風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

「先天性風疹症候群」の子どもを都内で確認 風疹患者増加の中 2019年05月08日


風疹の患者が増加する中、妊娠中の母親が風疹に感染することでおなかの赤ちゃんに障害が出る「先天性風疹症候群」の子どもが東京都内で5年ぶりに確認されたことが分かり、都が注意を呼びかけています。

東京都によりますと先月、都内の医療機関で男の子1人が「先天性風疹症候群」と診断されたということです。

「先天性風疹症候群」は、母親が妊娠中に風疹に感染することで、生まれてくる赤ちゃんの目や耳、それに心臓などに障害が出るものです。

「先天性風疹症候群」の子どもが都内で確認されたのは平成26年以来5年ぶりです。また全国では、ことしに入り1月に埼玉県で1人が確認されているということです。

都によりますと、ことし1月から先月28日までの都内の風疹患者は454人と、去年の同じ時期を大幅に上回っています。

このため都は、女性は妊娠する前にワクチンの接種を行うことや、男性も積極的にワクチンを接種することなどを呼びかけています。