2021年4月

2021年04月30日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月30日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

今日はからりと気持ちのよいお天気でしたね。

 

ずっと今日みたいな日が続いたらいいのになぁ、と浮かれてたくさん洗濯して

中に入れないままNHKに来てしまいました…。

吉田晴香さんの「晴香の方言天気」で言っていた通り

黒雲がもくもくと錦町公園上空に広がってきました。

吉田さんのいる長野からはるばるやってきたと思うと

ねぎらってもてなしたい気もしますが、洗濯物と連休のことを思うと複雑です。

天気予報を「までぇにかぐにん(確認)」しないといけませんね。

 

「だっちゃ通信」は、エフエムいわぬまの佐藤清和さんに伝えていただきました。

ちょうど今日は開局23年の記念日だったそうです。おめでとうございます!

金蛇水神社の土産処と食事処がすばらしくおしゃれに生まれ変わっていたこと

みなさんご存知でしたか?

白蛇を模したカレーにサンドにパンにソフトクリーム

神聖さもありながら、とってもかわいらしい!食べるのがもったいない系!

ぼたんと藤もいまが見頃だそうです。お近くの方はぜひぜひ。

 

スタジオゲストは、せんだいメディアテーク企画・活動支援室の飯川晃さん。

0430iikawa.JPG

3月まで勤務されていた、せんだい3.11メモリアル交流館の企画展

「わたしは思い出す~10年間の子育てからさぐる震災のかたち」について

うかがいました。2月5日(金)の放送の続編です。

今回も、展示されている文章を杉尾さんが朗読し、飯川さんに解説していただき

さらに来館者の方から寄せられたエピソードも紹介しました。

 

誰かの「わたしは思い出す、〇〇を。」という文章に

私の10年の中のいろんな日の記憶を、よいこともそうじゃないことも

特別な日もそうじゃない日も、いろんな気持ちを重ねて思い返しました。

聞いてくださったみなさんも、一緒に思ってくれていたらうれしいです。

 

せんだい3.11メモリアル交流館は、コロナの影響で現在休館中です。

再開日は5月12日の予定ですが、変更となる場合もありますので

念のためHPを確認して、どうぞ気をつけてお出かけくださいね。

 

明日からの連休も、どうぞみなさん気をつけて、よい日になりますように。

雨の降る日は自宅でのんびり日和と思って、私もしっかり休みます。

また来週~!

 

 【曲】

裸の旅人/マカロニえんぴつ

 

※番組は連休のため、しばらくお休みです。

次の放送は5月6日(木)。メッセージテーマは「東京オリンピック・パラリンピック」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:49 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月30日 (金)

だっちゃ通信<4月30日(金)>~エフエムいわぬまから~

だっちゃ通信は、エフエムいわぬまの佐藤清和さんです。

岩沼市は市制施行日の11月1日がキティちゃんの誕生日と同じことから

50周年の応援大使に任命して、今後、PR活動でコラボするそうです。

どんなコラボがあるか、楽しみですね。

さて、金蛇水神社の参道や休憩所がきれいに整備されました。

とくに食事処では白蛇を模したメニューが食べられますよ。

藤とぼたんの花が早くも開花しているということですので、

花を見ながら食事も・・・と出かけてみたいですね。

コロナ対策もお忘れなく。

詳しくは、金蛇水神社(TEL0223-22-2672)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:19 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月28日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月28日(水)

水曜日担当の名雪祥代です

いよいよ大型連休ですね~~。

どんなご予定でしょうか?正直あまり出歩くこともできないこの世の中ですから

こんな時は、気持ちが穏やかに過ごせるようにしていきたいですね。

さて

先週ジングル(コーナーの転換でかける音)お披露目だったのですが

(ゴジだっちゃ!の新テーマソングを作曲した)秩父英里さんの楽曲の上に

息子と息子の友人たちの声を乗せた「Oh,My,ごっつぉ」。

 

それはそれは

いろんなところから反響があり

うれしかったです!!

子どもたちの声って、それだけで元気になりますよね。

 

今日は

「洋楽喫茶店」のコーナーがあり

ジェイムス・テイラー特集でした。

 

もう、何を歌っても染みる歌声、まるでオリジナルチューンのような

歌いこまれ方が、まあ、素晴らしい作品でした。

 

アレンジも1つ1つこだわって

聴きごたえもあり、これは連休を心豊かに過ごせそうな

そんなアルバムご紹介いただきました。・・・ありがとう・・・。

 0428jams.JPG

「洋楽喫茶店」で紹介した曲は次の5曲。

①Teach Me Tonight ②Almost Like Being In Love

③I’ve Grown Accustomed To Her Face ④Never Never Land ⑤Over The Rainbow

 

「おらほの地名」は、石巻市の「砂押(すなおし)」でした。

砂押は宮城県内だけでなく、あちこちで見られる地名ですね。

これは洪水氾濫によって大量の砂が運ばれてきたことを伝える地名で、

かつて川が流れていたところに多くあります。

 

【曲】

Take a picture/NiziU

 

※明日のメッセージテーマは「思い出すのも恥ずかしい」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月28日 (水)

だっちゃ通信<4月28日(水)>~福島県南相馬市から~

だっちゃ通信は、福島県南相馬市の星巖さんでした。

今日は馬にまつわるお話。

毎年7月24日~26日に開催される相馬野馬追、

去年はコロナで神事のみ行われましたが、今年は今のところ開催の予定だとか。

若い騎馬が出られなかったので、今年は出たい!と話しているそうです。

一方、「海岸を乗馬しながら散策」という観光サービスを企画している男性がいます。

元地域おこし協力隊で小学生の時には全日本ジュニア障害馬術大会で優勝、

大学卒業後はドイツで修業し、馬の調教に携わったという神瑛一郎さん(26歳)。

「小高うまさんぽ」「トレッキング」を企画しているそうで、

詳しくは、今後開設するホームページでお知らせするそうです。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:22 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月27日 (火)

だっちゃ通信<4月27日(火)>~若隆景関~

火曜日担当の星川幸です。

きょうの「だっちゃ通信」は、スペシャルバージョン!

福島市出身の大相撲力士、若隆景関のインタビューをお伝えしました。

ゴジだっちゃ!の相撲担当である、

金曜パーソナリティーの佐藤ジュンコさんと私がお話を聞きました(^^)

若隆景関は、祖父・父・兄2人も力士という相撲一家に生まれ、

お兄さん達とともに「大波三兄弟」として人気です。

関取と同じ福島県出身のジュンコさん、

実は「大波三兄弟福島後援会」の会員でもあるんです。

昼前のテレビ番組「もりすた」のリハーサルにお邪魔して、

あいさつもさせていただきました!

(生放送に乱入したわけではないですよ!)

0427onami.JPG

 

もう、収録が始まる前からワクワクが止まらなくて!

興奮気味の私たちの質問に、ひとつひとつ丁寧に答えていただき感激でした。

ジュンコさんとの福島トークでは、

関取の親しみやすい面も見られてうれしかったです。

三月場所では技能賞を獲得して大活躍だった若隆景関、

来月9日に初日を迎える五月場所では、

東前頭筆頭というご自身最も高い番付です。

祖父・若葉山関の最高位である小結まであと一歩!

テレビの前から声援を送りましょう!

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:06 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月27日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月27日(火)

杉尾です。

昨日は寒さすら感じる一日でしたが、

今日はいかにも連休前の青空の一日でした。

 

今日から始まった「TANKA NEO」。

石巻出身・在住の歌人 塔短歌会所属 近江瞬さん(写真右)とともに

コーナーの冒頭でお題を出して、15分くらいの間に短歌を投稿してもらうという

SNS時代の無茶ぶり短歌番組です。

0427ohmi.JPG

いやあ、びっくりしました。「食べる」というお題を出した途端に、

手元の端末に作品が! びっくりしました!

その後も続々と作品が増え続け、15分くらいの間にあれよあれよと約60首!!

本当にありがとうございました。

私も時間内に作ってという無茶振りに、応えるべく考えましたあ!

