風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

風疹の検査 見込みの10分の1 2014年08月26日

妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに障害が出るおそれがある風疹について、国と宮崎県は、免疫があるか調べる検査を無料で受けられる補助をことし5月から行っていますが、これまでに検査を受けた人は見込みの10分の1にとどまっていることが分かり、宮崎県は、妊娠を希望していて過去に風疹の予防接種を2回受けていない人などは検査を受けるよう呼びかけを強めることにしています。

 

風疹は、妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんに障害が出るおそれがあり、国と宮崎県はことし5月から、妊娠を希望する女性や、相手の男性を対象に、風疹の免疫が十分にあるか調べる検査の費用およそ6000円を補助して、検査を受けるよう促しています。

 

しかし、宮崎県によりますとことし7月末までに検査を受けた人は、宮崎市を除く25の市町村で合わせて170人と、今年度中に検査を受ける必要があると県が見込んでいる1667人の、10分の1にとどまっているということです。

 

このため宮崎県は、県庁のホームページに、検査を受け付けている333の医療機関の名称と電話番号を掲載するとともに、早めに検査を受けるよう呼びかけを強めていくことにしています。