2020年06月22日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和2年6月22日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

仙台も梅雨らしくなって参りました。

昨日、夏至の日の部分日食も、曇り空で私は見ることができませんでした。

ちょっと残念。次が楽しみです。

 

今日の「だっちゃ通信」は、名取市の格井直光さんに伝えていただきました。

今年3月に終刊した「閖上復興だより」を引き継いだ、

「閖上だより」の第1号がまもなく刊行されます!

創刊号は、新型コロナの影響で取材がなかなかできない中でも工夫を凝らし、

閖上の歴史についてや、防災メモなどが盛りだくさん。

閖上に戻った人も、新しく住み始めた人も、手に取っていただきたい情報発信新聞になっておりました。

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、せんだい演劇工房10‐BOXで行われているラジオ体操についてのご紹介。

お客様との再会、劇場の再開を願って、青空の下でのラジオ体操、皆様も一緒にいかがでしょうか?

“さいかいの入口”で検索してみてください♪

 

荒蝦夷代表、土方正志さんによる「注目!宮城本」でご紹介いただいた本は、こちら。

0622books.JPG

1) 郷内心瞳「ゆきこの化け物」(竹書房文庫)「拝み屋怪談 幽魂の蔵」(角川ホラー文庫)

      「拝み屋異聞 弔い百物語」(イカロス出版)

2) 真田啓介「古典探偵小説の愉しみⅠ フェアプレイの文学」(荒蝦夷)

      「古典探偵小説の愉しみⅡ 悪人たちの肖像」(荒蝦夷)

 

郷内心瞳さんは、宮城県涌谷町で拝み屋を営む怪談作家。

その身や周辺に起きる不思議な出来事を綴っていますが、

作中には土方さん自身が登場したり、私も関わる演劇公演でのお話も…お楽しみに…!

真田啓介さんは、ミステリー界でとても著名なミステリー評論家で、なんと仙台人。

そのミステリーへの深い造詣と、愛を感じる評論の集大成です。

ミステリーファンの方も、また初心者の方も、ミステリーの魅力を存分に感じられる決定版。

私もこの本を片手に、ミステリーの世界へ誘われようと思います。

 

【曲】

聖母たちのララバイ/岩崎宏美

風のLONELY WAY/杉山清貴

 

※明日のメッセージテーマは「移動制限解除、どう過ごした?」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:56


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top