2019年10月21日 (月)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月21日(月)

月曜日担当の武田紗貴です。

今週も台風19号関連の情報を中心にお伝えしました。

 

丸森町からのリポートは金城均(かねしろ・ひとし)アナウンサー。

明日も大雨の予報です。

住民の皆さんは、片付けを進めようにも進められない、いつまで続くのかわからないことが不安…

とお話されているとのことでした。

 

耕野まちづくりセンター事務局長の大槻康浩(おおつき・やすひろ)さんには、

耕野地区の様子をお伝えいただきました。

土砂崩れなど二次災害の危険があるため、

現在はボランティアの受け入れはしていないとのこと。

とにかく人手は足りていない…けれど、受け入れることもできないという苦悩を感じました。

 

ゲストは、水曜日のミニコーナー「おらほの地名」でおなじみの

宮城県地名研究会 会長の太宰幸子(だざい・ゆきこ)さん。

地名には、以前にあった災害を知らせているものがたくさんあります。 

ぱっとみて危なそうな名前の地名もありますが、実はきれいな名前にもトゲがある!

「梅」は「埋め」など、漢字ではなく音に意味があるということ。

 1021kashimadai1.JPG

1021kashimadai2.JPG

写真は鹿島台周辺、昨日撮影したものです。(上の写真の白い点々は白鳥です)

この辺りは、もともと品井沼があった場所、志田という名前の地区があるのですが

シダとは、湿った土地という意味があるそうです。

これらの情報の多くはハザードマップにも反映されています。

あらためて家の周りを確認して、

どのような対策をしたらよいか、どのような避難をするべきなのか、

家族みんなで考えなければなりませんね。

 

 ※22日(火)は祝日のため、番組はお休みです。

 23日(水)も、台風19号大雨関連や番組を聞いての感想などをお寄せください。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:53 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月18日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月18日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

台風19号の豪雨被害を受けて、本日も内容を一部変更してお届けしました。

 

丸森町、石巻市、女川町、蔵王町から現在の状況を伝えていただきました。

実際に道路を通行したからこそわかる路面の状態など

地域の方だから教えていただける情報もありました。

酪農家の方のご苦労と想いをうかがい、言葉もありません。

どうかどうかと祈るばかりで申し訳なくなってしまいますが

できることを積み重ねていくしかありませんものね。

まずは明日までの大雨に備えて、注意して過ごしましょう。

これ以上大きな被害がありませんように、とまた祈ります。

 

スタジオゲストは「せんだい3.11メモリアル交流館」の飯川晃さん。

1018iikawa.JPG

夏に発売された「海辺のメモリアルソーダ」について、

10月29日からの展示「継承のしさく-小森はるか+瀬尾夏美-」について、

そして、交流館のある荒井を含む仙台市東部沿岸部の台風後の状況についても

うかがいました。

飯川さんが個人的に参加されている「荒浜のめぐみキッチン」では

台風後の10月15日に稲刈りをされたとのことで

その様子についてもお話いただきました。

 

「せんだい3.11メモリアル交流館」は

かつての沿岸部の暮らしの営みを記録と、私たちの記憶とをつなぐ

入り口のような、扉のような、架け橋のような存在なのだと思います。

そして昔を振り返り懐かしむだけでなく、未来へつなげていく役割も

果たしています。

復興を遂げていく現在も、地域にかかわる方の想いも

展示を通してたくさんのかたの記憶に残り、伝えられていきます。

震災から8年後のいま、新たな災害に見舞われた宮城で

メモリアル交流館のこととスタッフの方の想いをお届けしたこと

各地で被害に遭われた方の声をお届けしたこと

思って考えて、やっぱり祈ってます。

 

明日までの雨、本当に気をつけて早め早めの対策を練って

来週またゴジだっちゃ!を一緒に聞きましょうね。

  

※21日(月)のメッセージテーマも「大雨被害の情報」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:48 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月17日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月17日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

今日も、前半は台風の被害情報をお伝えしました。

「道の駅おおさと」総支配人の大沼としおさんに大郷町のようすを、

「TOHOKU360」通信員の吉田薫さんに

富谷市や大崎市、大衡村の様子を伺いました。

 

