2021年10月18日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月18日(月)

月曜日担当の菊池佳南です。

最近、所属する劇団の舞台でしばらく仙台を離れていたのですが…

帰ってきたら、なんと…いぎなりさみぃごだ~!!

蔵王も初冠雪を観測したそうですね。今年は季節の足取りが、なんだか駆け足な気がします。

秋さん、よろしければもっとのんびりしていってくださ~い。

 

今日のメッセージテーマは、“石巻”でした。

実は私も個人的に、石巻は第二の故郷とも言える、大事なまちです。

演劇を通じて、様々な人との出会いと、楽しい時間をつないでくれた場所だからです。

そのきっかけの一つが、今年で第5回の「いしのまき演劇祭」です。

 

今日のゲストは「いしのまきの演劇を考える会」副代表の町屋知子さんと、

広報担当で俳優の芝原弘さんをお迎えし、今年の「いしのまき演劇祭」についてお聞きしました!

1018machiya.JPG

「いしのまきの演劇を考える会」とは、演劇祭の主催団体ですが、

演劇祭に限らず幅広く演劇を通して石巻のまちと市民の方々に寄与していくことを目指す団体です。

石巻では最近、街中で新しいカルチャーシーンが若者中心に起こり、

まちの人たちを巻き込んでいる印象があります。

 

町屋さんは、青森県から進学のため石巻に移り住み、在学中に震災がありました。

その後、石巻で就職し演劇活動を続けています。

「震災後、いろんな場所から新しい人が新しい文化を持ってきて、石巻がカラフルになった。」

と言っていたのが、印象的でした。

震災後、景色の色が「なくなった」という言葉をよく耳にしますが、

逆にカラフルなった石巻の、力強さを感じます。

 

去年1年おやすみして、今年は5回目を迎える演劇祭。

ご紹介くださったラインナップはどれも、魅力的でした!!

11月は毎週末、まちのどこかで演劇が観られます。

コロナ禍においても、さまざまな工夫をしながら、文化の力で街を明るくしていこうと頑張っている

「いしのまきの演劇を考える会」のみなさん。

演劇が石巻の元気の一助になれば、とっても嬉しいです!

 

「佳南の夕暮れ劇場」は、栗原市一迫にあるアートスペース、風の沢ギャラリーと

そこで行われる演劇公演「青は何色だ」のご紹介でした。

古民家と里山、こころのふるさとのような景色がまるごとアート空間になっている風の沢ギャラリー。

今年最後のイベントは、栗原市を中心に活躍する「劇団三カ年計画」による公演です。

震災から10年、人によって、物事の見え方も時間の進み方も、違っているように、

青という色から連想する、海や空やブルーシートは、それぞれどんな風に見えるでしょうか。

一人ひとりにとって、静かに思いを馳せる作品になりそうです。

 

芸術の秋、アートの秋、演劇の秋!

冬が来る前に是非、めいっぱい楽しみたいです~♪

 

【曲】感度良好グッチューニン!/遠藤正明

 

※明日のメッセージテーマは「寒いですね」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:46 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月18日 (月)

だっちゃ通信<10月18日(月)>~宮城県美里町から~

だっちゃ通信は、宮城県美里町の早坂美名子さんでした。

今日は早坂さんが気になった方を紹介してくださいました。

その人は、写真家の寺岸宏一さん。

国内外で活躍する方で、現在は仙台に拠点があります。

寺岸さんは友人の付き合いで美里町を訪れましたが、自分も居場所にしたいと思うようになり、

4年間空き家だった古民家を見つけ、移住することを決めたそうです。

すでに家のリフォームを始めているそうで、

早坂さんもどんな場所になるのか、楽しみだと話していました。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:24 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月15日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月15日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

日中は暖かいけれど、帰りはきっと寒いのだろうなぁ

と用心して、薄手のコートを着て出勤しました。

明日はもっと寒いようで、何を着たらいいのか毎日迷ってしまいますね。

わが家は寒がり族のため、先日、ウールの靴下開きと腹巻開きを済ませました。

きっともうすぐ鍋開き。

 

