今日のだっちゃ

2022年03月11日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月11日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

3月11日、そして最終回の今日は「だっちゃ通信員」のみなさんと電話をつないで

午後4時から6時までお送りしました。

0311sato.JPG

 

4時台は、懐かしいメロディーもお届けしました。

あのメロディーを聞くと、杉尾さんを「杉っちゃ」と呼びたくなりますね。

 

あの日からこれまでのはなしに、じっと聞き入ったり

ずっとずっと昔から引き継がれていた文化に、ふむふむうなずいたり

リスナーのみなさんが宮城を訪ねてくれたと知って、うれしくなったり

いろんな気持ちで胸いっぱいになりました。

 

たくさんのメッセージありがとうございました。

全部じっくりゆっくり拝見しました。

番組終了を惜しむ声、杉尾さんへの感謝の言葉、私も同じ気持ちです。

 

「だっちゃ通信員」のみなさんに支えられ

リスナーのみなさんの声にもたくさん励まされ

ゲストのみなさんにも、スタッフのみなさんにも

感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんとうにほんとうにありがとうございました。

ゴジだっちゃ!に出演できて、ほんとうに幸せでした。

 

来週からラジオで杉尾さんの優しい声が聞けないなんて

さみしくてかなしくて、全く実感がわきませんが

またどこかで元気な声を聞ける日を楽しみにしています。

 

私はラジオもゴジだっちゃ!も杉尾さんも大好きです。

杉尾さんの「平和100%」の言葉を忘れず、今日までのいろんな思い出を大事に

たくましく、できたら機嫌よく、生きていきましょうね。

(最後にめそめそしてすみません~!)

 

そして、たのしいときも大変なときも、これからも頼りになるラジオで

あってほしいなぁと思います。

みなさん、これからもまたラジオでお会いしましょう。お元気で!

 

曲)Over The Rainbow/明田川荘之

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:48 | 固定リンク


2022年03月10日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月10日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

本日が最後の出演でした!

 

「だっちゃ部屋」で打ち合わせをして、

杉尾さんがおいしいコーヒーをいれてくれて、

ラジオブースに入ってマイクテストをして……

 

そんないつもの番組前の一つひとつが愛おしくて、

番組前から泣きそうになっていました。笑

0310ando.JPG

 

「週刊 防災士」最終回は、東北福祉大学「Team Bousaisi」から

代表の鎌田翼さん、前代表の関駿真さん、前副代表の角田かりんさん、

そして担当教員の髙野拓哉さんが来てくださいました。

いつも役立つ具体的な災害への備えを教えてくれたみなさん。

防災について学び、人の役に立ちたい、という

みなさんの高い志にもいつも私たちが励まされていました。

授業や試験勉強、バイトの合間を縫って情報を発信して下さった

これまでの201回の放送。本当にありがとうございました!

0310bousaisi.JPG

 

そして「ぐるぐるみちのく」は地域メディアのこれからについて、

杉尾さん、星川さんとともにお話させていただきました。

私は2016年から、プロの記者だけではなく、

住民自身がニュースを書けるようになれば

これまで情報発信されていなかった多様な地域の話題が

表に出てくるようになるのではないか?と信じて、細々と

住民参加型のニュースサイトTOHOKU360を運営してきました。

 

杉尾さんと初めてお会いしたのが、5年前の2017年。

そのときにゴジだっちゃ!が「だっちゃ通信員」として

住民が情報を伝えるネットワークづくりに取り組まれてきたと知り、

また災害時の迅速で確実な情報発信を意識して設計されたとも伺い、

「すでに先駆者の方がいた!」と感動したものでした。

 

その後まさか私自身がパーソナリティーになるとは思いませんでしたが、

とてもあたたかく地域密着の情報を伝えるゴジだっちゃ!という

最高の番組に関わらせていただいたこと。

メディアの人間としてとても勉強になりましたし、

何より私の誇りであり、一生の宝物になりました。

この番組で学んだ地域メディアの精神を生かして、

これからもいいお仕事ができるように頑張ります!

