2020年12月17日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和2年12月17日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

雪が積もりましたね。そして毎日とっても寒い…

道の凍結で転ばぬよう、十分お気をつけ下さい!

 

新型コロナの感染者数が宮城県でも増えてきましたが、

今日は郷土史家の木村紀夫さんをゲストに

宮城出身で感染症の終息に尽力した2人の偉人を紹介してもらいました。

 1217kimura.JPG

東松島市出身の大槻俊斎(1806-)は

当時江戸で大流行した天然痘を防ぐため

種痘の接種を初めて成功させ、天然痘を終息させた偉人。

当初西洋医学を認めなかった幕府の方針に背いたこの行動は

「まさに命がけだった」と木村さんはその偉業を称えます。

 

仙台出身の志賀潔(1870-)は赤痢菌を世界で初めて発見。

日本にBCGを持ち帰ったことで日本でBCG集団接種が始まり、

結核やハンセン病の予防にも大きく貢献しました。

木村さんは「宮城県出身の偉人があまり知られていないのは

悔しいし、地元の人にももっと知ってほしい」と話していました。

郷土の偉人を知ることで、その生き方から学ぶことは多そうです。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の金野萌さんでした。

大学生ながら地域の消防団に所属しているとのことで、

消防団の活動や役立ったことなどを教えてくれました。

「消防士というと大変なイメージがあるかもしれないが

学業や仕事と両立できる範囲で活動することができる。

ぜひ興味を持ったら地域の消防団の情報を調べてみてほしい」

とアピールしてくれました。

 

【曲】

冬はこれからだ!/秦基博×スキマスイッチ

RUBY MY DEAR/ART FARMER

 

※明日のメッセージテーマは「相馬宏男アナウンサーへの質問・メッセージ」です

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:24


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top