2020年11月30日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和2年11月30日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

今年も残すところ、あと1か月と、数時間ですね。

世界的にも、今までとは全く違った年越しが近づいてきました。

明日からは師が走る、師走。

今年は病院の先生も学校の先生も、きっと師走以外もずっと走っていたでしょうね…

皆さん、本当にお疲れ様です!

今日は、国立病院機構仙台医療センター ウイルスセンター長の

西村秀一さんに話を伺いました。

1130nishimura.JPG

「第3波ではなく、もしかしたらこれが本当の、第1波なのかもしれない」

西村先生からの一言。ハッとしました。

今までは、始まってもいなかったかもしれないなんて!

でも、ナーバスになり過ぎて疲弊してしまっては、

かえってよくないということを教えてくださいました。

日々明らかになる感染者の数でうろたえてしまったり、

飲食店のテーブルや、外を歩いたコートなどに、ウイルスがいるかもしれない、

などと疑心暗鬼になってしまったり…

そんなことはあまり意味がない。と、ばっさり言ってくださる西村先生。

それよりこまめに手洗いをすること、しっかりマスクをすること、3密を避けること。

それらの対策を、より気軽にやることが大切だと。

そしてフェイスシールドやマウスシールドは、マスクとしてはほぼ意味がないのだそう。

でも、考えてみれば顔とシールドとの間は隙間がすかすかで、防げてないですものね。

かえって防げていると油断してしまう。まさに、私もその一人になるところでした。

冷静さは、本当に大事ですね。

やっぱり私たち舞台関係者の稽古場は、対策が難しいのかな…と思っていたところへ、

先生が教えてくださったのは、「うがい」!

声を出すときに口から出るウイルスを少しでも減らすためには、

しゃべる前に、うがい液か、もしなければ、お茶かお水でもいいから、

とにかく口内をゆすぐことが有効だそう。

これは、すぐにでも取り入れられそうです!

皆さん、手洗いもマスクも、うがいも、すでに習慣になっている方もたくさんいらっしゃいますよね。

不安に振り回されすぎず、過剰になりすぎず、穏やかな気持ちで感染症対策をして、

師走もこの冬も、乗り切りたいです。

 

『佳南の夕暮れ劇場』は、せんだい短編戯曲賞について、

そして来年予定されている最終候補作品の10か月連続上演についてのご紹介でした♪

良質な短編演劇が、来年はたくさん楽しめそうです。


エンタメ業界も、皆さんのコロナ禍を乗り切るための一助になれたらと私は願ってます。

そのためにも、マスク、手洗い、換気にプラス、うがい!

しっかりしていきます!!

 

【曲】

あなたのSTORY/矢井田瞳

 

 ※明日のメッセージテーマは「今年、し忘れたこと」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:04


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top