 

素人の私を心強く支えて下さり、そのプロフェッショナルさを

身近で学ばせていただいた杉尾さんと星川さん。

いつも濃密なコンテンツを準備して下さり、

喋りやすい雰囲気を作って下さったスタッフのみなさま。

いつも新鮮な学びを下さった、これまで出演いただいたみなさま。

いつも優しくあたたかいコメントを手紙やFAX、SNSなどで

寄せて下さったリスナーの皆さま。

 

この4年弱、本当にありがとうございました!

またどこかでお会いしましょうね。

 

曲)A Nice Little Thing/名雪祥代

 

※明日がとうとう最終回!

杉尾さん、佐藤ジュンコさんへのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:13 | 固定リンク


2022年03月09日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月9日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日で私の担当は最終日。

 

3年前のある日

杉尾さんからお電話を頂きました。

「お話したいことがあるので、お昼ご飯でも食べませんか?」

 

その時、音楽企画を他でも予定していたので、その相談だろうなと思ったところ

「ゴジだっちゃ!という番組のパーソナリティーをやりませんか?」と。

 

あれからあっという間に3年以上経つのだなあと思うと感慨深いです。

本当に毎回放送が楽しみで仕方がない水曜日となりました。

 

その中で、たくさんの音楽企画をさせていただきました。

仙台のミュージシャンをたくさんご紹介できたらな~~という

想いを、叶えてくださいました。

 

特にジャズフェスの特別番組の時のエネルギーはすごかった!!

よし、これを実行するぞ!となった時の

だっちゃのメンバーのアイディアの豊富さや、仕事の素早さがすごくて、

こういう瞬発力のある仲間と一緒にいろいろできたことは、本当に幸せな時間でした。

0309nayuki.JPG

 

そして、今日のゲストはジャズスポット MONDO BONGOの「ちゅうさん」こと

河野隆一郎さんとKABOの遠藤幸子さん。仙台ジャズを長年見つめてきたレジェンドたちです。

河野さんも遠藤さんも、仙台のジャズミュージシャンの父と母のような方、

一言一言が味わいがあり、選曲も超絶すごかったです。

コロナ禍という暴風にさらされながら、したたかに音楽の日を守り続けているお二人、

まさに仙台ジャズの底力というか覚悟の力を感じることができました。

ありがとうございました。

【お届けした曲】

①Oh Lord Don’t Let Them Drop That Atomic Bomb on Me/Charles Mingus

②Criminal Brothers/久米雅之

③When the meadow was bloomin'/赤坂由香利

0309tyusan.JPG

 

それから「おらほの地名」、最終回は岩手県北上市の「岩崎新田(いわさきしんでん)」でした。

江戸時代、仙台藩と南部藩の境界だった地で、土地がやせていたことなどから

新田開発がうまくいかず、約270年荒地となって時間が過ぎたようです。

そこを、昭和初期に改めて開発。10 戸の人たちの共同生活・共同作業からスタートして

現在は100戸ほどの人たちが暮らしているとのことでした。

地名の由来は、旧岩崎村のエリアであったことから、岩崎新田と呼ばれたようです。

太宰さんの解説、とても勉強になりました。ありがとうございました!

 

思った以上にいろんなとこで聴いていらっしゃる方に出会い(特に私の住んでいる地域)

ファンがたくさんいた「ゴジだっちゃ!」

曜日ごとに違うパーソナリティーで、いろんなジャンルを網羅して

面白い番組だったよな~~と私も出演者でありながら、番組のファンでした。

それすべてに話が通じる杉尾さんがすごいよなあ~~~と感心してしまいます!!

 

今日は、たくさんのメッセージを下さりありがとうございました。全部目を通しました。

言葉にならないほど、感激して、そして前に進むための勇気になりました。

番組は終わってしまいますが、

この後に続く番組もきっと、地域に人にFitしたラジオであり続けるだろうと思います。

 

どうぞこれからも、NHKラジオを応援よろしくおねがいします。

そして、もし名前を見かけたら、ぜひ生のライブに名雪を聞きにしてくださいね!

 

今まで聞いていただき、本当にありがとうございました!!

