風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

先天性風疹症候群 19人に 2013年09月20日

風疹の流行の影響で、大阪で新たに1人の赤ちゃんが、母親が妊娠中に感染したことで目や心臓などに障害が出る「先天性風疹症候群」と診断されました。
去年から続く流行で、風疹によって障害が出た赤ちゃんは全国で19人となりました。

 

風疹は妊娠中の母親が感染すると赤ちゃんの心臓や目、耳などに障害が出る「先天性風疹症候群」になるおそれがあり、流行はピークを過ぎていますが、ことしに入ってからの風疹の患者数は1万3000人を超え、都市部を中心に患者が多い状態が続いています。 大阪市によりますと、先週、新たに1人の赤ちゃんが「先天性風疹症候群」と診断されたと医療機関から報告があったということです。

 

去年から続く流行で「先天性風疹症候群」と診断された赤ちゃんは全国で合わせて19人となりました。
ことしに入ってからの人数も14人目で現在の報告制度が始まった平成11年以降、全国で最も多かった平成16年の10人をすでに上回っています。