今日の<だっちゃ通信>は、仙台市のラジオ3から「若林区民オンラインまつり」について。

毎度お相撲の話で恐縮ですが、仙台が誇る名横綱・谷風の誕生秘話「谷風のべこ石」が

大変おもしろかったので、ぜひぜひご覧ください。

「回文うちわ」もずっと興味があったので、家に帰って紙芝居の映像を見るのが楽しみです。

オンラインになってしまったさみしさもあるけれど

こうして地域を知る機会を与えてもらえることは、とてもありがたいことです。

 

<音の日記帳>は、宮城県利府町の陶芸の音。

火の音、水の音、土の音、いろんな音がありました。

陶器の温度が下がっていくうちに、少しずつ音階が下がっていくのが

不思議でおもしろく、気持ちのよい音でした。

いまごろ菅原さんはこの器で食事を楽しんでいるのでしょうか。

 

そして、インタビューのゲストは「PLAY ART!せんだい」の大河原芙由子さん(写真左)と

10月24日(日)に行われる公演「炎 HONO」に出演する

梅室邦夫さん(写真中央)と刈谷彰子さん(写真右)。

1015hono.JPG

スコットランドと仙台に暮らす50歳以上の公募で集まった参加者と

ワークショップを重ねて、創作されるマルチメディア・ライブ・パフォーマンス。

参加者の人生や生活の断片から作品が作られていく、というのがとても興味深く

ちょっとどきどきもします。

梅室さんも刈谷さんも、本当に楽しんで心地よく作品作りに参加していて

当日の出演をとても楽しみにしているのが、言葉からも表情からも伝わってきました。

私もこんなふうに年を重ねていきたいなぁ、と思います。

年齢を重ねたからこそのよさ、私も得られるといいなぁ。

大河原さんも梅室さんも刈谷さんも、聞いてくださっていた出演者のみなさんも

当日も心地よく楽しみまくってください~!

もちろん観客のみなさんも!

 

今日のメッセージテーマは「炎 HONO」にちなんで、<スコットランド>。

ウィスキーが飲みたくなっちゃいますね。うふふ。

呑兵衛ですみません。

よい夜、よい週末を!

 

【曲】

Someone You Loved/ルイス・キャパルディ 

 

※18日(月)のメッセージテーマは「(宮城県)石巻」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:49 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月15日 (金)

だっちゃ通信<10月15日(金)>~ラジオ3から~

だっちゃ通信は、仙台市中心部をエリアとするラジオ3の青木朋子さんでした。

今月いっぱいオンラインで楽しめる「2021若林区民オンラインまつり」を紹介しました。

公式サイトを開くと、若林区内のお店のPRや団体の活動を動画で紹介するコーナー、

「ステージ」と題して、ダンスや合唱などのパフォーマンス動画などを見ることができます。

「スペシャル動画」では、高速道路で働く車を360度カメラで見ることができたり、

仙台市地下鉄探検ツアーを楽しめる動画、交通安全について学べる動画などを見ることもできます。

10月17日(日)には、オンラインステージ動画のパブリックビューイングを

若林区文化センターホールで行います。繰り返しの上映で、上映中の入退場もできますので、

気軽に出かけてみてください。

また区内の店や施設10カ所を巡るスタンプラリーも実施していて、

スタンプ数に応じた景品あります。景品は先着順で限定数の提供です。お早めに。

詳しくは、「若林区民オンラインまつり」で検索を。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:26 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月14日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月14日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

雨が続いていたので、今日は秋晴れで気持ちのいい日でした~

 

そんな本日は、仙台医療センターウイルスセンター長の

西村秀一さんに新型コロナウイルスに関する疑問を伺いました。

 1014nishimura.JPG

宮城県内では新規感染者数がゼロの日もあり、

全国的にも感染者数が急速に減ってきました。

西村さんはその原因ついて、小さな要因が複合的に

掛け合わさった結果もしれない、とした上で、

「メリハリのある感染対策」の必要をお話してくれました。

 

