本当に心地よいサウンドだし

性格もよくて、周りへの配慮なども欠かさずとても優しい方なので

さまざまな所で、菊ちゃんと一緒に演奏したい!という方々が後をたちません。

ますます活躍が楽しみなミュージシャンの1人です。

 

応援していきたいと思います~~!

今週末は共演が目白押しなのでとっても楽しみです。

 

「おらほの地名」は、宮城県大崎市の「宅地一(たくちいち)」でした。

開発以前は低湿地や沼の多い地だったと思われ、最初に条件の良い所に屋敷を求め、

宅地とし、それが地名になったようです。

ここから少し東に行ったところには「宅地二」もあります。

 

なお地震情報をお伝えしたため、今日途中で切れてしまった秋田県にかほ市からのだっちゃ通信は、

後日あらためてお伝えします。ご了承ください。

 

 【曲】

 愛がすべて/スタイリスティックス

 

※明日のメッセージテーマは「ノーベル賞」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:32 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月05日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月5日(火)

火曜日担当の星川幸です。

10月に入りました!

気温は上がったり下がったりと落ち着きませんが、

街路樹の葉の色が変わっていたり、少しずつ秋の深まりを感じます。

 

こちらは杉尾さんがランニングしていた時に撮影した1枚。

1005kannon.jpg

青葉城跡から仙台市内を展望。秋ですねぇ。夕日がきれいです。

 

きょうの「川柳の時間」では、

サンマや新米など秋の味覚が登場する句があり、

読むだけでもお腹がすいてきました。

食欲の秋も楽しみたいですね。

 

さて、きょうの「防災クイズ 備えっぺ」

【問】避難指示、高齢者等避難といった避難に関する情報は、どこが発令するものでしょうか?

        A. 都道府県

        B. 気象庁

        C.市町村

 

正解は Cの市町村です。

市役所、町・村役場は、川の水位、雨の量、土砂災害警戒情報など国や県から出ている情報を監視して、

あらかじめ決められた基準にもとづいて、高齢者等避難や避難指示を発令します。

大事なことは、自分の住んでいる市町村であらかじめ決められている避難情報の発令基準を

知っておくとともに、その基準になる情報をインターネットやテレビのリモコンのdボタンで

見られるようにすることです。

そうすれば、より早く避難行動開始の判断ができるようになります。

 

【曲】

100万回の「I love you」/Rake

アイオクリ(movie ver.)/The STROBOSCORP

 

※明日のメッセージテーマは「トランペット」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:55 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月05日 (火)

10月5日(火)放送「川柳の時間」

課題「ぴったり」

特選句

 東北の時計を止めた大津波(東京都府中市 ようこさん)

 

入選句

新米に大根おろしと焼きサンマ(仙台市 斉藤栄子さん)

寄り添って眠る双子のパンダの子(大阪府高槻市 ちゃちゃにしきさん)

伴走者走者ピッタリ金メダル(宮城県石巻市 新沼勝夫さん)

ブランコでピタリこの身は安上がり(仙台市 ゲイリーさん)

破れ鍋にとじ蓋二人息が合う(福島県郡山市 竹田侃さん)

涼風にお米一合多く炊く(自由吟)(山形市 キョーシローさん)

寄り添うは昔デートで今介助(宮城県石巻市 菅野勇さん)

ぐずる子がママの抱っこで寝る不思議(仙台市 佐藤恵子さん)

くっついた疫病神が離れない(福島県郡山市 としひこさん)

試着室真っ赤なドレスよく似合う(仙台市 真田義子さん)

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:40 | カテゴリ:川柳の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年10月05日 (火)

だっちゃ通信<10月5日(火)>~仙台市宮城野区から~

だっちゃ通信は、仙台市宮城野区の菅原康雄さんでした。

新型コロナの患者が少なくなってきていますが、今回は宮城野区鶴ケ谷にある

仙台オープン病院の現状をリポートしてくださいました。

昨年から従来の救急受け入れとは別に、新型コロナ対応の臨時の救急外来を設置しています。

現在は、土日祝の日中から夜にかけて受け入れているほか、自宅療養者のホテル入所前検査も実施。

病院では入院患者との面会は控えてもらったり、患者本人のPCR検査、

来院者の手指消毒や検温、ワクチン接種などを行っていて、

菅原さんは「職員は収束に向け、がんばっているとのことでした」と話していました。

医療関係者への過度な負担にならないよう、引き続き、感染予防をしっかりしましょうね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月04日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月4日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

宮城県のまん延防止等重点措置が解除されて初めての週末は、

心なしか、街ですれ違う人たちの表情も、明るい気がしました。

少しずつ、落ち着いていってほしいなあと願うばかりですが、

そのためには、リバウンドしないよう、油断はせず過ごしたいですね。

今日のメッセージテーマは「箱」でした。

かわいいお菓子の箱とか缶とか…ついつい捨てられないんですよね~。

思い出のものを入れてみたり、飾ってみたり。

そしていつの間にか、何を入れたか忘れて、謎の箱になってしまうという。笑

 

ゴジだっちゃ!で謎といえば、作家で謎杜プロジェクトの根本聡一郎さん。

今日は電話ゲストとして、根本さんが原作・脚本を手掛けた

連続配信ドラマ「GOSSIP BOX」についてたっぷり話を伺いました!

