NEWS

「ティラノサウルス」の仲間の化石 発掘体験中の高校生が発見

2019.04.19 :

肉食恐竜「ティラノサウルス」の仲間とみられる恐竜の歯の化石が岩手県内でみつかり、国内でも発見例が少ない形状をしていることから、専門家は、ティラノサウルスの進化の解明につながるものだと注目しています。

見つかったのは大きさ9ミリほどの歯の化石で、去年、岩手県久慈市で発掘体験をしていた高校生が見つけました。
早稲田大学の平山廉教授が調査したところ、断面がアルファベットの「D」の形をしていることなどから、肉食恐竜のティラノサウルスの仲間の歯の化石だとわかったということです。

化石が見つかったのはおよそ9000万年前の白亜紀後期の地層で、歯の大きさから、恐竜の体長は3メートルほどだったと考えられるということです。

平山教授によりますと、この歯の化石には縁にぎざぎざの凹凸がなく、こうした形状の発見例は国内でも珍しいということで、平山教授は「これまでにまだ知られていないティラノサウルスの仲間の可能性もある。さらにほかの体の部分の発掘を進め、進化の解明につなげたい」と話しています。
発掘体験中に化石を見つけた高校生の門口裕基さん(18)は「本当に驚きました。発掘した1時間の間に、運よく発見できたのがものすごくラッキーだと思いました」と話していました。

この恐竜の歯の化石は、今月21日から8月19日まで、岩手県久慈市にある久慈琥珀博物館で公開されるということです。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事