2021年6月28日

2021年06月28日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年6月28日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

今日のメッセージテーマは「パーフェクト」でした。

皆さんのパーフェクトなメッセージ、ありがとうございました!

完璧に “決まった!”という瞬間って、本当に気持ちがいいですよね~。

モヤモヤしたお天気が続いていましたが、読んでいてなんだかスカッとしました。

 

ムーディーな音楽と共に…今月も仙台の出版社、荒蝦夷代表 土方正志さんがご登場♪

「みちのく本のほそ道」今月ご紹介いただいた本はこちら。

 0628books.JPG

1) 星影さやかに/古内一絵/文藝春秋/1700円+税

2) 蝶のゆくへ/葉室麟/集英社文庫/760円+税

3) はくさいぼうやとねずみくん/堀米薫/新日本出版社/1500円+税

4) 青空モーオー!/堀米薫/Gakken/1300円+税

 

「星影さやかに」は、宮城県古川を舞台に描く戦中戦後の家族の物語。

土方さんも杉尾さんも戦後十数年後の生まれ、いわば戦中派の息子の世代。

ということを考えると、戦争って、決して遠い過去ではないのですね。

現在の古川の景色と比較しながら読むのも、感慨深いかもしれません。

 

「蝶のゆくへ」は、直木賞作家、葉室麟さん書かれた最後の小説。

明治女学校の学び舎の一員となった星りょう(後の相馬黒光)が、

名だたる作家、文化人と出会い、葛藤する新時代の女性たちと心を通わせていく物語。

相馬黒光は、仙台出身で新宿中村屋の創業者です。

新宿中村屋といえば、杉尾さんの人生をも変えた(?!)あの有名なカレー。

ああ、カレーが食べたくなりました…

「はくさいぼうやとねずみくん」と「青空モーオー!」は、

自身が農業を営む宮城在住の作家、堀米薫さんの著作。

ねずみくんとはくさいぼうやは、友達同士。おなかはすいたけど、友達はかじれない。

大きくなったはくさいぼうやはやがて、収穫され出荷されることに…

 一方、東京から夏休みのあいだ、岩手県の牧場で過ごすことになった小学四年生の男の子。

 どちらの作品も、農業や生き物を通して、“食べること”や“いのち”について考えさせられます。

夏休みにぴったりの本ですね。

 

ああ、おなかすいた…笑

食べることは、生きること。今夜は、なにを食べようかな~。

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、福島駅前に完成した新しい創作拠点

「ATELIERブリコラージュ」のご紹介でした。

“文化と生活が交錯する空間”を目指して作られた小さなアートスペース。

小規模な演劇のほかに、音楽やお笑いのライブ、展覧会、発表会、セミナー、会議…

さまざまな活用ができる、すべて手作りのアトリエです。

7月3~4日は、劇団シア・トリエ&捨組による、プレオープン企画公演もあります。

小さいからこそ、可能性がいっぱい広がる駅近くのアート空間。

文化と人が、新しく出会う拠点になるといいですね♪

 

【曲】

 パーフェクト/フェアーグラウンド・アトラクション

 

※明日はTANKA NEOです。「放送中にお題を出します!短歌に挑戦しよう!」

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:01 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年06月28日 (月)

だっちゃ通信<6月28日(月)>~宮城県白石市から~

だっちゃ通信は、宮城県白石市の麻生菜穂美さんでした。

7月11日(日)、古典芸能伝承の館「碧水園」能楽堂で

伝統芸能フェスティバル」が開催されます。

能、日本舞踊、神楽、尺八など6団体が参加。

日本舞踊家である麻生さんの教え子の皆さんも参加するため、稽古に励んでいるそうです。

入場は無料で、人数を減らして100席程度用意するとのことでした。

詳しくは、碧水園(TEL0224-25-7949)へ。

白石では今後、白石夏祭り(8月)、鬼小十郎まつり(10月)も開催予定で、

実行委員会が動き出しているとも話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:13 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top