いやあ、全集中という言葉の意味が分かった気がします。

では、皆様に自信を持ってもらえるよう、杉尾の駄作を・・・

「ラクサそばシュクメルリって何なのよグルメの彼方のフードロス山脈」

いやあ、我ながら情緒というものが欠如しているという事実を突きつけられますわ(汗)。

「TANKA NEO」次回は6月29日(火)です。皆様、頭を柔らかくしてお待ちください。

 

あっそうそう、石巻で近江瞬さんの個展が開かれます。

5月9日(土)から6月27日(日)までの土日のみ。石巻アートドラッグセンターが会場です。

短歌と映像と音の個展だそうです。

 

【曲】

NEO UNIVERSE/L'Arc~en~Ciel

 

※明日のメッセージテーマは「コロナ禍の連休どうしますか」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月26日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月26日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

今日のメッセージテーマは、「あやつり人形」でした。

あやつり人形といえば、小さい頃、ひょっこりひょうたん島にあこがれて、

我が家のぬいぐるみを総動員して、総指揮・人形操縦・作・演出、私!の

人形劇を繰り広げたことを思い出しました。

おうちで、無観客上演でしたね。(笑)

 

今日のだっちゃ通信は…スペシャルバージョン!!

福島出身のクリエイティブディレクター、箭内道彦さんと電話をつなぎました!

東京2020イベント「しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ」に

登場する巨大人形「モッコ」、そしてイベントについていろいろ伺いました。

「モッコ」の身長は10mもあり、名前は宮藤官九郎さんが名付けました。

又吉直樹さんから「つながり人形」と呼んだらどう?と提案があったのだそう。

つながり、は、たしかにあたたかい響きの言葉ですね。

子どもたちとワークショップをして出来上がったデザイン。

子どもたちの感性の爆発力を感じます。

杉尾さんが「風の又三郎みたい」と。なるほど!

イベントでは岩手・宮城・福島を巡って、モッコが踊ったり、歩いたり、歌ったり。

とても迫力がありそうです。

事前予約が必要で、その際は是非「東北復興への思い」のメッセージもご記入を!

そのメッセージが歌詞に構成されてオリジナル楽曲が制作されます。

みんなで作っていきたい、という箭内さんの言葉が印象的でした。

“モッコ”が東北にやって来るのが、楽しみです!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、西会津国際芸術村で行われる

演劇公演『詩劇 響きと怒り』のご紹介でした。

西会津国際芸術村は、福島県耶麻郡にある旧新郷中学校の木造校舎を活用した

“ふるくてあたらしい”暮らしを創造するクリエイティブエンター。

素敵な活動と雰囲気が満載の場所で行われる公演です。

アメリカ南部の作家ウィリアム・フォークナーの小説「響きと怒り」を、

詩、音楽、映像などで再構成する演劇作品。

西会津の広大な自然と力強い言葉の響きを、楽しめそうです。

詳しくは、西会津国際芸術村のHPをご覧ください♪

 

新年度からリニューアル!ムーディーなジングルでお届けする「みちのく 本のほそ道」。

仙台の出版社、荒蝦夷代表の土方正志さんにご紹介いただいた今月の3冊は、こちら。

 0426books.JPG

1)無刑人 芦東山/熊谷達也/潮出版社

2)「たくさんのふしぎ 海と川が生んだたからもの北上川のヨシ原」/堀内孝(文・写真)・牧野伊三夫(絵)/福音館書店

3)百年の孤舟/志賀泉/荒蝦夷

 

岩手・宮城・福島三県それぞれにまつわる本たちです。

岩手は一関市の偉人、芦東山という儒学者の生涯を描いた歴史小説『無刑人』は、

熊谷達也さんの最新作。藤沢周平のような味わいの歴史小説…興味津々です。

『たくさんのふしぎ 海と川が生んだたからもの北上川のヨシ原』は、

宮城の北上川河口にあるヨシ原について、分かりやすく書かれた児童向け書籍。

美しい写真と絵で、力強いヨシ原が本の中に広がっています。

福島県南相馬市小高区出身の作家、志賀泉さんの渾身の短編小説集『百年の孤舟』は、

小説だからこそ、現地の空気感などがリアルに伝わってくる感じがします。

どの作品も、まっすぐに胸に響きます。

今年の大型連休は、本の世界の中で東北を歩くも、いいかもしれませんね。

 

【曲】

マリオネット・ダンス/ブレッド&バター

 

※明日のメッセージテーマは「ネオ○○(○○ネオ)」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:05 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月26日 (月)

だっちゃ通信SP<4月26日(月)>~箭内道彦さん~

今日のだっちゃ通信は、スペシャルバージョンでお届けしました。

福島出身のクリエイティブディレクター 箭内道彦さんと電話をつなぎ、

「TOKYO2020 NIPPON しあわせはこぶ旅 モッコが復興を歩む東北からTOKYOへ」の

東北キャラバンについて、話していただきました。

身長約10メートルの巨大人形「モッコ」が、

5月15日(土)岩手・陸前高田、5月22日(土)宮城・岩沼、

5月29日(土)福島・南相馬を旅します。

現在、各会場でのプログラム参加者を募集しています(締め切りは各開催日の2週間前)。

詳しくは、東京オリンピックパラリンピック組織委員会HP「イベント欄」をチェックしてね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月23日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月23日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

初夏みたいな陽気に浮かれてうっかりシャツ一枚で出かけると、帰り道で後悔します。

寒暖差の激しい日が続いていますね。

洗濯物はよく乾いて、3回戦まで進出した日もありました。

 

「だっちゃ通信」は、岩手県花巻市の味園史湖(みその・ふみこ)さんに

ぶどう農家の鈴木寛太(すずき・かんた)さんについてうかがいました。

味園さん曰く、鈴木さんは「寅さんのようなひと」。

みんなに好かれて、周りにひとが集まってきて、よい反応を起こしていくそう。

自分の名前がついたワインも出荷されているそうです。飲んでみたい!

そして鈴木さんご自身にもいつかゲストでお越しいただきたいです。

 

「音の日記帳」は、福島県耶麻郡北塩原村の獅子舞の稽古の様子。

本番の緊張感や神聖さもよいですが、練習中の会話なども聞こえてきて

なんだか人間味がある練習風景も、なんだかほっとしていいですね。

ぶどう農家のお話と同じで、高齢化と後継者不足が悩みのよう。

花巻のように、頼もしい若者が現れますように。

 

スタジオゲストは森田茉里恵(もりた・まりえ)アナウンサー。

外国人の方を「災害弱者」にしないための2つの取り組みについて伝えてもらいました。

0423morita.JPG 

一つ目は石巻市在住のフィリピン人の方とそのご家族のコミュニティー

「ハワックカマイ」(タガログ語で「手をつなぐ会」)。

設立者の高橋リャネットさんにも電話でお話を聞きました。

一番大変だったのは、避難やライフラインに関する情報が耳慣れない言葉ばかりで

必要な情報を得て、理解することが難しかったこと。

もしものときには、わかりやすい簡単な単語を選んで、簡潔に伝えること。

私ももっと意識しなければと思いました。

 

二つ目は、多賀城市に暮らすミャンマー人の技能実習生の方と地域住民との交流。

防災研修会を通してお互いの距離が近くなったと感じた方が多かったそう。

災害時だけでなく普段から交流があるって、もともと住んでいる方にとっても

あとからやってきた方にとっても、誰にとっても心強いことですよね。

 

リスナーのみなさんからのメッセージも、ふむふむ、うんうん、そうだなぁ

と、うなずくことばかり。

自分にできることを、それぞれの場所で考え直したいですね。

いざというときのわかりやすい伝え方、私も身に着けたいなぁ。

 

明日も洗濯日和になるでしょうか。

乾燥対策と火の取り扱いに注意して、よい週末を~!

 

【曲】

僕らが強く。/DISH//

 

※26日(月)のメッセージテーマは「あやつり人形」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:44 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月23日 (金)

だっちゃ通信<4月23日(金)>~岩手県花巻市から~

だっちゃ通信は、岩手県花巻市の味園史湖さんでした。

今日はIT企業勤務からぶどう農家になった鈴木寛太さんのお話。

鈴木さんは学生時代に岩手県へ復興支援ボランティアとして来ていた経験が忘れられず、

一度就職した会社を退職して、2015年に地域おこし協力隊として花巻に来ました。

その時、担当したのが花巻市大迫町のぶどう生産の活性化で、

任期終了後には自身もぶどう農家になりました。

自分のぶどうでワインづくりもしていて、

「花巻大迫ぶどうを全世界にPRできる人になりたい」と話しているそうです。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:17 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月22日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月22日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

空気が乾燥していて、各地で火事のニュースが。

春になって油断してしまいますが、気をつけたいですね!

