風疹関連ニュース

風疹関連ニュース

先天性風疹症候群 全国7人に 2013年03月16日

風疹が流行するなか、愛知県で、妊娠中に風疹に感染した女性から生まれた赤ちゃんが心臓や目などに障害が出る「先天性風疹症候群」と診断され、去年10月以降、風疹によって障害が出た赤ちゃんは、全国で合わせて7人となりました。

 

 

風疹は、発熱や発しん、リンパ節が腫れるなどの症状が出る感染症で、妊娠初期の女性が感染すると生まれてくる赤ちゃんが心臓や目や耳などに障害が出る「先天性風疹症候群」になるおそれがあります。愛知県によりますと、先月愛知県内で生まれた赤ちゃんが「先天性風疹症候群」と診断されたということです。

 

 

去年から続いている風疹の流行で、「先天性風疹症候群」と診断された赤ちゃんは、去年10月以降、全国で合わせて7人となりました。7人を都道府県別でみると、大阪府が2人、兵庫県が2人、埼玉県が1人、香川県が1人、そして今回報告された愛知県が1人となっています。

 

 

愛知県衛生研究所の皆川洋子所長は「風疹の流行は去年から続いていて、ことしも異例のペースで増えている。妊娠を希望する女性や、妊婦の家族は予防接種を受けてほしい。妊娠中は予防接種は打てないので、妊娠中の女性はできるだけ外出を控えてほしい」と注意を呼びかけています。