2020年04月07日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月7日(火)

火曜日担当の星川幸です。

東京都などに緊急事態宣言が出されました。

宮城県内でもより気を引き締めて、

自分の、そして大切な人の健康を守るための行動をしましょう。

 

きょうはメッセージテーマも「緊急事態宣言」ということで、

皆さんからたくさんのご意見が届きました。

宮城県内はもちろん、茨城や島根、ツイッターからも・・。

今はどこにいても気が休まらないし、

辛抱しているのはみんな一緒なんだなと改めて思いました。

ラジオを通してお互いの気持ちを共有できること、本当にありがたいです。

引き続きメッセージをお待ちしています!

 

毎日マスク100%でお届けしているゴジだっちゃ!

今年度の新しいポスターができました!

0407poster.JPG

今回も金曜日担当のサトウジュンコさんのイラストと、

パーソナリティーの写真が入ったデザインです。

皆さん、何をモチーフにしているか分かりますか?(^^)

「5G(ゴジ)だっちゃ!」のロゴとSFっぽい雰囲気から考えてみてくださいね。

ホームページのトップにも載っていますので、ぜひご覧ください♪

 

【曲】

Paradise Has No Border-三味線Ver.-/上妻宏光

 

※明日のメッセージテーマは「みんなの小ネタ」です。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:34 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年04月07日 (火)

4月7日(火)放送「川柳の時間」

課題「明るい」

特選句

被災地に今年も灯る花明かり(仙台市青葉区 アキコさん)

 

入選句

明るさが点滅してる入学式(仙台市青葉区 黒田鐵男さん)

100Wみたいな妻と五十年(山形市 キョーシローさん)

明るいとだけ褒められる通知表(千葉市 松田少納言さん)

頂きが明るく光る朝の山(岐阜県大垣市 染乃助さん)

各界に笑顔を灯し志村けん(仙台市青葉区 とっちゃんさん)

無礼コロナパパは直帰でママ笑顔(千葉県市原市 サツマフジさん)

喜寿の子にシーラカンスの母元気(仙台市太白区 斉藤栄子さん)

訳ありの静けさに耐え春の街(自由吟)(岐阜市 かきくけ子さん)

総自粛みんな明るい明日のため(宮崎市 アカエタカさん)

ポケットに明るい話題一つ入れ(石巻市 新沼勝夫さん)

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:28 | カテゴリ:川柳の時間 過去の作品 | 固定リンク


2020年04月07日 (火)

だっちゃ通信<4月7日(火)>~美里町から~

だっちゃ通信は、美里町の早坂美名子さんでした。

4月から「スポーツ施設指定管理業務共同事業体」がスタートしたそうです。

別々に運営されていた美里町体育協会と、でんえん土田畑村を運営する民間企業という、

違う形態の組織が、固定概念にとらわれない共同事業体を目指して共同運営するとか。

11月の「ひとめぼれマラソン」では、県外からも多くのランナーが訪れるので、

宿泊施設とのコラボを考えていくそうです。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2020年04月06日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月6日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

私も、4月に出演予定だった公演が中止になりました。涙

桜が満開なのが、目にしみます…しかし、その姿に癒やされました。

悔しいやら何やら複雑な心境ですが、まず今は、それぞれの安全安心が第一。

早く安心してみんなが演劇を見られる日が来ることを、祈ってやみません。

こんな時こそ、明るく前向きに、いきましょう!

出来立てホヤホヤの「手洗いやっぺえ」、いかがだったでしょうか?

しばらくは「手洗いファースト」心がけましょう!!

 

今日のだっちゃ通信は、七ヶ宿くらし研究所の藤田洋一さんでした。

七ヶ宿町では、今朝雪が降ったとのこと!寒い!

咲き始めの桜と雪の競演は、美しかったでしょうね。

七ヶ宿町への定住についての冊子“七ヶ宿「ない」もの自慢!”についてお話を伺いました。

「ない」って、消極的なイメージが多いかもしれませんが、見方を変えれば、

「心配がない」「お金がかからない」「自然の豊かさがハンパじゃない」など、

素晴らしい特徴がいっぱい。特に子育て支援や家賃支援の充実さに、素直に驚きでした。

七ヶ宿での生活、楽しそうですね…憧れます!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、劇団短距離男道ミサイルさんの無観客上演についてお知らせしました。

彼らの作風、エネルギー、とても元気がでるので私は大好きです。

ご興味を持って下さったらぜひ、ライブ配信で、ご自宅にいながら演劇鑑賞はいかがでしょうか。

 

