NEWS

インフルエンザウイルス 研究用の細胞開発

2019.04.30 :

インフルエンザのウイルスは変異しやすく、毎年流行することが知られています。このインフルエンザウイルスを、変異があまり起こらないようにしながら、効率よく増やすことができる研究用の細胞を新たに開発したと、東京大学医科学研究所などが発表しました。効果的なワクチンの生産などにつながる成果だとしています。

東京大学医科学研究所の河岡義裕教授などのグループは、研究や実験で使われているイヌの腎臓の細胞に、ヒトのインフルエンザウイルスに感染しやすくなる遺伝子を入れ、「hCK細胞」という新たな細胞を作りました。

そして、この細胞に、A香港型のインフルエンザウイルスを感染させたところ、変異がほとんど起こらなかったうえ、これまでよりも効率的に増殖させることができたということです。
河岡教授は「これまでは変異が起きてしまったり、あまり増えなかったりすることが問題だったが、この細胞を使えば、薬やワクチンの効果をより正確に早く、調べられるほか、効果的なワクチンを短時間で作ることができるようになると期待される」としています。

論文は科学雑誌「ネイチャー・マイクロバイオロジー」に掲載されています。

※掲載された論文はこちらから(※NHKサイトを離れます)
https://www.nature.com/articles/s41564-019-0433-6

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事