2021年10月21日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月21日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

過ごしやすい秋の気候を通り越して、寒くなってきましたね。

私は10月というのに早くもこたつを出してしまい、これから先が思いやられます…

 

今日は盛岡在住の作家・工藤玲音さんにお越しいただきました。

芥川賞候補にも選ばれた小説「氷柱の声」、

16歳から現在までの短歌を収めた歌集「水中で口笛」など、

多様な形の文芸作品を次々と発表されています。

1022kudo.JPG 

石川啄木と同じ渋民の出身で、小さいころから

啄木の名前を引き合いに出されていたという工藤さん。

啄木の享年と同じ26歳で、初の歌集を出版しました。

「最後は啄木とハイタッチするような感じで」世に出したとのこと。

 

小説「氷柱の声」は、東日本大震災のとき盛岡の高校生だった主人公が

震災後、さまざまな人が抱える思いに触れる物語。

人々が言えずに胸にしまってきたような思いを言葉にした作品で、

阪神大震災を経験した方などさまざまな方から反響の声があったそうです。

いろんな感情や経験を、多様な文芸作品で自在に表現していく工藤さん。

今後の作品も注目し続けていきたいです。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の木村奈々果さんでした。

急に寒くなってきたこの時期、気をつけたいポイントを話してくれました。

暖房器具は必ず点検してから使うようにすること、

非常用持ち出し袋には防寒具など季節に合ったものを

入れておくことなどが大切だと伝えてくれました。

 

【曲】

コスモス/スピッツ

虹に向かって/「おかえりモネ」オリジナルサウンドトラックから

 

※明日のメッセージテーマは「ヘアドネーション」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:30


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2022年01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top