2020年2月 6日

2020年02月06日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和2年2月6日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

やっと東北の冬!という寒さになってきましたね。

冷たい風が凍みます…みなさん暖かくしてお過ごし下さい。

 

今日は「ミイラ」の話…!

なんと戦時中に宮城県内の小学校でミイラを見せて回っていた

謎の男性2人組がいたことがわかったということで、

小学校の日誌から研究を進めている宮城学院女子大学の

大平聡教授(写真右)とゼミ生の米沢玲香さん(写真左)にお越しいただきました。

 0206ohira.JPG

大平教授の研究によると、昭和17年5月から7月まで

「埼玉県大宮市 菊地一」なる人物と「外交員」の男性が、

山元町から気仙沼までの数多くの小学校をペルーのミイラと

ともにめぐった記録が小学校の日誌に残されていたとのこと。

卒論でこのテーマを調査している米沢さんは、ある小学校の日誌で

この2人に「謝礼金を払った」という記述も見つけたそうで、

知れば知るほど興味は増すばかり……。

「小学校の日誌はその当時の人々の日常がわかる、

大変貴重な一次資料」だと話す大平教授。

これからも小学校の日誌から地域の人々の暮らしの姿や

生活のあり方を紐解いていきたいと話してくれました。

もし、このミイラに関することを知っている方がいましたら、

大平教授の研究室(宮城学院女子大学人間文化学科/TEL022-277-6166)に情報を!

 

「週刊 防災士」は東北福祉大学の稲野邊 翔さんでした。

0206inanobe.JPG

昨日から日本海側を中心に雪が降りましたが、

雪下ろしのときには必ず複数人で行うことや

命綱やヘルメットを忘れずにつけること。

路面凍結などによる車の万が一の事故に備え、

工具やスコップ、懐中電灯や防寒着、飲食料など

車内の備えも準備しておく必要性を伝えてくれました。

 

※明日のメッセージテーマは「〇〇男子」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:48 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年02月06日 (木)

だっちゃ通信<2月6日(木)>~仙台市宮城野区から~

だっちゃ通信は、仙台市宮城野区の菅原康雄さんでした。

2月15日(土)に菅原さんが会長を務める福住町町内会の恒例行事「たごっ子まつり」を紹介します。

田子市民センターを会場に、宮城野区内で活動する13団体によるステージ発表や

防災に関する展示、動物とのふれあいコーナーなどがあり、模擬店も多数出店します。

同時開催で、田子中学校吹奏楽部・田子小学校金管バンドジョイントコンサートもあります。

詳しくは、田子市民センター(TEL022-254-2721)へ。

 

そして、もうひとつ、福住町と協定を結ぶ山形県尾花沢市鶴子地区での「雪掘り体験」を

2月15日と16日に行うそうですが、今年は積雪が(今日現在)0センチ!

ということで、懇親会と防災・減災講演会、「防災ORI☆ンピック」を実施する予定だそうです。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:22 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top