 

※明日は、大学生防災士、安藤歩美さんへのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:03 | 固定リンク


2022年03月08日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月8日(火)

火曜日担当の星川幸です。

ラスト火曜日、ありがとうございました!

リスナーの皆さんからの心のこもったメッセージ、

正直、涙をこらえながら聴いておりました。

番組で紹介できなかったものも全て読ませていただきました。

本当にありがとうございます。

4月からは東京ラジオセンターで、

今より12時間早い!早朝5時からの「マイあさ!」を隔週で担当いたします。

これからもよろしくお願いします!

 

きょうは「短歌の時間」も最終回でした。

選者の金澤孝一さんには、番組開始当初からレギュラーとして、

川柳短歌大会の選者として、10年間お世話になりました。

最後に、岩手県陸前高田市ご出身の金澤先生が、

11度目の3月11日に寄せて詠んだ2首をご紹介しました。

 

「十一年目」を問われて応うる和やかさ深奥みせざる里人われら

十一年の時の作りし高き壁「馴染めふる里」、「馴染まんふる里」

 

毎回、入選歌1首1首に対して丁寧に講評を考えてくださり、

優しく語りかけてくださった金澤先生。

時には私たちスタッフを気遣って、

かわいいお花をくださったり差し入れをくださったり‥

先生の優しさに支えられ、続けてくることができました。

心から感謝を申し上げます。

0308kanazawa.JPG

 

東北大学災害科学国際研究所・准教授の佐藤翔輔さんに出題していただく、

「防災クイズ“備えっぺ”」も今日で最終回。これまで30問に挑戦してきました!

きょうの問題はこちらです。

 

問)大きな地震が起きてしまいました。長い時間、建物の柱に足が挟まれている人がいます。

  適切な行動は、次のうちどれでしょうか?

   A 近くの人と力をあわせて柱をどかす

   B 励ましながら、消防などの救助を待つ

   C 挟まれている足をさすってあげる

 

正解はBです。

長時間、足や腕などが重い物の下敷きになっていると体内に毒素が発生し、

解放されることで一気にそれが体内をめぐり、心臓停止などを起こすことがあります。

クラッシュ症候群と呼ばれます。

もし長い時間、下敷きになっているような人がいたら気を付けて行動してください。

 

クイズを通して防災に関する知識を再確認するこのコーナー。

災害から時間が経つとつい忘れてしまったり、

「自分は大丈夫だろう」と思い込んでしまうこともあります。

日ごろから防災知識に触れることが大切だと改めて感じました。

これからも一緒に勉強していきましょう!

 

ゴジだっちゃ!も残り3回。

私はあさって木曜日も安藤歩美さんと一緒に出演します。

お聴き逃しなく!

 

※明日は、太宰幸子さん、名雪祥代さんへのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:18 | 固定リンク


2022年03月07日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月7日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

ゴジだっちゃ!ついに、ラストウィーク…!!!

最後の月曜日が来てしまいました。

春は出会いと別れの季節。

先週の放送を聴きながら、旅立ちに向かうソワソワとした寂しさが胸いっぱいに広がっておりました。

きっと、皆さんも同じような気持ちだったかもしれませんね。

たくさんのメッセージ、ありがとうございました…!!

番組の皆さん、そしてリスナーの皆さん、杉尾さん、

たくさんの方に支えられていることを実感しました。

0307kikuchi.JPG

 

実は、舞台の本番のために、一か月ほど杉尾さんの故郷、宮崎に滞在しておりました。

昨日千秋楽を終え、今日の昼過ぎに宮城へと帰ってきたのですが、少し春の気配が近づいていました。

宮崎では行く先々で杉尾さんにゆかりある方々と出会い(!)

やはり、なにか大きな見えない力で、ゴジだっちゃ!に導かれているのだなあ…と、

思わずにはいられませんでした。

 

番組リスナーから、ゲストとして呼んでいただき、

その数年後にまさか、パーソナリティを務めさせていただくことになるなんて。

ゴジだっちゃ!のおかげで、毎回、素晴らしい出会いや東北の新しい一面を知ることができました。

感謝でいっぱいです。

 

今日は、「佳南の夕暮れ劇場」拡大版ということで…

念願の、杉尾さんとの朗読をさせていただきました!