 

今日はTOHOKU360とのコラボコーナー「ぐるぐるみちのく」。

ローカルジャーナリストの寺島英弥(ひでや)さんにお越しいただきました。

0422terasima.JPG 

福島県相馬市のご出身で、東日本大震災後は

被災した地域の多くの方々に取材を続けてきた寺島さん。

今年2月に「被災地のジャーナリズム」を出版しました。

 

同じ地域に生き、自らも被災した当事者として、

長い時間をかけて丁寧に一人ひとりの言葉をすくい上げ、伝えていく。

寺島さんの取材は、地域に必要な報道とは何かを教えてくれます。

「当事者と同じ時間を生き、声の発信を手助けして外の人々につなぎ、

歳月を超えて伝え続けるのが『ローカルジャーナリスト』」と、寺島さん。

そして、そんな人が全国のローカルで生まれてほしい、と話してくれました。

私もローカルメディアとして、そんな未来に少しでも貢献できればと思います。

寺島さん、ありがとうございました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の小島丈さんでした。

災害時の「車中泊」で気をつけるべきことを教えてくれました。

エコノミークラス症候群になりやすいので、座席を倒す、

水分をこまめに取る、マッサージや体を動かすなどの対策を取ること。

自治体の情報をチェックし、災害時に避難可能な駐車場があれば

予め把握しておく必要性を伝えてくれました。

 

【曲】

Alive/Do As Infinity

Walk Right Back/KANJI OHTA TRIO

 

※明日のメッセージテーマは「災害弱者」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:31 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月22日 (木)

だっちゃ通信<4月22日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏の田辺希さんでした。

宮城県のブランド米「だて正夢」のおにぎりが、おとといから首都圏のコンビニで売られています。

この取り組みは、宮城県・JR東日本グループ・全国農業協同組合連合会宮城県本部の連携で企画。

コロナ禍で宮城県の食材がアピールできない今、広く知ってもらおうと来月10日まで販売されます。

見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:43 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月21日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月21日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日は私が愛してやまないお菓子作家、高木雅美さんをスタジオにお招きする

ということでついつい、気合が入ってしまいました(笑)

 0421takagi.JPG

このコロナ禍で、リモート仕事が増えたことで、

今でこそ都市部ではない場所を選んで自分らしく暮らす、

ということをする方も増えているかと思いますが、

もう5年も前に、仙台に工房をもちつつ、川崎町の青根に移住、

小さな焼き菓子屋さんを構えて活動されています。

 

青根温泉の別荘地サバトの森

入口に赤い看板があり

あれ?これはなんの看板だろう・・・

そこからどんどん入っていくと

とても素敵なお店があります。まさに「お菓子の家」

 0421cooki.JPG

そのお菓子の味に、私は衝撃を受けました。

お菓子に対しての情熱が、焼き菓子にほとばしるクッキーに

毎度感動してしまうのでした。

 

5年前、体調を崩してしまった旦那さまを引っ張って

青根に移り住んだこと(その後V字回復!!)

人生うまくいくことばかりじゃないけれど

そこに立ち向かって前向いていく高木さんの様子。

それを知って、ますます勇気をもらいます。

 

そしてこのたび、仙台の工房をたたみ、青根に完全移転。

高木さんのお店は5月下旬か6月初旬にオープン予定です。

高木さんに会いに、本気のクッキーを買いに、その形、味にに感動を求めて

青根に足を運びたいと思っています。コロナよ鎮まれ!

 

「おらほの地名」は、宮城県涌谷町の「一簣(いちあじ)」でした。

現地は江合川、田尻川、美女川などが流れていて、地名がつけられた頃には

洪水のたびに氾濫しながら、いくつもの川道ができたような所と推測できます。

地名は古語の「アズ」という「崩れやすい」の意味からきたようです。

  

【曲】

恋するフォーチュンクッキー/AKB48

 

※明日のメッセージテーマは「地域からの声」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:25 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月21日 (水)

だっちゃ通信<4月21日(水)>~山形県山形市から~

だっちゃ通信は、山形県山形市の新関さとみさんでした。

漬物研究家で、昔ながらの食、手作りの良さを伝えたい!と

料理教室などを開いている新関さんに、昔ながらの赤飯の作り方を教えていただきました。

何といっても「炊飯器より蒸し器がついた鍋で作るとおいしいですよ!」という新関さん。

1)もち米は洗って、水につけておく。

2)小豆は水からゆでる。沸騰して2~3分ゆでたら一旦水を捨て、

  また水を入れて中火で10分ほどゆでたら、そのまま置いておく。

3)小豆が冷めたら、そのゆで汁だけもち米の水に足し、一晩おく(もち米に色がつく)。

4)翌日、もち米と小豆を混ぜ合わせて、水を切る。

5)蒸し器に水で絞った敷き布を敷き、もち米と小豆を乗せたら布をたたんでかぶせる。

6)沸騰して湯気が出てから15分蒸す。

7)一度もち米と小豆を器にあけて振り水をし、さっと混ぜる。この時、敷き布を一度水で洗って絞り、

  蒸し器に布ともち米・小豆を戻して、また沸騰してから15分。できあがり。

 

「面倒に見えますが、やってみるとそんなに難しいことはありません。

この方が米が立って、おいしくできますよ。一度挑戦してみてください」と話しています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:23 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月20日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月20日(火)

火曜日担当の星川幸です。

まるで初夏のようなお天気でしたね。

ゴジだっちゃ!を放送している時間でも、仙台は20℃を超えていました。

東北では7月上旬並みまで上がったところもありましたが、

明日の朝は、一桁の気温まで下がる見込みだそう。

うっかり風邪などひかないように気を付けましょう。

 

今月のプレゼントがこちら!

連続テレビ小説「おちょやん」の番組ノートとジェルボールペンのセットです。

 0420otyoyan.JPG

メッセージをお寄せ下さった方の中から毎週おひとりに差し上げています。

 

そのメッセージテーマ、今日は「好きなジャム」でした。

ステイホームの中、手作りジャムを楽しんでいる方が大勢いらっしゃいました。

奈良の方からは「干し柿ジャム」、岡山の方からは「レモンジャム」

宮城では「イチジクジャム」、他にも「ミルクジャム」の甘さにハマっているという方もいました!

どれもおいしそう~!食べてみたいです。

もちろん、定番のいちごやマーマレードにも、熱い支持がたくさん届きましたよ。

食べ物の話って盛り上がりますよね~!

楽しいメッセージをありがとうございました。

 

きょうの「防災クイズ“備えっぺ”」

避難場所で災害に関する情報は、何で確認するのが一番よいでしょうか?

A.ラジオ B.スマートフォン C.口コミ

正解は【A.ラジオ】です!

ラジオは地域に密着した情報を提供してくれます。

スマートフォンはバッテリーの消耗をおさえたいところですから、

普段はラジオのアプリで聴いているという人も、

別に携帯ラジオを準備しておきましょう。

基本、一人に一台あるといいですね。

乾電池式、手回し式、ソーラー充電式など様々なものがありますよ!

ラジオをお持ちの方は、イヤホンジャックの確認もしておきましょう。

大勢の人が集まる場で音に配慮が必要なこともあるかも。

 

若い世代の中にはラジオを聴いたことがない、持っていないという方も多いようです。

いざという時に使い方が分からないということが無いように、

ゴジだっちゃ!を聴いてラジオの使い方に慣れておきましょう!!

