2020年6月 5日

2020年06月05日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和2年6月5日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

<アーティスト応援2Weeks>も、とうとう最終日となりました。

 

一人目のゲストは、俳優・演出家・ナレーターの白鳥英一さん。

0605siratori.JPG

「劇団鳥や」の主でもあり、去年、俳優生活30年を迎えられました。

ウクレレの演奏や落語、仙台市天文台のナレーションなど

いろんな活動をされています。

夏目漱石の『夢十夜』より第八夜を朗読していただきました。

当時の街の様子が脳内に立ち現れるような不思議な感触があり

本で読んだ時にはわからなかった色かたちが浮かび上がります。

朗読であるだけでなく、朗読「劇」なのだなぁ。

こんな夢を見ているような気分で聞いていました。

ようやく学校での授業や、顔を合わせての打ち合わせが始まり

観客の方も不安なく会場に来られるよう少しずつ少しずつ

公演を再開できればとおっしゃっていました。

白鳥さんも出演する、名取から生まれた「ファミリーツリー」の公演も

また宮城で見られる日が早く来ますように。

 

二人目のゲスト、大トリは俳優の芝原弘さん。

0605sibahara.JPG

「いしのまき演劇祭」の紹介などで何度もスタジオにお越しいただき

おなじみの「ゴジだっちゃ!」準レギュラーのような存在です。

残念ながら「いしのまき演劇祭」も来年に延期となりましたが

石巻市に開館予定の新しい文化施設で、2年分たっぷり

演劇を楽しめる日が待ち遠しいですね。

朗読していただいたのは、仙台文学館で展示を開催中の

岩出山出身の作家・佐左木俊郎の『郷愁』。

宮城の風景を思い浮かべて書かれたであろう「ふるさと」という言葉を

芝原さんが口にするたびに、歌うたびに

私も宮城の風景とふるさとの福島の風景を思い浮かべました。

目の前にマイクがなかったら、私のまつ毛にも涙が光っていたでしょう。

作品の書かれた時代とは違う理由で、ふるさとに帰りたくても

帰れないいまだからなおのこと、ぐっときちゃいますね。

 

2週間たくさんのメッセージ「応援・エール」ありがとうございました。

アーティストのみなさんへエールを送るはずが

お話をうかがう私たちがたくさんのヒントや驚き、感動をもらう

大充実のすばらしい2Weekでした。

出演いただいたみなさま、そして2週間エールを送ってくださった

リスナーのみなさま、ありがとうございました!

「○○応援2Weeks」ぜひまたお届けしたいです。

月曜日から通常営業に戻ります。来週もよろしくお願いします。

よい週末を~!

 

※5/25~6/5のメッセージテーマは「応援・エール」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:15 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top