2021年07月05日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年7月2日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

今日は、いつもの仙台のスタジオからではなく

宮城県気仙沼市のジャズ喫茶「ヴァンガード」におじゃまして

<出前だっちゃ>をお届けしました。

0702vangard.JPG

 

<だっちゃ通信>も、いつも電話でお話ししている

ラヂオ気仙沼の尾形勝一郎さんに、店にお越しいただきました。

お会いするのは今日が初めて。穏やかで優しいすてきな方でした。

気仙沼の海でサーフィンをするのが趣味とのことで

真っ黒に日焼けしていらっしゃいました。

尾形さんも、ヴァンガードの常連さんなのですって。

 

この時期の気仙沼のお土産の売れ筋は、メカジキのハーモニカ

(背びれの付け根部分)とマグロの卵とのこと。

どちらも初めて聞きますが、気仙沼ではおなじみのごちそうだそう。

地酒と一緒にいただいてみたい!

 

インタビューのゲストは、ヴァンガードの前マスター・小松和雄さんと

現マスター・今川富保さんのお二人。

お店の歴史と東日本大震災のこと、気仙沼とジャズについて

たっぷりお話をうかがいました。

 

お二人とも、私にとってはとてもかっこいい大人ですが

お店に通い始めた頃には、さらにかっこいい大人たちがたくさんいて

「なかなか入れず、遅くまではいられなかった」とおっしゃっていました。

港町ならではの音楽との親密さ、大人たちがジャスを楽しむ夜

昔の様子も見てみたかったなぁ。

 

震災後の大変なときも、オーナーと初代マスターが亡くなられてから

お二人がお店を引き継いでいままで守ってこられたこと

続けることの貴重さ、ありがたさを思います。

今日こうしてここから番組をお届けできたことも

とてもうれしくありがたいことです。

今川さんの入れてくださったコーヒーは、とてもおいしくて

体に気持ちにふかふかとしみて、コーヒー色の店内と一つになれたような

気持ちになりました。

 

気仙沼で活動するピアニスト、小山紀子さんの生演奏も

とってもすばらしかったです。

次回は泊りがけで来て、ライブを聞いてお酒をちょこっといただいて

翌朝トーストとコーヒーをいただいて、昼にまたカレーとコーヒーで

ヴァンガード三昧の1日を過ごしたいなぁ。

大きなスピーカーで、マスターおすすめのジャズもたっぷり聴いて。

 

<音の日記帳>も、気仙沼の音風景。

今日は一時間、気仙沼三昧でした。

気仙沼波路漁港のアワビ漁の船が、漁場のお手入れをする音。

ワカメを育てるロープについていたのは、カキとムール貝。

カリカリと硬い音を立ててはがしていました。

小松さんが、小さい頃はカキやムール貝がたくさんあって

おやつ代わりに食べていたこともあった、とおっしゃっていました。

菅原さんのナレーションでも「食べたいです…」と心の声が漏れていました。

私も食べたいです…!

 

<出前だっちゃ!>いかがでしたか?

次回はあなたの街へもおじゃまするかもしれません。

ときどきこうして、耳で旅気分をおすそ分けできたらいいなぁ。

 

日曜日からは大相撲中継でしばらくお休みです。

また七月場所後に元気に楽しくご一緒しましょう~!

 

【曲】

Fly Me To The Moon/小山紀子(生演奏)

さくら/小山紀子(生演奏)

 

※大相撲中継のため、番組はしばらくお休みです。

 次の放送は、7月19日(月)です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:13:02


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top