 

【曲】

Strawberry Jam/大塚愛

マーマレードの朝/中村雅俊

 

※明日のメッセージテーマは「手作り菓子」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:36 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月20日 (火)

4月20日(火)放送「川柳の時間」

課題「抜ける」

特選

トンネルの向こう母待つ一軒家(仙台市 佐藤恵子さん)

 

入選

たまさかに抜けて笑顔の五七五(仙台市 鈴木武志さん)

不都合な記憶が抜ける夫の脳(山形市 キョーシローさん)

今日もまた腰抜けそうな感染者(仙台市 おおばたかしさん)

春先はいつも抜け出すイーグルス(仙台市 ゲイリーさん)

裏通り抜けて男の秘密基地(さいたま市 関根一雄さん)

今の夢コロナ禍抜けて大合唱(仙台市 畠山正博さん)

拍子抜け舞えぬ青葉のすずめ達(宮城県名取市 三丁目のしゅうじさん)

五七五つらぬき通す意地がある(自由吟)(岩手県北上市 森しずかさん)

病から抜けて優勝池江嬢(仙台市 佐藤信則さん)

生き延びる抜け道今日も掘っている(京都市 福村まことさん)

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:39 | カテゴリ:川柳の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年04月20日 (火)

だっちゃ通信<4月20日(火)>~宮城県角田市から~

だっちゃ通信は、宮城県角田市の堀米荘一さんでした。

新緑が美しい季節になり、角田市から見る蔵王の絶景ポイントを教えていただきました。

▼角田市北郷地区の水田と蔵王

▼阿武隈川の河川敷、菜の花まつり会場から見る蔵王

▼四方山展望台から見る、角田の全景と蔵王

ドライブしながら、美しい景色を見に行ってはいかがですか?

そして、産直広場「あぐりっと」では、山菜など春の味覚が並んでいます。

おなかも心も満たされそうですね。

詳しくは、あぐりっとかくだ(TEL0224-65-3887)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:08 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月19日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月19日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

先週はお休みを頂き、所属劇団の公演に出演してまいりました!

感染症対策へのお客様のご協力のおかげもあり、無事に公演を行うことができました。

久しぶりに仙台に帰ってくると…銀杏の並木の新芽が黄緑に膨らんでいました~。

いつの間にか新緑の季節の足音が。わくわくしますね。

 

今日のメッセージテーマ『餅は餅屋』!

たくさんのメッセージをいただき、すべてフムフムうなずきながら読みました。

私は食いしん坊なので、食べ物のことばかり頭に浮かびますが…おもち、あんこ、だんご…

いろんな専門家、プロフェッショナルがいて、それぞれカッコいいなあと感じました。

 

今日のゲストは、まさに『本は本屋』、本屋の本を出版された古本屋さん。

book café「火星の庭」の前野久美子さんをスタジオにお迎えしました。

 0419maeno.JPG

NHK仙台局からもご近所で定禅寺通り沿いにあり、私も大好きな古本屋さんです。

現在カフェは金~日で営業されているそうです。

(菊池の一押しは、ドリンク「バナココ」!絶品ですよ!コーヒーもおいしいです♪)

仙台市内の本屋や古本屋は、実はこんなにたくさんあって、

仙台はかつてないほど本屋が楽しめる街になっていることを、ぜひ知ってほしい!と、

『仙台本屋時間』を出版されました。

 

豪華な執筆陣によるエッセイや、写真家・志賀理江子さんの本屋の時間を切り取ったような写真、

工藤夏海さんのやわらかいタッチの挿絵と、写真×ドローイングに、

エリアに分かれた仙台市街本屋ガイドと、読みごたえのある一冊です。

特別な、コデックス装という装丁は、前野さんのこだわり。

本を紐で綴じてあるため、開いたときに左右のページがまっすぐに見開きになります。

 

中でも仙台市街本屋ガイドの章は、各エリアの紹介をいずれも仙台市内の本屋さんが書いています。

「餅は餅屋」ならぬ『仙台の本屋は仙台の本屋』!

同業者だからこその視点で、本屋さんの魅力を書かれているのが、

普通のガイドブックとは一味も二味も違うところです。

巻末には、仙台市青葉区の本屋と文学碑が網羅された、地図もついています!

あの宮沢賢治さんも、仙台に訪れると本屋さん巡りをしていたのだとか。

「本!本!レコード!レコード!」と、ウキウキしながら仙台の街を歩いたのでしょうか♪

『仙台本屋時間』を片手に、本屋さん巡り、心が弾みますね。

 

<佳南の夕暮れ劇場>は、おうちで観られる演劇アーカイブ配信

『いのちのかたりつぎ/石巻公演』のご紹介でした。

宮城・福島・岩手の3県と阪神淡路大震災にまつわる物語を

演劇で震災を語り継ぐ、オムニバス公演です。

視聴方法→動画配信サイトYouTubeで“いのちのかたりつぎ 石巻”で検索してください♪

感染拡大のためにさまざまな公演が延期や中止にもなっておりますが…

演劇やエンタメも、さまざまな対策をしながら頑張っています。

ご覧いただき、興味を持っていただけたら、

落ち着いたら次は是非、劇場に足を運んでみて下さいね。

 

【曲】

 TOP OF THE WORLD/THE CARPENTERS

 

※明日のメッセージテーマは「好きなジャム」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:59 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月19日 (月)

だっちゃ通信<4月19日(月)>~仙台市宮城野区から~

だっちゃ通信は、仙台市宮城野区の菅原康雄さんでした。

3月11日に、菅原さんが町内会長を務める福住町町内会が開催した

「10th Candle Heart Night in SENDAI」について報告していただきました。

東日本大震災で犠牲になった方々の慰霊と震災を忘れないように伝承していく場として開催。

コロナ禍でも思いを共有できるように、WEB配信の生番組も行い、

東松島市、南三陸町、静岡市清水区、シドニーともつないで行ったそうです。

菅原さんは「コロナ禍で人との交流が難しい状況ですが、災害はいつくるかわからない。

イベントや防災活動を創意工夫で開催することが大切だと思います」と話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:15 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月16日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月16日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

あたたかかったりひんやりしたりで、何を着て外に出ようか迷いますね。

吉田晴香さんの「晴香の方言天気」だったら、どうアドバイスしてくれるかな

と、ときどき想像します。

 

<だっちゃ通信>は宮城県大崎市から、宮城の気候に合わせて作られた

宮城県オリジナル酒造好適米「吟のいろは」の話題。

世界農業遺産・大崎耕土で育てられた「吟のいろは」の特等米だけを使った

お酒「吟のいろは」は、ホヤの刺身によく合うそう。

聞いているだけでマスクの中でよだれが…。

 

<音の日記帳>は、仙台市地下鉄東西線 荒井駅周辺の音。

開発が進む地域ではありますが、駅のすぐそばには田んぼが広がります。

せんだい3.11メモリアル交流館とこども園が併設されていて

展示を見ているときにも、こどもたちの元気な声が聞こえてくることもあります。

最後のほうの子どもたちの話し声に、にこにこしちゃいました。

菅原さんのふさふさの猫みたいなマイクに集まってきたのかな。うふふ。

沿岸部への入り口、いままで・いま・これからが交差する

私も好きな音の風景です。

 

今日から始まった新コーナー<天文・ギモン・ほんまもん>

国立天文台水沢VLBI観測所所長・教授の本間希樹さんをお招きして

ブラックホール研究のその後について、お話していただきました。

0416honma.JPG

先日発表されたばかりのブラックホールのジェット撮影についても

教えていただき、「おとな科学電話相談」気分であれこれ質問しちゃいました。

(「子ども科学電話相談」の大ファンでして、大変うれしいです…!)

世界中のたくさんのひとが「ブラックホールを見たい、知りたい」という

同じ思いのもとで、それぞれの場所で、自分の利益を求めることなく

力を合わせて研究に励んで成果を出している、というお話が心に残っています。

政治や経済、環境の問題もそんなふうに解決していけたらいいのに…

と思っちゃいます。ほんとうに。

観測所の住所が「星ガ丘町」なのもすてきです。

HPを見ると、住所と並んで緯度と経度が書いてあるのも好きです。

コロナが収まったら見学に行ってみたいなぁ。

 

コーナーが始まる前の「天文・ギモン・ほんまもん」の音声の最後

「ほんまもん」は本間先生の声です。

次回はぜひタイトルから耳をそばだててみてくださいね。

 

しばらくはあいにくのお天気が続きそうですが

来週後半には、また星空が見えるでしょうか。

あたたかくして星を見上げて、夜も春を楽しみたいですね。

よい週末を。また来週!

 

【曲】

飛行艇/King Gnu

 

※19日(月)のメッセージテーマは「餅は餅屋」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:54 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月16日 (金)

だっちゃ通信<4月16日(金)>~宮城県大崎市から~

だっちゃ通信は、宮城県大崎市の山田好恵さんでした。

去年デビューした、宮城県オリジナル酒造好適米2品種目となる「吟のいろは」。

宮城県の気候に合わせて作られた酒米です。

コロナ禍でなかなかアピール出来ていませんが、すでに吟のいろはで作った酒が販売されていて、

ふくよかできれいな味とのこと。

早くみんなで乾杯できる日が来てほしいですが、今は家庭で味を楽しみたいですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:24 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月15日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月15日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日は爽やかな春のお天気でした。

まだ寒暖差がありますが、暖かい日差しにはほっとしますね。

 

さて今日は、下水道からコロナの感染状況がわかる…?

