NEWS

藤田医大に再生医療センター 細胞採取から投与まで実施

2019.05.30 :

愛知県豊明市にある藤田医科大学は、再生医療の研究を進めるため、細胞の採取から患者への投与までを一貫して行える施設を備えた「国際再生医療センター」を開設し、30日、施設が関係者に公開されました。

藤田医科大学の「国際再生医療センター」は、現在の薬や手術などでは根本的に治すことが難しい病気について、細胞を使って治療する再生医療の研究や開発を目指して新しく開設されたもので、30日、関係者に施設が公開されました。
センターには、患者の細胞の採取から、さまざまな操作をした細胞を患者に投与するまでを一貫して行える施設を備えています。

当面は、重い心不全や肝硬変の患者から採取した細胞を活性化させるなどの処理をしたあと、体内に戻して治療を行う臨床研究の実施を目指していて、将来的には、がんの免疫療法などにも取り組みたいとしています。
松山晃文センター長は「薬や手術では救えない患者に、新しい選択肢が広がるよう科学的に一つ一つ進めていきたい」と話しています。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事