例えば感染者数が少ない現在の県内では

屋外で人とすれ違う程度では感染リスクは

低いと考えられるため、状況に応じてマスクを

外してもいいのではないかということ。

逆に、屋内で会話するなど感染リスクが高い場面は

しっかりと不織布マスクを顔に密着させて付け、

自分を守る意識を持つことが大事だと話して下さいました。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の稲野邊翔さんでした。

10月も災害に対する油断は禁物!ということで、

窓や雨戸、飛ばされやすい物を確認し片づけること。

備蓄品を点検し、これからの季節は非常用持ち出し袋に

防寒用品などを加えることなどの必要性を伝えてくれました。

 

【曲】

誰が為/山崎育三郎

 

※明日のメッセージテーマは「スコットランド」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:19 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月14日 (木)

だっちゃ通信<10月14日(木)>~宮城県柴田町から~

だっちゃ通信は、宮城県柴田町の岡山卓矢さんでした。

町にある県指定文化財 「富沢磨崖仏群」 を紹介してくださいました。

JR槻木駅から北に直線で約3km、富沢の岩崎山の先端部、

凝灰岩の岩肌に仏像や先祖供養の碑が彫り出されています。

しかし、おととしの台風19号で被害を受け、覆い堂が大きく破損したため修復中。

破損は残念なことでしたが、修復作業でわかったこともあったそうです。

この修復中の現場が見られる貴重な機会が、11月6日(土)にあります。

無料でどなたでも参加OKです。

詳しくは、しばたの郷土館(TEL0224-55-0707)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:14 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月13日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月13日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

ずっと気になっていた民族音楽と日本の民謡などを

自分たちなりのアレンジで演奏する

「ソニド・デル・ビエント」

 1013sonido.JPG

アレンジ、作曲、キーボードはお母さまのさとみさん(写真左)。

唄とティンホイッスル、ケーナが娘さんのMarinさん(写真中)。

私、名雪もソプラノサックスでジョイントさせていただきました。 

同じスタジオで収録したのですが

スタジオ内が、響きあるような不思議な世界で

感動に心が震えました!

 

Marinさんの歌声は耳で聞いてるのに

耳でだけ聞いているのではないような

そんな不思議な感覚を覚えました。

 

一度は活動休止しようとしていたのに、

震災を機に、避難所でボランティア公演を繰り返すうちに

地域の民謡の力を実感し、突き動かされるようにまた、活動し始めたそうです。

地域地域の民謡を歌うようになると、次々とご縁が広がり、

全国にいろいろな広がりができたそう。

やはり人の縁って、不思議ですね。

ああ~~

ソニドへの愛、当分収まりそうもありません~~~!!

 

「おらほの地名」は、福島県いわき市の「吹ケ」でした。

フケの地名は深田とか沼沢地を意味し、もともとは後背湿地だった地質を表しています。

衣類や布などが張りがなくなり、もろくなってしまった様子を「フケル」と言いますが、

田んぼとして開墾した、先人たちの苦労がうかがえる地名です。

  

【曲】

豊年節 with 民謡クルセイダーズ/元ちとせ

スカボロー・フェア/ソニド・デル・ビエント&名雪祥代

みちのく/ソニド・デル・ビエント

 

※明日のメッセージテーマは「西村先生に聞きたいこと」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:09 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月13日 (水)

だっちゃ通信<10月13日(水)>~山形県上山市から~

だっちゃ通信は、山形県上山市の山川喜市さんでした。

経営する山川牧場にはテーマ曲があります。「ベゴにげだ」「べごにげだ音頭」です。

1995年に上山市出身のシンガーソングライター・ゆき彦さんの

オリジナル曲「ベコにげた」に出会い、牧場のテーマ曲にしたいと申し出だそうです。

その後、97年に歌詞の一部を修正して「ベゴにげだ」が完成。

CD化し、地元の幼稚園・小中学校にも配布しました。

2005年には「べごにげだ音頭」も完成。

酪農体験などを通して、命の大切さを子どもたちに伝えている山川さん。

コロナ禍で減っていた体験学習や修学旅行で訪れる学校も増えてきているそうです。

楽しい音楽で賑わいや活気が戻るのを期待したいですね。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:10 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2021年10月12日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和3年10月12日(火)

