風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

先天性風疹症候群の死亡率が20%超に 2016年06月27日

平成24年から25年にかけての風疹の大流行で母親の胎内にいるときにウイルスに感染し、「先天性風疹症候群」と診断された子ども45人のうち11人が相次いで死亡していたことが国立感染症研究所などの調査でわかりました。専門家は、「ワクチン接種を改めて徹底し、流行をなくしていく事が求められる」と話しています。

 

国立感染症研究所などのグループは平成24年から25年にかけての風疹の大流行で、母親の胎内にいるときにウイルスに感染して耳や目、心臓などに障害が出る「先天性風疹症候群」と診断された子どもたちの追跡調査を進めてきました。その結果、全国で45人にのぼった「先天性風疹症候群」の子どもの24%にあたる11人が心臓の病気や肺炎などのため生後1年あまりのうちに死亡していたことがわかったということです。

 

また死亡した11人以外についても詳しく調べたところ、「先天性風疹症候群」の主な症状として知られる心疾患や難聴、それに白内障以外にも肝臓や脳などにさまざまな障害が出るなど深刻な症状に苦しむ子どもも多かったということです。

 

国立感染症研究所砂川富正室長は、「2けたの赤ちゃんが亡くなっている状況自体が非常にショック。防ぐためにはワクチンで風疹の流行をなくすことが最重要だ」と話しています。