仙台学vol.11(2011年4月 荒蝦夷 刊)より

『戸惑う者たちよ、語るべきその日を待て』黒木あるじさん著

 

思えば杉尾さんとの出会いも、私のライフワークでもある「あの日からのみちのく怪談」の朗読でした。

その源流が、まさしく書かれている作品。

あの日を、ここにないものに思いを馳せることが、

私たち誰もが“語り部”としてできることかもしれないと、強く思います。

 

そして今日は、私の親友であり、劇団の同期であり、

いま注目の劇作家・演出家、大池容子さんに電話ゲストで登場してもらいました!

 

劇団、うさぎストライプ主宰として演劇界での活動のみならず、NHKよるドラ「伝説のお母さん」、

特集ドラマ「いないかもしれない」など、ドラマの脚本も近年、多く手掛けています。

3月19日(土)NHK総合よる9時~10時13分

大池容子さん脚本の土曜ドラマ「エンディングカット」が放送されます!

私も出演しております!是非ごらんください♪

 

演劇やドラマや、私たちのこれからを、あれこれと語り合いました。

ひそかな私たちの目標は、NHK朝ドラの脚本担当と、おかえりモネに続き朝ドラ出演です。

ふふふ、頑張ります。

 

今後とも、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いします!

改めて、皆さんと月曜の午後5時のひととき、一緒に過ごせて幸せでした。

ゴジだっちゃ!

大好きです!!

最後までどうぞお楽しみください!!

 

※明日は、金澤孝一さん、星川幸さんへのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:18 | 固定リンク


2022年03月04日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月4日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

ゴジだっちゃ!最終回が近づいてまいりました。

出演者としてもリスナーとしても、さみしい限りですが

最後まで、みなさんとよい夕方をご一緒できますように!

 

だっちゃ通信は、エフエムいわぬまから仙台空港のピアノ「ローラ」の話題。

西城秀樹さんの「傷だらけのローラ」にちなんで名付けられたそうです。

旅をすることがなくなって、仙台空港へ行く機会もなくなりましたが

また旅ができるようになったとき、ピアノに会うことができるでしょうか。

 

菅原宏之さんの「音の日記帳」は今日が最終回。

菅原さんの選ぶベスト5を紹介しました。どれも思い出深い、すばらしい音です。

そして菅原さんご本人にも電話でお話をうかがいました。

リスナーのみなさんからの菅原さんへのメッセージに、私もうなずくばかり。

「音の日記帳全集」ほしい!深夜便版 音の日記帳が聞きたい!

 

「この人、研究中につき」最後のゲストは、

東北大学未来科学技術共同研究センターの福原幹夫さん。再登場です。

前に番組で紹介したセルロースナノファイバーを使った蓄電研究と

その後の研究の成果についてうかがいました。

0304fukuhara.JPG

 

杉尾さんから「ノーベル賞を受賞するのではと思うくらいすごいひと」

と聞いていたので、ちょっと緊張していたのですが

気さくにお話ししてくださって、とってもチャーミングな方でした。

 

たまたま車に乗っていてラジオをつけたら、ゴジだっちゃ!で

セルロースナノファイバーについての話をしていて

「これだ!」とひらめいたそうです。運命って不思議ですね。

福原先生の研究が、私たちの生活と地球環境に

よい変化をもたらしてくれることを心の底から祈っています。

 

ではではまた来週、ゴジだっちゃ!最後の1週間

どうぞよろしくおねがいいたします。

私も家でじっくりゆっくりたっぷり大事に聞きたいです。

 

※いよいよゴジだっちゃ!最終週となります。

 7日(月)は、菊池佳南さんへのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:43 | 固定リンク


2022年03月03日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月3日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

ゴジだっちゃ!、私の出演回も来週が最後となりました!

