2020年10月22日

2020年10月22日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和2年10月22日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

 

今日の「注目!宮城本」は、作家の柳美里さんと

荒蝦夷代表の土方正志さんにゲストにお越しいただきました。

柳さんの2冊のご著書をご紹介いただきました。

1022book.JPG

 ①JR上野駅公園口/河出文庫

②南相馬メドレー/第三文明社

 

柳さんの小説「JR上野駅公園口」はなんと今年、

全米図書賞翻訳文学部門にノミネートされています…!

福島・相馬郡から東京から出稼ぎに来て、のちに上野公園で

路上生活者になった男性の視点から戦後社会の暗部を描く本作。

読了後にしばらく放心してしまったほど、

ものすごく迫ってくる作品です。

 

日本の歴史や相馬独特の地域文化の描写も多く

アメリカで広く読まれていることが意外な気もしましたが、

コロナ禍でアメリカでも路上生活者の生活が深刻化する中

普遍的な社会課題としても読まれているのではないか、

とお話されていました。

国を超えて訴求力を持つ作品、ぜひ受賞してほしいと願っています。

1022yuu.JPG

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の早坂良太さんでした。

災害が発生したときに避難所を運営する上で、具体的な施策では

さまざまな専門家の間でも意見が分かれることがあるといいます。

「定期的に意見交換すること、暮らしている人の意見をよく聞くこと」

が大切だと思う、と話してくれました。

 

【曲】

駅/竹内まりや

 

※明日のメッセージテーマは「太刀魚、食べていますか?」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:52 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年10月22日 (木)

だっちゃ通信<10月22日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

宮城県と相互交流宣言を交わして15周年の東京・豊島区の話題でした。

豊島区立千早小学校では4年前から登米市の米を育てる農業体験学習を実施しています。

学校の花壇の一つを田んぼにして、毎年5年生が農業を学びます。

しかし今年は新型コロナの影響があり、登米市からの農家の派遣ができず、宮城県東京事務所が代行。

苗も学校が始まるまで登米市で育てて、6月にようやく学校で田植えを行いました。

そして子どもたちが世話をして、9月29日に1キロの米を収穫できたそうです。

本来なら調理実習で食べるところですが、今年は稲を家に持ち帰ったとのこと。

宮城の米で子どもたちもすくすく育ってほしいですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:33 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top