被害は県内の広範囲にわたり、いまだ水が引かない場所、

土砂崩れがそのままの場所、大変な状況が続いています。

ボランティアの募集も各地で始まっているほか、

「道の駅おおさと」はじめ被災地域で買い物をすることも

地域を元気にする支援につながります。

私もできることを長期的に考えていきます。

 

今日のゲストは「令和元年 学校をゼロから考える会」

代表の伊藤真結さん(写真)にお越しいただきました。

1017ito.JPG

元高校教諭の伊藤さんは、課題の多い日本の教育を改善したいと

今年活動を始め、デンマークの教育現場を視察してきたそうです。

デンマークでは先生たちが、子どもが「今どうしたいのか?」を自分で

考えて主張し、行動できるような環境づくりに努めていたとのこと。

子どもの自主性や意見を尊重し、対話を重視することで、

「子どもが自分の好きなこと、得意なことを堂々と表現できる」。

そんな環境や場を宮城の高校教育の現場でも作っていきたい、

と、力強く話して下さいました。

 

【曲】

はるにれの詩/名雪祥代

 

※明日のメッセージテーマは「台風19号関連のメッセージ」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:01 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月16日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月16日(水)

星川幸です。

今週のゴジだっちゃ!、前半は通常のコーナーをお休みして、

台風19号の豪雨被害を受けた各地と電話をつないで、

現在の状況を聞いています。

ライフライン情報も引き続きお伝えしています。

ラジオのほか、仙台放送局のホームページ、データ放送もご活用ください。

 

きょうのゲストは、

仙台ジャズの生き字引 岡本勝壽(おかもと・かつじゅ)さんです。

1016okamoto.JPG

岡本さん、とにかくすごいんです!

過去、仙台を訪れたジャズ界のレジェンドたちの貴重な音源や

ライブポスターやチラシなど、とんでもない資料をお持ちなんです!

見せていただいた中には、レジェンド「カウント・ベイシー」が、

一番町であげまんじゅうを買っている写真がっ!!

どうですか!!なんだそれは!?と思うでしょう!!

そう思った方は、実物が見られる機会がありますよ~。

 

展示会「資料で探る仙台と日本のジャズ史」

日時:10月26日(土)~10月30日(水)

場所:せんだいメディアテーク

問い合わせ:080-3019-7550

期間中にはトークイベントもあるとのことです。

ディープ仙台ジャズに触れたい方、ぜひ足をお運びください!

 

【曲】

ON GREEN DOLPHIN STREET/MILES DAVIS

STERA BY STARLIGHT/KEITH JARRETT

 

※明日のメッセージテーマは「台風19号の大雨被害・影響」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:49 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月15日 (火)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月15日(火)

火曜日担当の星川幸です。

きょうは予定を変更して、台風19号の豪雨被害についてお伝えしました。

県内各地から地元の方に被害の状況を聞きました。

今も水が引いていない地域もあり、影響の大きさは計り知れません。

 

災害ボランティアに詳しい一般社団法人BIGUP・代表の原田豊さんに、

水害に遭ったときに注意すべきことを聞きました。

▽被害にあった家の「写真」を撮る

 浸水害の場合、火災保険の対象になることがあります。

 写真は、保険の申請やり災証明の申請時に役立ちます。

 水の跡が残っている外壁の写真などできるだけ家の4方向から撮る

 壊れたり水に濡れた家電や家具の写真など、詳細な写真がより良いそうです。

 片づけを始める前に写真を撮ってください。

▽停電しているときは、電気(ブレーカー)を切る

 漏電の可能性あり。復旧したときに火災の原因になることもあります。

 避難などで家を離れるときはブレーカーを切りましょう。

▽床下浸水の場合でも泥の除去や消毒をする

 濡れた家を放っておくと、カビや土台のゆがみの原因になります。

 床下に水や泥が入り込んでいないか確認して(台所などの床下収納や点検口から、

 または床をはがして)泥の除去と消毒をしましょう。

 消毒には、消石灰も有効とされていますが、

 原田さんは「オスバン」という消毒液がおすすめとのこと。

 希釈した液をスプレーしたり、壁などを布で拭くといいそうです。

 また、乾燥させることが重要で、窓を開けて乾燥させるのはもちろん、

 電気が通れば床に扇風機で風をあてても効果的とのことです。

 

