NEWS

158件の研究で倫理指針に違反 国立循環器病研究センター

2019.05.30 :

大阪・吹田市にある国立循環器病研究センターで、2件の研究論文で内部審査の経緯について事実と異なる記載をするなど、合わせて158件の研究で国の倫理指針に定められた手続きが取られていなかったことが分かりました。

これは30日に国立循環器病研究センターの小川久雄理事長などが会見を開いて明らかにしました。

それによりますと、2人の研究者が平成25年度以降に行った手術の効果などを検証する2件の研究は、内部の倫理審査委員会の審査を受けずに進められたうえ、成果をまとめた論文には「委員会で承認された」などと事実と異なる記載をしていたということです。

センターの調査に対して、2人は「先行する別の研究で承認を得ていたため、新たな手続きは必要と思わなかった」などと説明したということですが、センターは、虚偽に当たると判断して、これらの論文を取り下げる手続きを進めているということです。

また、ほかにも、患者の診療データを利用する156件の研究で、倫理審査委員会の審査は受けていたものの、患者の同意を得るためにホームページなどに情報を掲載する手続きを取っていなかったということです。

いずれも国の研究倫理指針に違反していることから、センターは、今後、関係者の処分を検討する方針です。

小川理事長は「事態を真摯に受け止め、研究倫理の徹底や再発防止策の構築と実施に努めます」と謝罪しました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事