NEWS

はやぶさ2 降下中断は高度計の誤作動 30日に小惑星接近へ

2019.05.22 :

小惑星「リュウグウ」へ2度目の着陸を検討している探査機「はやぶさ2」が今月16日、小惑星への降下を自動で中断したのは、探査機の高度計が誤ったデータを示したことが原因だったとわかりました。JAXA=宇宙航空研究開発機構は、今後の予定に大きな変更はないとして、今月30日に改めて小惑星に接近し、観測を行う計画を明らかにしました。

小惑星「リュウグウ」の表面に先月、世界初の人工クレーターをつくることに成功した「はやぶさ2」は、内部の岩石を採取するため、2度目の着陸を検討しています。

これに向けた観測のため、「はやぶさ2」は今月16日に、小惑星の上空高度10メートルまで降下しようとしましたが、途中、高度約50メートルで異常を検知して自動で降下を中断しました。

JAXAは、22日の会見で、中断は小惑星との距離を測る探査機の高度計が、実際の高度とは異なる誤ったデータを示したことが原因だったと発表しました。

そのうえで、原因の特定はすぐに行われ、重大な異常ではないとして、プログラムを修正する対策を取ったうえで、今月30日に改めて、高度10メートルまで接近して地形を観測するとともに、着陸の際に使う目印を投下する計画を明らかにしました。

来月中頃までに着陸の可否を判断するとしている予定に変わりはないということです。

また、16日の降下で撮影した画像の分析から、着陸候補地はクレーターに近い2つのエリアに絞られたとしました。

JAXAの津田雄一プロジェクトマネージャは「残り2回、観測のためにリュウグウに接近する運用ができる。降下に中断はあったがスケジュールには大きな変更はなく、着陸ができるかどうかの検討を続けたい」と話しています。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事