また、石巻市ではきょうからボランティアセンターが立ち上がりました。

情報が必要な方は、石巻市社会福祉協議会まで。

丸森町の目黒誠子さんのお話では、

丸森でもボランティアセンターを立ち上げる動きが始まったとのことでした。

 

NHK仙台放送局でも、データ情報やホームページで、

ライフライン情報をお伝えしています。

また、今週のゴジだっちゃ!は豪雨被害の情報を中心にお伝えします。

ラジオからの情報も、ぜひご活用ください。

 

朝晩の冷え込みが大きくなってきました。

片付け作業で疲れもたまっていることと思います。

どうぞ、皆様あたたかくしてお過ごしください。

 

※大雨被害に関する情報や、被災した方々へのメッセージをお待ちしています。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:38 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月11日 (金)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月11日(金)

金曜日担当の佐藤ジュンコです。

台風19号、心配ですね。

被害がありませんようにと願うばかりですが、まずは備えをしっかりと!

気象予報士の関口元朝さんに台風情報を伝えていただきました。

1011sekiguti.JPG

いままで経験したことのない規模の台風が来てしまいそうです。

山や川の近いご実家には電話して、安全なところで過ごしてもらうように

声をかけましょう、というお話がありましたが

隣で聞いていて私も「あとで両親に電話しよう…」と思いました。

みなさんもぜひ。ほんとうに心配です。

いま暮らしている街も、生まれて育った町も。

友だちがいる街も、また行きたいあの街も。

どうかみなさん、気をつけて3連休をお過ごしください。

 

「音の日記帳」は、松島の「ザ・ミュージアムMATSUSHIMA」にある

古くて大きなベルギー製のオルゴールの音楽。

まるで楽団がやってきたような、本当にオルゴール?と思うような

耳に楽しい音楽でした。

台風が心配すぎて、胸がざわざわしていましたが

わくわくする音楽で、ざわざわが少し中和されました。ほっ。

 

心配して、備えて、早め早めに行動するのが一番ですが

聞いてくださった皆さんも、一緒にちょっと気持ちが和んでいたらいいなぁ

なんて思いながら聞いていました。

 

また来週、台風一過でほっとして楽しく「ゴジだっちゃ!」を

みんな一緒に聞きましょうね。

 

※来週月曜日は祝日のためお休みです。

 15日(火)のメッセージテーマは「私の手の洗い方」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:38 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月11日 (金)

だっちゃ通信<10月11日(金)>~ラジオ3から~

だっちゃ通信は、ラジオ3は青木朋子さんでした。

県内の花の産地をめぐる「花育移動教室 親子バスツアー」の参加者を募集しています。

ツアーは3コースあります。

10月27日(日)は美里地域(バラ)、11月3日(日)は石巻地域(ガーベラ)、

11月10日(日)は亘理・名取地域(カーネーション)です。

切り花や鉢花のハウス見学、フラワーアレンジメント製作、寄せ植え体験などを行い、

各地域の農産物直売所にも立ち寄ります。

対象は宮城県在住の小学生およびその保護者(2人1組)で、参加費は1500円。

申し込み締め切りがそれぞれ違いますので、

詳しくは、花育移動教室応援事務局(株式会社プレスアート内/TEL022-266-0911)へ。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:22 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2019年10月10日 (木)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月10日(木)

木曜日担当の安藤歩美です。

台風が心配ですね…被害が少ないことを祈りつつ、

備えられることはきちんと準備しておきたいですね。

 

今日は宮城在住の2人の音楽家にお越しいただきました。

仙台市荒浜出身の佐藤那美さん(右)と石巻市の四倉由公彦さん(左)。

1010nami.JPG

津波被害を受けた沿岸部の「竹」を奏でた音から作った

EP「Music for Bamboos」についてお話を伺いました。

 

