2021年06月07日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年6月7日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

本日は、まるでスタジオ内でカフェが開かれたかのような!

カフェ・ド・ダッチャ、開店~♪

福島放送局の須藤健吾アナウンサーが、スタジオに来てくれました。

0607suto.JPG 

須藤さんが持ってきてくれたのは…愛用のコーヒーミルと、

なんと、福島県広野町で初めて収穫された、貴重なコーヒー豆です!

0607coffee.JPG

栽培を始めて今年の4月に初収穫、その量なんと、たったの2000杯分。

その貴重な広野コーヒー豆を、放送中にスタジオで、

マスター杉尾さんがミル&ドリップ!

コーヒーにこだわりのある杉尾さん。

一目豆を見ただけで、その良さが分かるなんて、凄すぎます。

 

大きさや色にムラがないのが、いい豆、いい焙煎の証なのだそう。

ドリップ中に泡が消えないことを“ソラが出ない”というのだそうです。フムフム。

ミルで豆を挽く音、コポコポとコーヒーが落ちる音…

皆さんのところへ香りも届いていたらいいなあ~と、思わずにはいられません!

一口飲むと、なんとも、優し~~い飲み口。まろやかで、スッと香りが広がります。

 

広野コーヒーの仕掛人である広野町振興公社代表の中津弘文さんにも、電話でお話を聞きました。

もちろんコーヒー生産に適した熱帯とは、全く違う環境の福島広野町。

原発事故の影響でまだまだ傷跡が深い広野町を、敢えて困難な作物を栽培することで元気づけようと、

バナナとコーヒーの栽培を始めたそうです。

これからの未来を見据えた福島・広野の新しい作物として、

世界でもこれから注目されそうな予感がします。

早く、このおいしいコーヒーがみんなで味わえる日が来ますように!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、オーストラリアの名作戯曲を仙台で上演、

YONEZAWA GYU OFFICEの演劇公演『皆々さまへ』のご紹介でした。

オーストラリア演劇は、社会問題に真正面から切り込む作風が一つの特徴で、

また日本の演劇界とも交流が多いんです。

年老いた父と40歳の息子の、親子の物語。現代の日本にも通じる名作です。

オンライン配信もありますので、是非、チェックしてみて下さい♪

 

※明日のメッセージテーマは「海」です

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:05


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top