仙台で進む最新の研究について、

東北大学大学院工学研究科土木工学専攻の佐野大輔教授に伺いました。

0415sano.JPG 

下水調査から、地域の新型コロナウイルスの

感染状況を把握しようと試みる佐野先生の研究。

すでに仙台市の下水処理施設で調査を進めており、

地域の感染状況が下水に反映されていることがわかったそうです。

 

下水調査の強みは、調査した地域で

早期に、無症状者も含む感染状況がわかること。

佐野教授はこれをさらに発展させ、

市内のより細かな地域ごとに下水調査を行うことで

感染者の多い地域を特定して警戒を呼びかけたり、

効率的なPCR検査につなげたりしたいといいます。

 

「下水調査とPCR検査とを組み合わせれば、

より効果的な感染症対策につながるはず」と佐野教授。

新しい、実効的な感染症対策が仙台から広がること、期待しています。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の伊藤蓮さんでした。

一人暮らしの防災について、災害時の連絡先を把握しておくこと、

部屋では家具を固定し、持ち出し袋を用意するなどしておくこと、

避難経路を歩いて確認しておくことの大切さをお話してくれました。

 

【曲】

Lust For Life/Iggy Pop

 

※明日のメッセージテーマは「吹き出す」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:21 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月15日 (木)

だっちゃ通信<4月15日(木)>~宮城県美里町から~

だっちゃ通信は、宮城県美里町の早坂美名子さんでした。

小牛田駅構内にある美里町総合案内所ミニギャラリーで

写真展 "ザ・小牛田駅" 駅130年の歴史」を展示しています。

企画したのは、美里町に住む志摩勝彦さん。

年代ごとに写真やイラストを展示し、手書きの解説も添えられています。

早坂さんは「当時の生活の様子や町の歴史が見えてくるよう」と話します。

0415hayasaka.JPG

開催は、4月29日(木・祝)まで(月曜休み)。

詳しくは、美里町総合案内所(TEL0229-31-1801)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:20 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月14日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月14日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日はなんだかすごい天気でした。

自宅(美里町)から車でNHKに向かう途中で

雨かなと思ったら、ヒョウのような塊がフロントガラスに!!!

 

春なんだか、まだまだ春じゃないんだか・・・

桜の花の散るのとヒョウが混在した本日のお天気でした。

 

さて

今日は仙台のジャズ本を出版した佐藤和文さんがゲスト。

0414sato.JPG

元地元紙の記者さんだった和文さんは

趣味?で(古い活動歴はセミプロ的な)ジャズドラムをたたかれていたのですが

ひょんな出会いでサックスを始められて

今では、私の生徒さんでもあります。

出会いって不思議です。

 

サックスでは、一応教える立場の私ですが

人生の先輩でもある和文さんには

とにかくいろいろお話聞いていただいたり、アドバイスをいただいたり

とてもとてもお世話になっています。

 

今はフリーライターとして活動されてます。

この本を書き始めたことは、早くから存じておりましたが

まさか、こんなにもたくさんの方々にお話しを伺っていたのだな~~と

出来上がった本を拝見してその取材の数に驚きました!

 

熱心に取材して、仙台というローカルなシーンを

深くジャズシーンについて記事にしておられます。

 

実際に本にする手法も、今時だなあ~~~と思うような

インターネットを使った、そんな出版の仕方も面白いです。

 

是非ご覧いただければと思います。

そして

ジャズにも興味を持っていただけるきっかけになったらいいな~~と

淡く、でも静かに熱く・・・期待する名雪なのでした。

 

「おらほの地名」は、福島県喜多方市の「高郷町(たかさとまち)」でした。

この行政名は、かつての耶麻郡山郷村、可沼軍高寺村・新郷村・千咲村が

合併したことから、高寺村の「高」と山郷村・新郷村の「郷」をとった合成地名です。

 

【曲】

SPAIN/Bobby McFerrin&Chick Corea

When Lights Are Low/名雪祥代

ベネチアの鐘/勝部彰太

 

※明日のメッセージテーマは「下水道」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:47 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月14日 (水)

だっちゃ通信<4月14日(水)>~青森県八戸市から~

だっちゃ通信は、青森県八戸市の瀬川征吉さんでした。

八戸市はアートで町おこしをしているのだそうです。

江戸時代からの城下町である市中心街には、

地域観光交流施設「八戸ポータルミュージアム(はっち)」、

八戸まちなか広場「マチニワ」、公共の本屋「八戸ブックセンター」などの施設があります。

そして今年の秋には、全面建て替えた「八戸市美術館」がオープンするとか。

美術鑑賞だけでなく、学び・体験・活躍できる場にしようと、市民参加型の美術館となるそうです。

これらの施設は徒歩5分圏内。

八戸のまちが市民やアーティストに愛されるものになりますね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:30 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月13日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月13日(火)

火曜日担当の星川幸です。

久しぶりの雨ですね。

気温は高いのに、風が吹いているせいかちょっとひんやりしました。

東北はあすまで広く雨が降るよう。

少し憂うつになりますが、植物にとっては恵みの雨ですね。

 

だっちゃ部屋でも、かわいい植物が花を咲かせています。

0413flower.JPG

「短歌の時間」担当の金澤孝一さんにいただいたタイワントキソウです。

紫色と薄い黄色、2色の花が咲きました。

この存在感、うっとりとしてしまう美しさです。

ブログでも何度かご紹介していますが、金澤先生はお花を育てる名人。

いただいた鉢は毎回きれいに咲いて、だっちゃ部屋に癒やしを与えてくれます。

このお花をもたせるのが、なかなか難しいのです・・

今回も大切に育てます!金澤さん、ありがとうございます!

 

さて、きょうの「防災クイズ 備えっぺ」は避難について。

夏に大きな地震が起きた際、「はきもの」としてよいのは?という問題でした。

サンダル?はだしでもOK?それとも、スニーカーなどの靴?

正しいのは「スニーカーなどの靴」です!

はだしやサンダルは、肌が出ている部分が多いので、とても危険です。

道路が陥没していたり、ガレキなどの障害物があるかもしれません。

スニーカーなどの歩きやすいものや、

生地が厚くて・かたいトレッキングシューズなどもいいです!

焦ってはだしで飛び出さないように、

非常持ち出し袋と合わせて準備しておきましょう。

 

【曲】

Waterfalls/TLC

水に流して/クミコ

 

※明日のメッセージテーマは「ローカルカルチャー」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:44 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月13日 (火)

4月13日(火)放送「短歌の時間」

入選歌

一昔先へと続く哀しみはあの日のままに止まった時計(宮城県岩沼市 西尾律子さん)

キュキュッと鳴く鳥かと思い耳すますバスケシューズと床との音に(宮城県石巻市 繭子さん)

川えびに網を沈める春休み母子のこゑの澄み通りけり(仙台市 斉藤栄子さん)

洗濯機今日は機嫌がいいらしい終了の唄やけに長くて(佐賀県唐津市 寿々さん)

制服の胸ポケットにさすクローバー希望に向けて歩みだす春(仙台市 横溝麻志穂さん)

 

添削歌

【原作】公園に誰も乗らないぶらんこが揺れる春風乗っているのか

【添削】公園の誰も乗らないぶらんこが春風乗せてゆうらゆらゆら

~添削のポイント~

主語に対して述語をよく吟味しましょう。

「揺れる」が「ぶらんこ」なのか「春風」なのかわかりやすくしましょう。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26 | カテゴリ:短歌の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年04月13日 (火)

だっちゃ通信<4月13日(火)>~宮城県加美町から~

だっちゃ通信は、宮城県加美町の遠藤眞幸さんでした。

獣医師でもある遠藤さんから、動物の出産ラッシュの話題を届けていただきました。

いま、やぎやひつじの出産が続いているそうです。

遠藤さんのお宅でも、今日、やぎの出産がありました!