仙台市沿岸部では震災後一度は津波で枯れた竹藪が、

命を吹き返して繁茂するようになったとのこと。

この竹を使って「音」を作るワークショップが昨年

せんだい3.11メモリアル交流館で開かれ、

参加者が竹を使って自由に奏でた音を

佐藤さんと四倉さんが録音、それを元にお二方が

楽曲を制作したのが今回リリースされたEPです。

 

竹の豊かな音の彩りにお二方の持つ音楽の世界観が交わり、

竹藪のある風景が浮かんでくるような、不思議な曲の数々。

その土地の独特の風景やくらしのにおいのようなもの、

言葉にできないようなそんな記憶をこんな風に表現して

残していくことができるのだ、と心が動きます。

配信リリースされていますので、

ぜひみなさんも聴いてみて下さい。

 

「週刊 防災士」は、東北福祉大学の伊藤蓮さんでした。

1010ito.JPG

東北福祉大学では大学防災訓練が昨日開催され、

バケツリレー訓練や炊き出し訓練、AEDの使い方など

15種類もの訓練が行われたとのこと。

知識はあっても実際にやってみると不安になることもあり、

日ごろの訓練の大切さを感じた、と話してくれました。

 

【曲】

東風~TONG POO~/柏木広樹

 

※明日のメッセージテーマは「貞山堀」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:14 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


2019年10月10日 (木)

だっちゃ通信<10月10日(木)>~首都圏から~

だっちゃ通信は、首都圏から田辺希さんでした。

5月に紹介した、六本木ヒルズ敷地内にあるビルの屋上庭園での田植え、覚えていますか?

その田んぼで稲刈りが行われたそうです。植えたのは、宮城県のブランド米「だて正夢」。

1010kome4-tile.jpg

親子連れなど150人が参加して行われた稲刈りでは、刈り取りから脱穀まで体験。

脱穀機は、昭和30年代まで使われていた足踏み式のもので、大人気だったとか。

来年1月には、餅つきも行われるそうです。

1010kome1-tile.jpg

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:18:25 | カテゴリ:だっちゃ通信 | 固定リンク


2019年10月09日 (水)

【ゴジだっちゃ!】令和元年10月9日(水)

水曜日担当の名雪祥代です。

今日は一貫して「命」について考えるゴジだっちゃ!でした。

 

「だっちゃ通信」出演の酪農家・山川さんの食育についてのお話は

「悪い酪農家」という視点から話し始める子どもたちへのメッセージ。

乳を搾れない雄の子牛を、殺される運命の肉用牛として売るのは

本当に悪いのか?悪いってなんだろう、良いってなんだろう。

いろいろと当たり前になってしまっている

スーパーで並んでいるお肉を「食べる」ということが

「命のいただく」ということに繋がることとか。

 

そして、若年性乳がんの患者さんを支援する団体

「Pink Ring(ピンクリング)東北」の菅原祐美さんから

若年性乳がんについての活動を伺いました。

 1009sugawara.JPG

同じ悩みを抱えた仲間が増えたことで

孤独を感じずに、若い世代(AYA世代)だからこそ

共有できるいろいろな情報を、東北からも発信していらっしゃいます。

 

この存在を知ることで

きっと励まされるかたが、たくさんいるでしょうね!

すばらしい活動を、応援したいと思いました。

 

「おらほの地名」は、栗原市の「猫ノ沢(ねこのさわ)」でした。

「ネコ」とは、アイヌ語でクルミを意味する「ネシコ」がつまった言葉で、

それに「猫」の漢字が与えられたということです。

地元の人も「以前はクルミの木がたくさんあった」と話していたそうです。

 

【曲】

THAT'S THE WAY IT IS/平原綾香

 

※明日のメッセージテーマは「竹」です。

投稿者:ゴジだっちゃ!スタッフ | 投稿時間:19:08 | カテゴリ:今日のだっちゃ | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2019年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

ゴジだっちゃ!ブログ

RSS

page top