2020年4月 6日

2020年04月06日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月6日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

私も、4月に出演予定だった公演が中止になりました。涙

桜が満開なのが、目にしみます…しかし、その姿に癒やされました。

悔しいやら何やら複雑な心境ですが、まず今は、それぞれの安全安心が第一。

早く安心してみんなが演劇を見られる日が来ることを、祈ってやみません。

こんな時こそ、明るく前向きに、いきましょう!

出来立てホヤホヤの「手洗いやっぺえ」、いかがだったでしょうか?

しばらくは「手洗いファースト」心がけましょう!!

 

今日のだっちゃ通信は、七ヶ宿くらし研究所の藤田洋一さんでした。

七ヶ宿町では、今朝雪が降ったとのこと!寒い!

咲き始めの桜と雪の競演は、美しかったでしょうね。

七ヶ宿町への定住についての冊子“七ヶ宿「ない」もの自慢!”についてお話を伺いました。

「ない」って、消極的なイメージが多いかもしれませんが、見方を変えれば、

「心配がない」「お金がかからない」「自然の豊かさがハンパじゃない」など、

素晴らしい特徴がいっぱい。特に子育て支援や家賃支援の充実さに、素直に驚きでした。

七ヶ宿での生活、楽しそうですね…憧れます!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、劇団短距離男道ミサイルさんの無観客上演についてお知らせしました。

彼らの作風、エネルギー、とても元気がでるので私は大好きです。

ご興味を持って下さったらぜひ、ライブ配信で、ご自宅にいながら演劇鑑賞はいかがでしょうか。

 

そして、私が所属する劇団、青年団主宰であり劇作家・演出家の

平田オリザさんにお電話でお話を伺いました。

大学生のオリザさんと杉尾アナ、まさかウン十年に出会っていたなんて!!笑

オリザさんに現在の演劇界と日本の文化についてお話を伺う中、

「東北には国立の文化施設がない」ということに気づかされハッとしました。

0406ebara.JPG

これは劇団青年団の兵庫県豊岡市にできた新しい劇場・江原河畔劇場です。

地域から演劇を発信することで、地域の文化の拠点となることを目指しています。

オリザさんの言う通り、演劇界がもろに打撃を受けてしまっている現在ですが、

文化芸術が私たちの生活において大切な役割を担うことを、今回のコロナ禍で改めて、

考えるきっかけになればと思います。

東北に、これをきっかけに素晴らしい文化施設が生まれたら。。。

私たち演劇人の大きな夢がまた一つ、芽生える気がします。

 

今日のメッセージテーマだった「忘れられないセリフ」、お届けできなかったことが残念でした!

リスナーの皆さんの忘れられないセリフ、すごく興味がありました…!

またの機会に、ぜひリベンジ希望です!

 

※明日のメッセージテーマは「緊急事態宣言」です。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年04月06日 (月)

だっちゃ通信<4月6日(月)>~七ヶ宿町から~

だっちゃ通信は、七ヶ宿町の藤田洋一さんでした。

七ヶ宿町が定住についての冊子『七ヶ宿「ない」もの自慢!』を作りました。

キーワードは7つの「ない」。。。

「何もないけど不便もない」「冬だって退屈しない」「子育てに心配がない」

「教育環境に不安がない」「マイカー通勤に損がない」「住居にお金がかからない」

「自然の豊かさハンパじゃない」

この「ない」なら、移住してみたくなりませんか?

気になった方は、冊子を見てみてくださいね。

詳しくは、七ヶ宿町ふるさと振興課(TEL0224-37-2194)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top