そして、私が所属する劇団、青年団主宰であり劇作家・演出家の

平田オリザさんにお電話でお話を伺いました。

大学生のオリザさんと杉尾アナ、まさかウン十年に出会っていたなんて!!笑

オリザさんに現在の演劇界と日本の文化についてお話を伺う中、

「東北には国立の文化施設がない」ということに気づかされハッとしました。

0406ebara.JPG

これは劇団青年団の兵庫県豊岡市にできた新しい劇場・江原河畔劇場です。

地域から演劇を発信することで、地域の文化の拠点となることを目指しています。

オリザさんの言う通り、演劇界がもろに打撃を受けてしまっている現在ですが、

文化芸術が私たちの生活において大切な役割を担うことを、今回のコロナ禍で改めて、

考えるきっかけになればと思います。

東北に、これをきっかけに素晴らしい文化施設が生まれたら。。。

私たち演劇人の大きな夢がまた一つ、芽生える気がします。

 

今日のメッセージテーマだった「忘れられないセリフ」、お届けできなかったことが残念でした!

リスナーの皆さんの忘れられないセリフ、すごく興味がありました…!

またの機会に、ぜひリベンジ希望です!

 

※明日のメッセージテーマは「緊急事態宣言」です。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年04月06日 (月)

だっちゃ通信<4月6日(月)>~七ヶ宿町から~

だっちゃ通信は、七ヶ宿町の藤田洋一さんでした。

七ヶ宿町が定住についての冊子『七ヶ宿「ない」もの自慢!』を作りました。

キーワードは7つの「ない」。。。

「何もないけど不便もない」「冬だって退屈しない」「子育てに心配がない」

「教育環境に不安がない」「マイカー通勤に損がない」「住居にお金がかからない」

「自然の豊かさハンパじゃない」

この「ない」なら、移住してみたくなりませんか?

気になった方は、冊子を見てみてくださいね。

詳しくは、七ヶ宿町ふるさと振興課(TEL0224-37-2194)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:12 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2020年04月03日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月3日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

今日も錦町公園の桜はとてもきれいでした。

桜以外にもいろんな木々が芽吹いているのも、とてもきれい。

短い時間ですが、ほっと一息つくことのできる

いつもの通り道、貴重な散歩道です。

 

今日の「だっちゃ通信」はfmいずみから。

3月に20周年を迎えられました。おめでとうございます!

サンドウィッチマンのラジオ番組は、初の冠番組にして

最も長いレギュラー番組だそう。すごい…!

「fmいずみ出身のサンドウィッチマン」と紹介したいくらい。

 

そして、今日午後に行われた知事・市長・医師会長の記者会見の

音声をお届けしました。

先日ゴジだっちゃ!で紹介したABC

・A:あたりまえのことを

・B:ばかにしないで

・C:ちゃんとやる

を徹底しましょうね。私もちゃんとします。

 

今日は「音の日記帳」1周年記念スペシャルということで

ゲストはサウンドデザイナーの菅原宏之さん。

0403sugawara.JPG

いままでの「音の日記帳」を振り返りながら、

フィールドレコーディングについて詳しくうかがいました。

ゴジだっちゃ!では初公開の北海道で録音した音源もありました。

音を聞くと、その時の風景を思い浮かべられるのがいいと話す菅原さん。

小さい頃に、ゲームの音を録音したものを寝る前に聞いて

ゲームを頭の中で再現していたというお話と重なって

好きなもの、自分にとって心地よいものがずっと続いているんだなぁと

うらやましくなりました。

カセットテ-プやオープンリールでも録音をしているとのこと。

いつか「音の日記帳」でも聞けるかもしれません。

リスナーの方からの「海の音が聞きたい」とのリクエストにも

近いうちに応えてもらえるかも。

みなさんもリクエストがあれば、ぜひぜひ!

 

週末はご自宅で過ごされる方が多いかと思います。

私はずっとやってみたかった刺しゅうに挑戦しようかと思いまして

刺しゅう糸と本は用意してあるのですが、できるかな…。

わが家の居酒屋自宅とバー台所は営業を続けます。

看板メニューは笹かま・魚肉ソーセージ・チーズです。

(お皿にのせるだけですみません。と言っても顧客は家族のみですが…)

 

大変な春になってしまいましたが、よい時間もたくさんありますように。

制限がある中でも、日々の生活を楽しみたいですね。

生活を楽しむ工夫もまた楽しめるといいなぁと思います。

体に気を付けて、よい週末をお過ごしください。

また来週、元気にお会いしましょう!

