NEWS

天皇即位の時だけ開帳の秘仏 30年ぶりに公開

2019.05.01 :

京都市の寺で、およそ1200年前から歴代天皇が即位する際にだけ開帳される秘仏が、1日、天皇陛下が即位されたのにあわせて、およそ30年ぶりに公開されました。

京都市東山区にある長楽寺は、平安時代、天台宗の開祖、最澄が桓武天皇の勅命で創建したと伝わる寺で、本尊の「准胝(じゅてい)観音像」は、歴代天皇の即位の際にだけ開帳される秘仏とされています。

天皇陛下が即位された1日、この本尊がおよそ30年ぶりに公開されることになり、牧野純山住職が読経したあと、像に息がかからないよう白い布で口を覆いながらゆっくりとずしの扉を開きました。

姿を現した「准胝観音像」は、高さおよそ40センチの木像で、最澄自身の作とも伝えられています。腕が18本あり、左右に大きく広げていて、多くの人々を救済する姿を表しているということです。

参拝した人たちは、秘仏に見入っては静かに手を合わせていました。

岡山県から訪れた50代の女性は「表情が美しく厳かな雰囲気がありました。令和も戦争のない平和な時代が続いてほしいです」と話していました。

長楽寺の牧野住職は「幸せな気持ちで過ごせる新たな時代となってほしいです」と話していました。

この秘仏の公開は来月16日まで行われます。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事