0413yagi1.jpg

やぎやひつじは、最近ペットとしても人気で、庭の雑草を食べてくれたり、

やぎの乳、羊毛など、さまざまな利点が注目されているとか。

ちなみに、なぜ春に生まれる動物が多いのかというと、

温暖で育てやすい、良質の草やえさが豊富など、春に繁殖するといいことが多くあります。

馬などは紫外線の量も関係していて、自然界では繁殖活動が調整されているそうです。

ペットとしてやぎやひつじを飼いたい方、家畜の病気については、

遠藤ファーム(TEL0229-67-5524)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:19 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月12日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月12日(月)

星川幸です。

菊池さんが演劇のお仕事でお休みのため、

きょうは私が担当しました。

晴れ渡った空が気持ちいい日でしたね。

街中を歩いていたら、背中にあたる日差しがポカポカと暖かかったです。

そろそろ日傘や帽子のいる季節だなぁと思っていたら、

明日は雨傘が必要なようです。

だっちゃ通信員の太田さん(宮城県蔵王町)もおしゃっていましたが、

晴れたり雨が降ったり、気温が上がったり冷えたり、

ころころ変わる天気が春らしいですね。

 

きょうはスタジオに、仙台を拠点に活躍するサックスプレーヤー、

安田智彦さんをお招きしました。

0412yasuda.JPG

仙台のジャズを長年けん引してきた安田さん、

定禅寺ストリートジャズフェスティバルを立ち上げた方であり、

水曜日の名雪さんの師匠でもあります(^^)

そんな安田さんに、仙台のミュージシャンの現状を聞きました。

お客さんの前で演奏する機会を失ってから1年以上が過ぎ、

音楽活動をやめる方も出てきているそう。

オンラインで頑張っていても、

ミュージシャンにとっての一番はやはり「ライブ」とのこと。

人前で演奏できないもどかしさ、苦悩が切実に伝わってきました。

「地域のイベントで、地元のミュージシャンに演奏するチャンスを与えて欲しい」

と話す安田さん。

コロナのせいで魅力的な音楽家や

音楽を楽しむ機会がどんどん奪われるなんて、

ファンにとっても悲しいことですよね。

私は仙台にきてゴジだっちゃ!を担当するようになり、

こんなにも大勢のかっこいいミュージシャンが仙台にいること、

ジャズフェスをはじめとする音楽イベントが文化として根付いていることに

驚きましたし、とても感動しました。

また何の心配もなく、笑顔で生の音を楽しめる日が来ると信じて、

今こそ、地元のミュージシャンを応援しなくては!と思いました。

 

 【曲】

 SPRING CAN REALLY HANG YOU UP THE MOST/BETTE MIDLER

春よこい、La Mer~TAKE FIVE/安田智彦

 

※明日のメッセージテーマは「水のこだわり」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:44 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月12日 (月)

だっちゃ通信<4月12日(月)>~宮城県蔵王町から~

だっちゃ通信は、宮城県蔵王町の太田富造さんでした。

太田さんが主催する「蔵王フラワートレッキングとプチ山菜狩り」が

4月29日(木・祝)が行われる予定です。

1997年から続けて、今年で24年目のイベントで、

青麻山に登り、澄んだ空気の中、山野草や山菜などを楽しみます。

トレッキングの後は、温泉でリフレッシュしますよ。

集合場所は、遠刈田公民館。午前8時集合、午後2時解散となります。

参加費は1000円。事前の申し込みが必要です。

「蔵王フラワートレッキング」で検索すると蔵王観光協会のHPが出てきて、

参加案内や申込書があるそうですので、チェックして見てください。

詳しくは、太田さん(TEL090-3753-9124)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月09日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月9日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

 

錦町公園の桜は定禅寺通側から散って、ほぼ桜餅色になりました。

花壇のチューリップがとてもきれいです。なでたいかわいさ。

今日は寒くて、本気コートにマフラーを巻いてのパトロールでした。

冬将軍が忘れ物を取りに引き返してきたような一日でしたね。

 

「だっちゃ通信」は、横浜にある岩手のアンテナショップの話題。

新鮮な野菜が毎日入荷しているそうです。

しいたけ、あさつき、板麩、生めかぶ、生ぶどうジュース、ふきのとう

…おいしいものがたくさん出てきて、お腹がすいちゃいましたね。

岩手食材旅行、私もバー台所(自宅)でしたいです。

 

「音の日記帳」は、宮城県柴田郡川崎町の手すき和紙を作る工房の音。

コウゾをつなぐために必要なトロロアオイをたたく音

水を張り、材料を混ぜる音

紙をすく音

二月の冷たい水の音が、工程が進むにつれて変化していきます。

職人さんのお話から、和紙の歴史と現在も知ることができました。

(私は「音の日記帳」の大ファンでして、どんな音の旅に連れて行ってくれるのか、

毎回楽しみに待っています。今年度もどうぞよろしくお願いします!)

 

ゲストは宮城県女川町出身で俳優・歌手の中村雅俊さん。

ほんとうにほんとうにすてきな方で、やさしくて、お話も楽しくて丁寧で

時間があっという間でした…うっとり…。

0409nakamura.JPG

宮城での学生時代や、デビューまでの経緯、初出演にして初主演作の大ヒット

幅広い活動の理由など、たくさんお話をうかがいました。

オノ・ヨーコさんとの出会いや、由利徹さんとの共演にまつわるお話も印象的です。

中村さんが作曲された東松島市の小学校の校歌もとてもすてきで

生徒さんたちはきっと、大人になってもふと思い出して口ずさんで

どこにいても、懐かしい景色を思い出すのだろうなぁ…

なんて思って、ちょっぴりうらやましくなりました。

 

冬将軍は週末も宮城で過ごすつもりでしょうか。

お早めにお帰りいただいて、ゆっくりお休みしてもらいたいものです。

お天気にも健康にも気をつけて、よい週末をお過ごしください。

また来週、元気にお会いしましょう~!

 

【曲】

恋人も濡れる街角/中村雅俊

Smile again/中村雅俊

花になろう~東松島市立鳴瀬桜華小学校歌/中村雅俊

 

※明日のメッセージテーマは「パンと私」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:06 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月09日 (金)

だっちゃ通信<4月9日(金)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏の田辺希さんでした。

今日は横浜元町の商店街にある「いわてアンテナショップ」についてお伝えしました。

0409iwate.JPG

岩手県一戸町の委託を受けて運営しているショップで、代表の久保均さんは一戸町出身。

岩手と神奈川をつなごうと店を始めて12年目だそうです。

商品は一戸町を中心に岩手県内の特産品を販売。なんと野菜は毎日入荷するとか。

中華街が近いため、ご近所の方だけでなく、観光客も立ち寄るそうです。

久保さんをきっかけに、一戸町と横浜の交流も続いていて、横浜元町の皆さんが一戸に行き、

野菜の種まきや収穫体験などをするツアーも実施しているほどです。

詳しくは、いわてアンテナショップ「ナチュラルエッセイ」(TEL045-263-9607/月曜定休)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:24 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月08日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月8日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

錦町公園の桜はかなり散ってしまいましたが、

仙台市内では街路樹が芽を出してきました。

もうすぐ新緑の気持ちのいい季節がやってきますね。

 

今週に入学式や始業式を迎えた学校も多いと思いますが、

学校に行けない子ども、行かない選択をしている子どもたちもいます。

今日は「ふとうこうカフェ in せんだいみやぎ」代表の

武山理恵さんに、不登校についてお話を伺いました。

 0408takeyama.JPG

武山さんは不登校について語り合う親の会を開催し、

学校以外の子どもの居場所をつくる活動にも力を注いでいます。

自らも不登校の経験があるという武山さんは

「学校に行けない子どもが悪いのではなく、

他の学ぶ場所を選べないシステムが問題」なのだと話します。

 

子どものころは学校が世界の全てのように考えてしまいますが、

世界は本当はとても広く、人によって適した環境は違うはず。

人と交流したり学んだりできる場所の選択肢をもっと増やし、

周囲がその選択を後押しできるような環境づくりが大切だと感じました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の稲野邉翔さんでした。

この季節に多い春の嵐や暴風への備えについて、

飛びやすいものは事前に固定や室内に入れる対策を取ること、

窓やシャッターの点検や補強をすることなどが大切だと話してくれました。

天気予報をきちんとチェックしながら備えたいですね。

 

【曲】

今をください/関取花

Boo Boo Boogaloo/AKIKO NAKANISHI QUINTET

 

※明日は「中村雅俊さんへのメッセージ」をお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:29 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月08日 (木)

だっちゃ通信<4月8日(木)>~宮城県大衡村から~

だっちゃ通信は、宮城県大衡村の鈴木和信さんでした。

今日は自然豊かな大衡村の施設を紹介しました。

昭和万葉の森」は、季節の草花が楽しめる、散策してほしい場所です。

詳しくは、昭和万葉の森管理事務所(TEL022-345-4623)へ。

おおひら万葉パークゴルフ場」では、多くの人がパークゴルフを楽しんでいます。

屋外ですが、現在は密を避けるため人数制限しながらオープンしています。

詳しくは、おおひら万葉パークゴルフ場(TEL022-345-8009)へ。

万葉おおひら館」は、大衡村農産物展示販売所。

今は葉わさびが並んでいて、これからはタラの芽、コシアブラ、しどけ、山ウドなどが出てきます。

詳しくは、万葉おおひら館(TEL022-343-7288)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:28 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月07日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月7日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

 

今日4月7日は

私の所属する

旅する音楽トリオ「絵のない絵本」のCDリリース日でした~~!