 

 ※明日のメッセージテーマは「忘れられないセリフ」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年04月03日 (金)

だっちゃ通信<4月3日(金)>~fmいずみから~

だっちゃ通信は、fmいずみのさとうまおさんでした。

今年の3月で開局20周年を迎えたfmいずみ。

あらためて歴史や番組について、教えていただきました。

2000年3月10日に、仙台市内で3番目に開局したコミュニティーFMです。

地域のボランティアの協力で番組を制作したり、中学校の職場体験を受け入れたり、

七北田小学校5年生による特別番組を放送したりと、地域密着で制作しているそうです。

おススメの番組は、「サンドウィッチマンのラジオやらせろ」。

地元泉区出身のサンドウィッチマンが無名時代から放送している番組です。

初の冠番組で最も長いレギュラー。お2人の原点はfmいずみなんですね。

そして、ベガルタ仙台の応援番組「ベガパラ」も注目とのこと。

さとうさんは「趣味をより深く追求できる場」と話しています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:25 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2020年04月02日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月2日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日も「マスク100%」ゴジだっちゃ!でお送りしました。

 

今日は「妖怪とコンテンツ・ツーリズム」について、

東北大学大学院国際文化研究科の妙木忍准教授に伺いました!

0402myoki.JPG 

岩手県遠野市の「かっぱ淵」や鳥取県境港市の「水木しげるロード」など、

妖怪が全国各地でどのように観光資源となっているかを調べた妙木先生。

妖怪をコンテンツとして町おこしに生かす

全国のユニークな事例を紹介してくれました。

全国各地で伝わる「妖怪」のお話は、地域の教訓を伝えたり

深い悲しみを癒やしたりするものとして語り継がれてきたのではないか。

そんな妙木先生のお話が印象深く、東北に住む者として

東北の「妖怪」をもっと知り身近に感じたいな、と思いました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の角田かりんさんでした。

新型コロナウイルスの影響で大学では入学式が中止になり、

新学期の始まりも延期。授業の形式も変わるそうです。

新年度からはTeam防災士の副代表を務めるという角田さん。

「防災に関して、より実践を交えた取り組みも始めたい」

と意気込みを語ってくれました。応援しています!

 

【曲】

みろよ!この目を(妖怪伝 猫目小僧より)/堀江美都子

 

※明日のメッセージテーマは「『音の日記帳』を聴いて」です。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:33 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2020年04月02日 (木)

だっちゃ通信<4月2日(木)>~色麻町から~

だっちゃ通信は、色麻町の菅原一杉さんです。今日が初登場!

菅原さんはまちづくりに取り組む「NPO法人ルネッサンスファクトリー」を主宰しています。

色麻町と都会を結び、関係人口を増やして、町を好きになってもらおうと

さまざまな活動をしています。

今は、新型コロナウィルスの影響で開催できていませんが、

「酒屋の推し酒飲まナイト」「Live Bar かっぱ笑会」といった定期イベントも企画。

早くイベントで盛り上げれる環境になってほしいですね。

詳しくは、ルネッサンスファクトリーのホームページかFacebookで検索して下さい。

 

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:16 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2020年04月01日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和2年4月1日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日からいよいよ4月ですね~~!

 

外は曇り空でしたが

NHKのお隣、錦町公園には

見事な桜が!(仙台でもここはめちゃ開花が早い)

 0401sakura.jpg

世の中が暗いニュース、重苦しい気持ちでいっぱいになりますが

こうゆう景色をみると

やはりホッとします。

 

ゴジだっちゃ!のポスターも

なんと元気のでるポスターに仕上がったことでしょう!

金曜担当の佐藤じゅんこさんの絵がまたよいのです。

聞いてくださっている方々に寄り添う番組でありたいなと

思います。

今日は「月刊 井戸端ジャーナル」で、ジャーナリストの高成田享さんや

東北大学災害科学国際研究所の児玉栄一先生のお話を伺い、

新型コロナウイルスにどう対応していったらよいか

いろいろお話を伺いました。

高成田さんは東京の様子のリアルな状況を、

児玉先生はお忙しい中、ABCについて教えてくださいました。

A 当たり前に

B ばかにしないで

C ちゃんとやる(手洗い、マスク、3密をさけるなど)

長期化するほど気持ちをを引き締めていきつつ

とにかく、気持ちだけはふさぎ込まないように

そして、できる限りの対応を怠らずに

日々大事に過ごしていきましょうね~と

心に誓う名雪でした。

  

「おらほの地名」は、登米市の「狼の欠(おいのかけ)」でした。

ここは伊豆沼と長沼の間にある丘陵地で、崖崩れを防ぐように

広範囲にわたって、擁壁がめぐらされています。

「カケ」は崖のことを表していることから、

「狼が住むような丘陵地で、崖があるところ」と解くことができるそうです。

 

 ※明日のメッセージテーマは「おらほの妖怪」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:02 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2020年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top