さみしくなりますが、番組宛のメッセージなどありがとうございます。

 

今日はジャーナリスト高成田享さんの「月刊 井戸端ジャーナル」最終回。

戦争やコロナと不安の多い社会情勢について語っていただきました。

 0303takanarita.png

ロシアのウクライナ侵攻については「ロシアの孤立が深まっている。

経済制裁も高まり、経済をじわじわ締め付けることになる」とコメント。

他国から仲裁役が出てくることや、国内の反戦運動の高まりなどが

事態を動かす力になるかもしれない、と語っていただきました。

 

新型コロナウイルスについては、検査や医療体制の課題、

ワクチン接種の遅れなどがこの2年改善されてきていないとして

「国としての危機管理能力に欠けているのでは」と指摘されました。

 

震災からまもなく11年。高成田さんは「被災した現場を訪れ、

たくさんの人がその現場から考えることが大事」と話します。

あれから浮き彫りになった日本のさまざまな課題をきちんと検証し、

教訓として生かすことができてきただろうか?と自分自身を省み、

考えるべきことは山積みだと改めて感じました。

高成田さん、これまで国際情勢や国内の社会課題について

多角的な考察や視点をいただき本当にありがとうございました!

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の八島尚輝さんでした。

今週は「春の火災予防運動」が行われているということで、

家庭の住宅用火災報知器を点検しておくこと、

消火器の使い方を把握しておくことの必要性を伝えてくれました。

消防士志望の八島さん、ばっちり伝えて下さりありがとうございました!

 

【曲】seeker/Novelbright

 

※明日は、「夢の技術」についてや“音の日記帳”菅原宏之さんへのメッセージをお待ちしています

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:48 | 固定リンク


2022年03月01日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和4年3月1日(火)

火曜日担当の星川幸です。

きょうから3月!あっという間ですね。

気温も上がり少しずつ春が近づいてきているのを感じます。

だっちゃ通信員の太田さん(宮城県蔵王町)によると、

「東北の山はまもなく山スキーの季節!これからが楽しいですよ~!」とのことでした。

コロナの心配がなく、世界も平和な良い春になりますように!

 

川柳作家の雫石隆子さんとともにお伝えしている「川柳の時間」。

雫石先生にはゴジだっちゃ!だけでなく、

20年以上に渡ってNHK仙台放送局のテレビ・ラジオ番組にご協力いただきました。

 

最後にご紹介いただいた雫石先生の作品です。

「たっぷりの汗を一子へ相伝す」

「万物流転 風がささやく」

私が語るのはおこがましいですが、

たった17音で「無限の広がり」を感じさせる先生の作品に触れ、

言葉の持つチカラを改めて教えていただきました。

 

そして、きょうは「川柳の時間」最終回ということで、雫石先生にサプライズ!

ゴジだっちゃ!初代パーソナリティ・高野志津さんに電話をつなぎました!

現在、フランス・パリ在住の高野さん。

これまでも度々パリの様子を現地から伝えてくださいました。

電話越しでしたがお2人の再会に立ち会うことができ、

こちらまで胸が熱くなりました。

ゴジだっちゃ!の土台を築いてくださったお2人に心から感謝致します。

 0301shizukuishi.JPG

 

そして、相馬さんも駆けつけました!

0301soma.JPG

 

※明日は「ドナルド・平原さん、ゴジだっちゃ!へのメッセージ」をお待ちしています

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:54 | 固定リンク


2022年02月28日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和4年2月28日(月)

星川幸です。

きょうは菊池さんが演劇のお仕事でお休みのため、私が担当しました。

‥が!そんな菊池さん、実は杉尾さんの故郷・宮崎でお仕事ということで、

なんと杉尾さんのご実家にいるとメッセージが届きました!!

離れていてもだっちゃファミリー!つながっていますね~!

かなり意外なつながり方ですが(笑)

 

放送で発表した通り、今年度でゴジだっちゃ!は最終回を迎えます。

来週3月11日(金)まで、

いつものゴジだっちゃ!らしく元気にお伝えしていきます。

どうぞ、お付き合いくださいね。

 

ということで‥

宮城県石巻市出身の気象予報士・吉田晴香さんの「晴香の方言天気」も今日で最終回でした。

気温が上がり春めいてきたものの、コロコロと変わりやすい天気が続きそうです。

寒暖差も大きいので体調管理に気を付けて!とのことでした。

役立つ気象情報を届けてくれるだけでなく、心もほっこりさせてくれる方言天気。

私も大好きなコーナーでした。

実は、吉田さんが仙台放送局でリポーターをしていた頃から仲良くしてもらっているのですが、

放送でご一緒するのはきょうが初めて!

