2021年4月21日

2021年04月21日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月21日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日は私が愛してやまないお菓子作家、高木雅美さんをスタジオにお招きする

ということでついつい、気合が入ってしまいました(笑)

 0421takagi.JPG

このコロナ禍で、リモート仕事が増えたことで、

今でこそ都市部ではない場所を選んで自分らしく暮らす、

ということをする方も増えているかと思いますが、

もう5年も前に、仙台に工房をもちつつ、川崎町の青根に移住、

小さな焼き菓子屋さんを構えて活動されています。

 

青根温泉の別荘地サバトの森

入口に赤い看板があり

あれ?これはなんの看板だろう・・・

そこからどんどん入っていくと

とても素敵なお店があります。まさに「お菓子の家」

 0421cooki.JPG

そのお菓子の味に、私は衝撃を受けました。

お菓子に対しての情熱が、焼き菓子にほとばしるクッキーに

毎度感動してしまうのでした。

 

5年前、体調を崩してしまった旦那さまを引っ張って

青根に移り住んだこと(その後V字回復!!)

人生うまくいくことばかりじゃないけれど

そこに立ち向かって前向いていく高木さんの様子。

それを知って、ますます勇気をもらいます。

 

そしてこのたび、仙台の工房をたたみ、青根に完全移転。

高木さんのお店は5月下旬か6月初旬にオープン予定です。

高木さんに会いに、本気のクッキーを買いに、その形、味にに感動を求めて

青根に足を運びたいと思っています。コロナよ鎮まれ!

 

「おらほの地名」は、宮城県涌谷町の「一簣(いちあじ)」でした。

現地は江合川、田尻川、美女川などが流れていて、地名がつけられた頃には

洪水のたびに氾濫しながら、いくつもの川道ができたような所と推測できます。

地名は古語の「アズ」という「崩れやすい」の意味からきたようです。

  

【曲】

恋するフォーチュンクッキー/AKB48

 

※明日のメッセージテーマは「地域からの声」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:25 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月21日 (水)

だっちゃ通信<4月21日(水)>~山形県山形市から~

だっちゃ通信は、山形県山形市の新関さとみさんでした。

漬物研究家で、昔ながらの食、手作りの良さを伝えたい!と

料理教室などを開いている新関さんに、昔ながらの赤飯の作り方を教えていただきました。

何といっても「炊飯器より蒸し器がついた鍋で作るとおいしいですよ!」という新関さん。

1)もち米は洗って、水につけておく。

2)小豆は水からゆでる。沸騰して2~3分ゆでたら一旦水を捨て、

  また水を入れて中火で10分ほどゆでたら、そのまま置いておく。

3)小豆が冷めたら、そのゆで汁だけもち米の水に足し、一晩おく(もち米に色がつく)。

4)翌日、もち米と小豆を混ぜ合わせて、水を切る。

5)蒸し器に水で絞った敷き布を敷き、もち米と小豆を乗せたら布をたたんでかぶせる。

6)沸騰して湯気が出てから15分蒸す。

7)一度もち米と小豆を器にあけて振り水をし、さっと混ぜる。この時、敷き布を一度水で洗って絞り、

  蒸し器に布ともち米・小豆を戻して、また沸騰してから15分。できあがり。

 

「面倒に見えますが、やってみるとそんなに難しいことはありません。

この方が米が立って、おいしくできますよ。一度挑戦してみてください」と話しています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:23 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top