2020年11月26日

2020年11月26日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和2年11月26日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

街路樹の葉も落ちてきて、いよいよ11月も終わりますね。

一年が経つのは早いなぁ、と感じる季節になってきました。

 

荒蝦夷・土方正志さんをお招きした「注目!宮城本」。

本日はご著書「JR上野駅公園口」がみごと

全米図書賞翻訳部門を受賞した柳美里さんに

お電話でインタビューさせていただきました。

1126books.JPG 

今年はコロナ禍で授賞式もオンライン開催だったそう。

受賞が決まったときの素直なお気持ちや状況を聞かせていただきました。

柳さんが南相馬市小高で開いている書店「フルハウス」には

受賞を喜んだ地域のみなさんが野菜や大福や納豆などを持って

すぐにお祝いに駆けつけてくれたそう。

喜んでもらうのがすごくうれしい、とおっしゃっていました。

 

「南相馬の人たちに、これは自分の物語だ、と思ってもらえている。

『これは自分の物語だ』と思われるような小説をこれからも書いていきたい」

と、力強くおっしゃっていたのがとても印象的でした。

改めて、受賞おめでとうございます。

 

土方さんは、熊谷達也さんの河北新報でのコラムを収録した

「いつもの明日」(河北新報出版センター)も紹介して下さいました。

こちらもぜひ読みたい一冊です。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の稲野邊翔さんでした。

この時期も気をつけたい「竜巻」について、

間近に迫ったら近くの頑丈な建物に避難する、

屋内では一階の窓のない部屋に移動する、

といった身を守る方法を教えてくれました。

 

【曲】

Blinding Lights/The Weeknd

 

※明日のメッセージテーマは「イーハトーブ(理想郷)」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:20 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年11月26日 (木)

だっちゃ通信<11月26日(木)>~南三陸町から~

だっちゃ通信は、南三陸町の阿部拓三さんでした。

志津川湾に冬を告げる渡り鳥「コクガン」について話していただきました。

コクガンは国の天然記念物、絶滅危惧種で、志津川への渡りは12月から1月がピーク。

日本周辺に7000羽ほどが渡来しますが、そのうち300羽以上が志津川で越冬するのだとか。

安定した藻場の存在が不可欠なので、湾の豊かな自然環境を象徴する鳥と言えます。

そして、12月17日(木)には、講演会「GPS追跡でわかった南三陸のコクガンの暮らし」が

南三陸町自然環境活用センター(ネイチャーセンター)を会場に開催されます。

講師は、宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団 研究室長 嶋田哲郎さん。

ライブ配信もあるそうです。

問い合わせは、南三陸ネイチャーセンター友の会(TEL0226-46-2037)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:21 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top