うれしいものですね。

皆様のお力添えのおかげでございます。ありがとうございます。

 

今日はなんと人気コーナー「おらほの地名」の

宮城県地名研究会会長の太宰幸子さんがスタジオにいらっしゃるという

スペシャルな企画でございました。

0407dazai.JPG 

目をキラキラさせて地名の謎について

どんな風に調べて、どんな風に謎を解いているのかについて

じっくりお話聞けました。

地名の謎を解き明かす様は、まさにシャーロック・ホームズ!!

必ず現場に足を運んで、聞き込みをして、謎に迫っていらっしゃるんですね。

太宰さんが直接スタジオに来てくださって、さまざまな

質問にすらすら答えて頂く様子に、感動しっぱなしでした!

その語りの熱量がまた素晴らしい!!

ああ~~太宰さんありがとうございます~~!!

 

 【曲】

故郷へかえりたい/ジョン・デンバー

 

※明日のメッセージテーマは「不登校」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:47 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月07日 (水)

だっちゃ通信<4月7日(水)>~山形県上山市から~

だっちゃ通信は、山形県上山市の山川喜市さんでした。

今日はかつて山川さんが初代団長を務めた「蔵王 緑の騎士団」を紹介しました。

2005年に任意団体として発足し、蔵王の環境保全や青少年への森林環境教育、

森林とのふれあい推進を目的に活動しているグループです。

活動は、西蔵王フィールド、小倉フィールド、蔵王こまくさ分校で行われていて、

現在山川さんはこまくさ分校の校長。

下刈り清掃活動やキノコ栽培など、実際に自然の中で体験することで、

生きていく術を学んでいきます。

分校は一般の方にも合宿施設として貸し出しているとか(1泊1000円)。

詳しくは、蔵王緑の騎士団事務局(TEL023-679-2708)または山川さん(023-679-2150)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:36 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月06日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月6日(火)

火曜日担当の星川幸です。

仙台は桜の花を散らすような風が吹き、

空気の冷たい日でした。

東北はまだまだ朝晩冷えますね。

岩手県釜石市から「ストーブをたいています」とのお便りをいただきました。

風邪をひかないように気を付けてください。

 

きょうは、「新型コロナワクチン」についてメッセージをいただきました。

0406chicket.JPG

杉尾さんにも届いた仙台市からの「ワクチン接種券」

届いたものの・・

いつ?どこで打てるの?どうやって予約するの?と疑問をもった方が多く、

問い合わせが殺到しているそうです。

番組でもお伝えしましたが、

仙台市では、一般の方の予約はまだ受け付けていないとのこと。

仙台市以外でも接種券の配布が始まっているようですが、

各地で状況が違いますので、

お住いの自治体に確認してみてください。

 

先週から始まったコーナー「防災クイズ“備えっぺ”」

クイズを通して、防災の知識を身につけましょう!

今回は、先週意味を学んだ「津波てんでんこ」

その正しい行動は?という問題でした。

正しい行動は、

【家族やお隣さんとは、日頃から「津波がきたらてんでんこ」と約束し、

 それぞれがしっかり逃げているはずだ、と信頼する。】です。

出題してくださる東北大学災害科学国際研究所 准教授の佐藤翔輔さんによると、

てんでんこには、4つの意味・役割があります。

①    おのおのばらばらに逃げる

②    その逃げる姿に他の人もつられて逃げる

③    あの人も「てんでんこしているはず」

  だからわたしも「てんでんこ」しようという相手を信じること

④    もし、親しい人が亡くなってしまっても、

相手も「てんでんこすることを望んでいたはずだ」と思えるようにすること

てんでんこの意味の神髄は「事前の約束」「信頼すること」にあります。

命を守る「てんでんこ」胸に刻みましょう。

 

【曲】

倒れないドミノ/東京スカパラダイスオーケストラ 

 

※明日のメッセージテーマは「おらほの地名」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月06日 (火)

4月6日(火)放送「川柳の時間」

課題「新しい」

特選句

 春愁をかかえ聖火が走り出す(自由吟)(福島県郡山市 としひこさん)

 

入選句

大きめの制服並ぶ入学式(岡山市 葵さん)

開通を祝う気仙の三世代(仙台市 梅田川太郎さん)

ルーキーが淀んだ空気入れ替える(愛知県常滑市 正司さん)

新しい生活様式二年目に(仙台市 南のこんちゃんさん)

新記録患者の数に眉ひそめ(宮城県大崎市 ラムダの男さん)

新しい自分を探す巣ごもり日(東京都府中市 ようこさん)

テレワークおニューのスーツ欠伸する(仙台市 福島ひろ子さん)

五輪よりコロナ先越す新記録(宮城県名取市 大友富夫さん)

値上げかと迷う税込み新価格(東京都中野区 颯爽さん)

コロナ禍に古木の新芽負けません(仙台市 菅野實さん)

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:川柳の時間 過去の作品 | 固定リンク


2021年04月06日 (火)

だっちゃ通信<4月6日(火)>~宮城県色麻町から~

だっちゃ通信は、宮城県色麻町の菅原一杉さんでした。

今日は、色麻町で4月5日から始まった「Nラボ」を紹介しました。

Nラボ(=Next education Laboratory)は、大崎市岩出山で開かれている

プログラミングや速読、社会体験を行う教室で、新しく色麻町教室がスタートしました。

岩出山では子ども向けですが、色麻では大人の参加もOKで、特に体験型に力を入れていく予定だとか。

講師は地元はもちろん、オンラインで全国さまざまな業種の講師が参加します。

場所は、色麻町役場駐車場敷地内にある「かっぱ笑会」で、毎週月曜日午後3時から7時まで。

詳しくは、N-Lab(TEL070-6953-1387)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月05日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月5日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

皆さん、ドキドキの新年度のスタートはいかがお過ごしでしょうか?

今日は国会の審議が伸びて、午後5時17分のスタートでしたが、

私は秩父英里さんの新テーマ曲にのせられ、新たにさわやかな気分でスタートです♪

今日のメッセージテーマは「ご近所さん」。

我が家のご近所には大きな桜の木があり、桜の花びらのじゅうたんが、うちの玄関の前にも。

素敵な春のお裾分けを頂いております!

 

今日のだっちゃ通信は、岩手県一関市の佐藤晄僖さんより、そんな桜の話題を届けていただきました。

一関市内を流れる磐井川堤防の改修に伴い、伐採された桜。

1947年、48年の台風による甚大な洪水被害からの復興を記念して植樹され、

以来、桜の名所として愛されていた木だったそうです。

その遺伝子を継ぐ桜を再生させるため、接ぎ木で育成され2014年から植えられた若い木が、

3~4輪の花を咲かせたそうです。現在高さ3メートル、幹の太さも10センチほど。

これからの未来に大きく育つ桜のお話に、希望を感じました。

 

今日のスタジオゲストは、NPO法人 全国コミュニティライフサポートセンター(CLC)

理事の小野寺知子さんでした。

 「だれもが地域で普通に」暮らし続けることができる地域社会の実現を目指して、

1999年夏から、「つながる」ことを大切に活動されてきました。

最初の活動は認知症の方のケアからはじまり、さまざまな活動に広がってきたそうです。

それにしても“全国”での地域福祉を支えてきた団体が、ここ仙台にあったなんて!

