2020年08月25日 (火)

8月25日(火)放送「短歌の時間」

入選歌

七夕の飾り短く吊られても八月の風そっと寄り添う(柴田町 尾形和子さん)

灰色のため息ばかりついていた私を叱る急な雷(東京都板橋区 汐海岬さん)

抱き寄せる五歳の孫がカタコトにソーシャルデスタンスと逃げて行きたり(仙台市青葉区 柏木ぽてぽてさん)

一茎の葉らんのみどり神秘色色にたわむれ色に安らぐ(仙台市宮城野区 石川貞子さん)

一枚の皿にも命こもりおりひとりの卓に華やぎくれる(仙台市泉区 佐々原洋子さん)

 

添削歌

【原作】ちゃぶ台の冷えた生酒汗かいて妻が添え出す鮎の塩焼き

【添削】ちゃぶ台の冷えた生酒は汗をかき妻が添え出す鮎を待ちいる

~添削ポイント~

汗を掻くのは鮎を待つためにと繋げてみました。

一首のストーリーを切らないようにすることが大切です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top