1004gossipbox.jpg

 

無料配信中のこのドラマ、プロデューサーは女優のMEGUMIさん、

主演が井口理さん(King Gnu)です。

現在、6話まで公開されており、一本が5分程度。

軽快なテンポの映像と、俳優陣の謎を秘めた軽やかな演技で、ぐいぐい見入ってしまいます。

 

密室に閉じ込められた見知らぬ男女4人。脱出の鍵は、4人の『共通項』。

秘密を暴露していく緊迫感と、じわじわとおかしみが共存して、どうにもクセになります。

あ~続きが気になりますっ!全10話、7~9話から物語の核心に迫るのだとか。

 

根本さんは初めての脚本執筆で、普段の小説を書く参考にもなったんだそう。

根本さん作品が、これからどんどん映像化されていくのでしょうか!?

ラジオドラマ、テレビドラマ、映画化、舞台化!?

もう、勝手にどんどん夢が広がっちゃいます。根本先生の今後の展開、期待しています~。

そして、ゴジだっちゃ!みんなで、いつか出演させてくださいね…!!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、仙台銀行ホール イズミティ21で行われる

『避難訓練コンサート』のご紹介でした♪

演奏中にもし、地震が発生したら…という想定で、避難訓練を組み込んだコンサートです。

ご来場くださったお客様にも、実際に避難訓練に参加してもらいます。

最後は、演奏もちゃんと楽しんでいただけます。出演者も豪華です!

いつ起こるかわからない災害。ホールで音楽を楽しんでいる最中も、例外ではありません。

音楽を楽しみながら、災害にどう対応するか、考えるきっかけになりそうです。

こういった心の準備も、大切な備えですね。

お申し込み方法は、イズミティ21のホームページをチェックしてください♪

 

【曲】

どろん/King Gnu

白日/King Gnu

 

※明日のメッセージテーマは「100」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月04日 (月)

だっちゃ通信<10月4日(月)>~宮城県多賀城市から~

だっちゃ通信は、宮城県多賀城市の柴田十一夫さんでした。

11月1日、多賀城市が市制施行50周年を迎えるということで記念式典を紹介しました。

「50年の歩みパネル展・動画公開」は、11月12日(金)まで市内各所を巡回。

また、記念企画展「多賀城への道―地域を繋ぐ人と交通の古代史」が12月19日(日)まで、

写真展「古写真でみる多賀城の移り変わり」が12月12日(日)まで、

多賀城文化センターで行われています。

そしてコンサート「時を彩るみんなの音楽祭~昭和・平成・令和を振り返る多賀城の50年~」が

10月31日(日) 午後1時30分から、多賀城文化センター 大ホールで開催されます。

そのほか、記念オリジナルフレーム切手も販売されています。

50年の歩みを知る、いい機会にもなりそうですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:24 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月01日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月1日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

雨ざあざあ、心配です。

どこにも誰にも大変なことがありませんように。

 

<だっちゃ通信>はエフエムいわぬまから

「たからいち~地域の魅力フェスティバル」について。

ドライブスルー形式の催しがこれから増えるのでしょうか。

車の中から見て、ラジオで聞くマジックショーが気になります。

 

<音の日記帳>は、岩手県一関市の厳美渓の「空飛ぶ団子」。

谷の上に張られたロープを使って、お団子とお茶が運ばれてくる仕組み。

頼んでみたい!私も木槌でコンコンといい音を響かせたい!

水の音や鳥の声、お客さんたちの明るい声もとてもいい。

 

<防災研究最前線>は、東北大学災害科学国際研究所准教授の佐藤翔輔さんに

今年3月の宮城県沖地震での避難行動について調査した結果について

詳しく解説していただきました。

1001sato.JPG

宮城県亘理町ならではの車を使った避難ルートを複数想定していること

避難指示から短時間で避難を完了していること

コロナ禍ならではの分散避難など、仙台市に暮らしている私でも

考えさせられること、役に立つことがたくさんありました。

台風シーズンでもありますし、避難と備えについて見直さなくては。

 

明日からまた残暑の週末になりそうです。

もう10月、すっかり秋なのですけれどね。

半袖を出したり、毛布を足したり、落ち着かない今日この頃です。

コロナにも台風にも気温にも気をつけて、よい週末をお過ごしください。

 

 ※4日(月)のメッセージテーマは「箱」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:35 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月01日 (金)

だっちゃ通信<10月1日(金)>~エフエムいわぬまから~

だっちゃ通信は、宮城県岩沼市のエフエムいわぬ 育村由岳さんでした。

10月17日(日)、金蛇水神社臨時駐車場を会場にドライブスルー方式で楽しむイベント

「たからいち~地域の魅力フェスティバル~」が開催されます。

名取市、岩沼市、亘理町、山元町の地域の魅力を「たから」としてステージ発表や出店を用意。

コロナ禍ということを考慮し、会場には車で訪れるドライブスルーとします。

出店からの飲食物も車で受け取り、ステージはFMラジオで聞くことができます。

のど自慢は誰でも参加OKで、10月9日まで受け付けているそうです。

詳しくは、一般社団法人あぶくま青年会議所(TEL0223-22-6640)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:27 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top