NEWS

シュワルツェネッガー氏ら 温暖化対策強化を呼びかけ

2019.05.29 :

地球温暖化対策を求める若者のデモを世界各地に広げたスウェーデンの16歳の少女、グレタ・トゥーンベリさんがハリウッド俳優のアーノルド・シュワルツェネッガーさんとともにオーストリアのウィーンで講演し、市民の力で世界規模の対策の強化を実現しようと呼びかけました。

トゥーンベリさんは去年8月から毎週金曜日に学校を休んで、スウェーデンの首都ストックホルムの議会の前に座り込み、温暖化対策を訴える活動を続けていて、世界各地の若者の間に活動の輪が広がっています。

28日、トゥーンベリさんはハリウッド俳優で温暖化対策の強化を訴える活動を続けているアーノルド・シュワルツェネッガーさんの招きでウィーンを訪れ、国連のグテーレス事務総長らとともに講演しました。

この中でトゥーンベリさんは「温暖化は人類が直面した最も深刻な危機だ」と述べ、集まった参加者たちに対策の強化を訴えたほか、グテーレス事務総長は「ビジネスのやり方など私たちの営みを早急に変革する必要がある」と呼びかけました。

またシュワルツェネッガーさんは「挑戦的な夢を見る人たちほど世界を変える」と強調しました。

トゥーンベリさんとシュワルツェネッガーさんは講演のあと、市内で集会を開き、5000人以上の参加者に対し、市民の力で世界規模の対策の強化を実現しようと呼びかけました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事