NEWS

グラミー賞6回受賞の米歌手 ドクター・ジョンさん死去

2019.06.07 :

アメリカ音楽界で最も権威があるとされるグラミー賞を6回受賞したアメリカの歌手でピアニストのドクター・ジョンさんが6日、心臓発作で亡くなりました。77歳でした。

これは、家族がドクター・ジョンさんの公式のツイッターに投稿して、明らかにしたものです。

ドクター・ジョンさんは、1941年にジャズ発祥の地、アメリカ南部ルイジアナ州のニューオーリンズで生まれ、1950年代からギタリストとして音楽活動を始めました。

その後、左手をけがしたことをきっかけに1960年代には歌手兼ピアニストに転向し、独特のしわがれた声で人気を集めました。

1989年には、ジャズの代表曲の1つとして知られる「メイキン・ウーピー」をカバーして、グラミー賞のジャズ部門で受賞したほか、その後もブルースの部門などで5回にわたってグラミー賞に輝きました。

交流があったビートルズの元メンバー、リンゴ・スターさんは、ツイッターに、ドクター・ジョンさんと一緒に写った写真とともに、「ドクター・ジョンに神の恵みがありますように。愛しています」というメッセージを投稿しました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事