火曜日担当の星川幸です。

冷たい雨の降る日でしたね。

仙台ではきのうとの気温差が10度以上もありました。

風邪ひかないようにしましょうね。

 

だっちゃ通信では、秋田県にかほ市の永田さんに、

旬のいちじくの話題をうかがいました。

新たに販売される「いちじくのバームクーヘン」もおいしそうでしたが、

去年つくられた「いちじくのビール」も気になりますね。

良い香りがしそうです!

 

と、いうことできょうのメッセージテーマは「いちじく」でした。

こちらは、にざえもんさんからいただいたお庭のいちじくの写真です。

 1012ichijiku.jpg

お母さまとの思い出のいちじくだそう。

庭に果物の木があるって羨ましいですね。

季節の変化も感じられるし、何よりおいしい実がとれるなんて!

いちじくなら、きょうのメッセージにもあったように

甘露煮やコンポート、ワイン煮など色々と楽しめそうです。

私は、以前お昼前のテレビ番組を担当していた時に、

仙台市中央卸売市場の方に作っていただいた「とろとろ焼き」が好きです。

いちじくを半分に切ってバターで焼き、甘いみそだれをかけたメニュー。

本当に、実がとろっとろで、最高でした!また食べたいなぁ。

きょうもたくさんのメッセージありがとうございました。

 

さて「防災クイズ“備えっぺ”」

東北大学災害科学国際研究所の佐藤翔輔さんに毎週出題していただいています。

 

【問】台風が近づいています。大雨特別警報が出るかもしれないという記者会見が

   ありました。そこで、早めに避難しようと思います。

   次の行動のうち、適切なものはどれでしょうか。

   A.市町村で指定されている避難場所に行く

   B.遠くにいる親戚・友人の家に行く

   C.ホテル・旅館に行く

 

佐藤さんの解説によると・・

適切かどうかは、人によって異なります。

まず、住まいや職場など、自分のいる場所は浸水しやすい場所か、土砂災害で危険な場所かを

ハザードマップで知っておく必要があります。

もし危険な場所であれば、そうでない場所にある避難場所、親戚・友人の家、ホテル・旅館に行って、

事態が落ち着くまで過ごすことが大切です。

避難場所だからいい、親戚・知人の家だからいい、ということではなく、

そこが浸水や土砂災害が起こりそうな場所かそうでないかを判断することが最も大切です。

 

その時々の状況によって、避難するのに適した場所も変わってきます。

「ここなら絶対安全!」などと思い込むことなく、状況に応じた判断が大切ですね。

 

【曲】

雨/V6

真っ白/yama

 

※明日のメッセージテーマは「民族音楽」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:57 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2021年10月12日 (火)

10月12日(火)放送「短歌の時間」

入選歌

赤い実を眺めて楽し花水木ヒヨドリもまた笑みて啄む(宮城県名取市 川村昌子さん)

とどめおく秋の一瞬一瞬を今は秋から目が離せない(佐賀県唐津市 十音さん)

沈黙がずっと続いた食卓に笑顔を戻すむきたての梨(東京都板橋区 汐海岬さん)

土曜日の来ない郵便寂しいな送った便りも眠って待つ日(仙台市 横溝麻志穂さん)

循環の四季は巡りて秋が来た巡り来ぬのは共に見た秋(仙台市 畠山正博さん)

 

添削歌

【原作】はやぶさで仙台までは一時間帰りたいけど逢いたいけれど

【添削】仙台ははやぶさならば一時間帰りたいけど逢いたいけれど

~添削のポイント~

助詞の「で」を使うと説明的になってしまいます。

歌意を変えずに他の語彙の選択を考えてみましょう。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:50 | カテゴリ:短歌の時間 過去の作品 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2021年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top