認知症の方へのケアから始まり、全国で多岐に広がっていったCLCの活動ですが、

東日本大震災の発生時は、なんとたった2日後から「東北関東大震災・共同ネットワーク」を発足。

車両のマッチングや、介護・看護の専門職ボランティアのコーディネートに奔走したそうです。

さらに、避難所などにおいても“暮らしが大事だ”という考えから、

「地域支え合い情報」の発行などを通じて、地域のコミュニティづくりを支えてきました。

 

そんな中、新型コロナが感染拡大…。

三密を避けるために触れ合うことが難しくなるなか、

「つながりを切らない」情報・交流ネットワークを設立。

0405with.JPG

withコロナの地域づくりヒント集の中から、全国のさまざまな工夫をご紹介いただきました。

“できない”、“あれがない、これがない”ではなく、元々地域にあった「ご近所さん」とのお付き合いなど、

すばらしい宝物がそばにある、ということ。

コロナ禍だからこそ、さまざまな工夫で気づかされることもあるのですね。

地域づくりについて知りたい方は、CLC(TEL022-727-8730)に問い合わせてみてください。

 

※明日のメッセージテーマは「新型コロナ ワクチン」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:17 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月05日 (月)

だっちゃ通信<4月5日(月)>~岩手県一関市から~

だっちゃ通信は、岩手県一関市の佐藤晄僖さんでした。

今日は一関市内を流れる磐井川堤防の桜並木について教えてもらいました。

古くから水害常襲地帯だった北上川下流域は、昭和22年のカスリン台風

翌23年のアイオン台風で壊滅的な被害を受け、市民が一丸となって復興に取り組みました。

その時、復興の願いを込めて約200本の桜を植えたのが最初です。

それから約60年が経ち、堤防改修工事に伴い、桜を伐採しましたが、

遺伝子を継ぐ桜を再生させようと、接ぎ木による苗木の育成を行ったそうです。

その桜は平成26・30・31年に市民によって植えられ、現在高さ3m、幹の太さ10cmに。

思いをつなぐ、桜並木なんですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:55 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月02日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月2日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

新年度あけましておめでとうございます。

今年度もよろしくお願いいたします。

あれこれ「やんだぐなるごど」もありますが、よい一年にしましょう。

 

今日のだっちゃ通信は、秋田県にかほ市の永田佳乃子さんに

「疫病神の詫び証文」について伝えていただきました。

これがあるから秋田はコロナの感染者数が少ないのかも…と

ちょっとうらやましくなりました。いいなぁ。

うちの玄関にも「にかほ」と書いて貼っておこうかなぁ。

仙台にも疫病退散の昔話はないのかなぁ。

 

「杜の歌をよろしく」のコーナーにもご出演いただいていた

NPO法人メディアージの漆田義孝さんの電話インタビューでは

「濃厚接触者と判断されました」と保健所から連絡が来てから

今日までの日々のことを詳しく教えてくれました。

幸い陰性だったとのことで何よりですが、社会的な影響についてなど

考えさせられることの多い内容でした。むむむ…。

 

石巻出身の気象予報士・吉田晴香さんの「晴香の方言天気」。

今日も長野から石巻弁で週末の天気予報を伝えていただきました。

冒頭の「やんだぐなる」は、吉田さんの天気予報からの引用です。

しとしと降る春の雨、畑にいい雨、桜にも優しい雨、

誰にも優しい恵みの雨になりますように。

今日もほっとしてうれしい予報でした。来月もお楽しみに。

 

そして、スペシャルゲストは新年度のテーマソングを作曲した

コンポーザー・ピアニストの秩父英里さん。

いつもは部分的にしか聞けない曲を、今日だけたっぷりお届けしました。

ご本人の解説付きで、ぜいたくな新年度の始まりです。

0402titibu.JPG

エンディングの曲に使われている暮らし周りのあれこれもお持ちいただき

実際に鳴らして聞かせてもらいました。

これがこのかっこいい音楽の成分だったのか!と驚くものばかり。

杉尾さんのおっしゃっていたとおり

「ゴジだっちゃ!の曲って、秩父さんが作ったの!?」

と驚かれ称えられる未来が、きっともうすぐやってくるはず。

 

リスナーのみなさんが、ツイッターで「ゴジ~ゴジ~」とハミングしているのを

私も放送終了後に「ゴジ~」と脳内でハミングしながら読んでいます。

今日もたくさんのメッセージありがとうございました!

 

感染予防に気をつけつつ、気持ちよく春を楽しんで、よい週末をお過ごしください。

また来週~!

 

【曲】

君は天然色/大滝詠一

ブラックベリー・ウインター/Wing Foo Jeng

 

※5日のメッセージテーマは「ご近所さん」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:17 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月02日 (金)

だっちゃ通信<4月2日(金)>~秋田県にかほ市から~

だっちゃ通信は、秋田県にかほ市の永田佳乃子さんでした。

コロナ禍、にかほ市では「疫病神の詫び証文」が話題になっているそうです。

にかほ市を領地としていた仁賀保家の実在の人物「仁賀保金七郎」の逸話がもとになっていて、

これまで詫び証文は見つかっていたなかったのですが、去年、栃木県鹿沼市で発見されたとか。

そこで複製を仁賀保勤労青少年ホーム展示室(斎藤宇一郎記念館)で展示。

ステッカーにして無料で配布しているそうです。

また同ホームでは缶バッチを無料配布しているほか、

エコバッグ、手ぬぐい、ポストカードなどを販売したところ、ほぼ売り切れ状態に。

皆さん、コロナの収束を願っていますよね。

詳しくは、仁賀保勤労青少年ホーム(TEL0184-35-4711)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:13 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年04月01日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年4月1日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

NHK前の定禅寺通には新年度のポスターが、

桜が満開の錦町公園を背景に映えていました。

新年度からもどうぞ、よろしくお願いします!

0401poster.jpg 

今日はジャーナリスト高成田享さんの「月刊 井戸端ジャーナル」。

宮城県で急増する新型コロナウイルスの問題と

東京オリンピックはどうなる?というお話を多角的に伺いました。

 

今日、宮城県は「まん延防止等重点措置」の対象地域に。

飲食店に対し命令などの強力な措置も可能になりますが、

高成田さんは「緊急事態制限と同じようにアナウンス効果は大きいが、

実際の効果は限定的なのでは」と話します。

地方自治体が繁華街などで重点的な検査を徹底することが

必要ではないか、と改めてお話して下さいました。

 

オリンピックについては新型コロナの拡大状況次第では

無観客の可能性もあるのではないか、とのお話。

感染リスクが低い、限りなく規模を縮小した形で開催することができるのか。

いずれにしてもこれまでとはかなり異なる五輪の形が求められそうです。

 

「週刊 防災士」は、チームBousaisiの新代表となった鎌田翼さんでした。

新年度から新しい学校や職場に通う人も多い中、

学校や職場の周りや通う道の災害リスクや避難所を把握するために

地域の「ハザードマップ」を活用する方法を教えてくれました。

コロナでなかなか思うような活動ができない中とは思いますが、

ぜひ新年度からのご活動、工夫しながら頑張ってほしいです。

 

【曲】

何処かの街の君へ/大橋トリオ

 

※明日のメッセージテーマは「思い出のテーマソング」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:24 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年04月01日 (木)

だっちゃ通信<4月1日(木)>~宮城県村田町から~

だっちゃ通信は、宮城県村田町の村上博さんでした。

道の駅「村田」の事務局長であり、畑仕事も行う村上さん。

いま畑では、去年9月に種をまいたそら豆の花が少しずつ咲いてきているそうです。

特産のそら豆の収穫は6月上旬。おいしいそら豆を食べられるのが待ち遠しいですね。

0401soramame.jpg

また今月中旬からは、とうもろこし「味来」の種まきも始まるそうです。

そして、道の駅「村田」のイベントも紹介。

4月24日(土)から5月5日(水・振休)まで、「春の洋らん展 in 村田」が行われます。

新型コロナの状況によって、予定を変更する場合もありますので、

詳しくは、道の駅「村田」(TEL0224-83-5505)へ問い合わせを。

村田町も桜が満開ですよー。

0401murata.jpg

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:21 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top