風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

「風疹拡大防げ」大阪府 40代男性職員を対象に風疹検査へ 2019年09月24日


全国的な流行が続いている風疹の感染拡大を防ぐため、大阪府は、40代の男性職員およそ1000人を対象に、来月、風疹の抗体を調べる検査を行う方針を固めました。

風疹は、妊娠中の女性が感染すると、産まれてくる赤ちゃんに障害が出るおそれがあります。
ことしも全国的に流行が続いていますが、大阪府内でも今月15日までに126人が感染していて、すでに去年1年間の患者数を超えています。
流行の中心となっているのは、子どものころにワクチンの定期接種の機会がなかった40歳から57歳の男性であることから、厚生労働省は、今年度は40歳から47歳の男性を対象に原則、無料で免疫の検査やワクチン接種が受けられるクーポンを配布しています。
しかし、大阪府内で検査を受けた人は7月末までにおよそ5%と、目標とする割合の10分の1の水準にとどまっています。
こうした状況を受け、大阪府は、クーポン券の対象となっている40歳から47歳の男性職員およそ1000人を対象に、来月、風疹の抗体を調べる検査を行う方針を固めました。
そして、十分な抗体を持っていない職員に対し、ワクチンの接種を促すほか、市町村や経済界にも検査の実施を働きかけることにしています。
厚生労働省によりますと、自治体が職員を対象に風疹の検査を行うのは、全国的にも珍しいということです。

風疹をめぐる状況

風疹の流行の中心となっているのは、子どものころにワクチンの定期接種を受ける機会がなかった、働き盛りの40歳から57歳の男性です。
厚生労働省は、今年度から抗体の検査やワクチンの接種を原則、無料で受けられるクーポンを順次発送していて、今年度は40歳から47歳の男性が対象となっています。
大阪府などによりますと、府内では、およそ50万人にクーポンが届いていますが、このうち7月末までにクーポンを使って抗体検査を受けた人は、2万4500人余りと、およそ5%にとどまっています。
国立感染症研究所によりますと、ことし、全国で風疹にかかった男性は1700人を超えていて、このうち感染の経路などを申告した人の中では、職場での感染が最も多く、次いで家庭内が多かったということです。
風疹は感染力が強く、気付かぬうちに妊娠中の女性に感染させてしまうおそれがあることから、一人一人が予防への強い意識を持つことが必要です。
NHKのインターネットサイト「ストップ風疹」では、風疹に対する最新のニュースなどを解説しています。
また、生年月日を入力すると、風疹に感染する危険度が確認できるようになっています。