個人的にすごくうれしかったです!

これからも晴香ちゃんの分かりやすく、愛のある気象情報に期待しています!

 

仙台の出版社代表の土方正志さんに

おすすめの本をご紹介いただく「みちのく本のほそ道」。

ご紹介いただいたのは、こちらの作品です。

 0228books.jpg

1)逢える日まで 3.11遺族行方不明者家族10年の思い/河北新報社編集局・金菱清/新曜社

2)最期の声 ドキュメント災害関連死/山川徹/角川書店

3)『防災アプリ 特務機関NERV』/川口穣/平凡社

4)そこにすべてがあった バッファロー・クリーク洪水と集合的 トラウマの社会学/カイ・T・エリクソン/夕書房

5)骨を引き上げろ/ジェスミン・ウォード/作品社

 

以前番組にご出演いただいたこともあるジャーナリスト・山川徹さんの新刊は、

災害関連死をテーマに全国のご遺族などに取材したノンフィクションです。

日本の被災者支援がどのように行われてきたのか、

そしてこれからどんなことが必要になるかを考えることきっかけになる「参考書」としても

読むことができるとのことです。

 

 0228hijikata.JPG

 

土方さんには2015年からレギュラーとして番組に加わっていただき、

たくさんの本(200冊以上!※スタッフ調べ)をご紹介いただきました。

本当にお世話になりました!

私は、土方さんが編集者仲間と年末に発表される

「仙台オヤジ編集者3人衆おすすめベストテン」を毎年とても楽しみにしています。

このベストテン、本当にハズレなしです!

土方さんのランキングをきっかけに読んだ本が、

私のベストワンになることもありましたし、

きょうのリスナーさんからのメッセージにもあった通り、

自分ではいつもは手に取らないジャンルや作品にもたくさん出会えて、

心がワクワクする読書体験ができました!

本の伝道師・土方さん、これからもよろしくお願いします!

 

※明日のメッセージテーマは「雫石隆子さん・ゴジだっちゃ!へのメッセージ」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:31 | 固定リンク


2022年02月24日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和4年2月24日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

国会中継の関係で少し番組の始まりが遅くなってしまいましたが、

本日も聴いて下さりありがとうございました!

 

今日は「3.11オモイデアーカイブ」代表の

佐藤正実さんにゲストにお越しいただきました。

 0224sato.JPG

正実さんたちは震災直後に市民から宮城県内各地の写真を集め、

市民による写真記録誌「3.11キヲクノキロク」を刊行しました。

そして震災から10年が経った2021年、

当時撮影された場所と同じ地点を探して「定点撮影」をした

「3.11キヲクノキロク、そしてイマ。2021」を発刊しました。

写真からは、この10年の風景の移り変わりがよくわかります。

 

定点撮影の活動を続ける同団体のメンバー、

福地裕明さんにも電話でご出演いただきました。

震災直後に地下鉄が使えずバスに長蛇の列ができていた

泉中央駅で撮影した写真、そして10年後に撮影した

復旧した駅のようすなどを語っていただきました。

 

市民目線で撮影された日常の中での風景だからこそ、

冊子の写真を眺めていると自然と当時の記憶を思い出したり、

一緒に見ている人と会話が生まれたりします。

正実さんは「震災のことを伝えるすべがだんだんなくなってきている。

この冊子を、震災のことを語り合うきっかけに使ってもらえたら」と話して下さいました。

仙台市内の書店や風の時編集部のオンラインショップから購入できるそうです。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の佐藤宏要さんでした。

まだまだ寒い日が続く中、気をつけたい路面凍結。

アイスバーンが発生しやすい場所を把握しておくことや、

急ハンドル急ブレーキをしない、チェーンを装着するなど

気をつけるべきポイントを伝えてくれました。

 

※明日のメッセージテーマは「まちで見かけた有名人」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:34 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2022年03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top