風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

石田・東尾夫妻が風疹の予防接種を呼びかけ 2016年01月25日

妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに障害が出るおそれがある風疹を予防しようと、俳優の石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さん夫妻が、厚生労働省を訪れ、予防接種を受けるよう呼びかけました。

 

厚生労働省は、風疹の流行を防ごうと専門家などによる協議会を設置していて、きょうは、その委員をつとめる俳優の石田純一さんとプロゴルファーの東尾理子さん夫妻が、厚生労働省に設置されている保育所を利用する保護者と面会しました。 この中で東尾さんは、「風疹は妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに障害が出るおそれがあるが、防ぐことができる病気なのでしっかりとした知識を持ち抗体がない場合はワクチンを接種してほしい」と呼びかけました。

 

熱や発疹などの症状が出る風疹は平成24年から25年にかけて流行し、母親が妊娠中に感染して目や耳などに障害が出る「先天性風疹症候群」と診断された赤ちゃんが相次ぎました。

 

このため厚生労働省は、風疹の予防対策を進めていて、予防接種を受けていない人の割合が多い、昭和37年度から平成元年度に生まれた男性と、昭和54年度から平成元年度に生まれた女性を中心に、男女を問わず、免疫の有無を調べる抗体検査や予防接種を受けるよう呼びかけています。