NEWS

「はやぶさ2」 きょう小惑星「リュウグウ」に降下開始予定

2019.04.04 :

日本の探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」に人工的なクレーターをつくり内部を調べる新たなミッションに挑戦するため、4日午後、リュウグウへの降下を開始する予定です。順調に行けば5日上空から金属の塊を発射して小惑星に衝突させる計画で、世界初の挑戦の成否が注目されます。

「はやぶさ2」はことし2月、地球から3億4000万キロ離れた小惑星「リュウグウ」への着陸に成功し、計画どおり岩石を採取したとみられています。

そして次のミッションとして、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、小惑星表面に人工的なクレーターをつくり内部を調べるという、世界初の計画に挑戦することになりました。

JAXAは日本時間の4日午後1時ごろ、小惑星の上空2万メートルから「はやぶさ2」の降下を開始する予定です。
そして5日午前11時ごろ、高度500メートル付近で、小惑星に金属の塊を発射する「インパクタ」と呼ばれる装置を切り離します。
その40分後に装置が爆発、金属の塊を秒速2キロの高速で発射し、小惑星表面に人工的なクレーターをつくる計画です。
「はやぶさ2」は爆発した装置の破片や飛び散る小惑星の岩石で機体を損傷しないよう、切り離してから爆発までの40分の間に小惑星の裏側まで退避することになっています。

装置は自動で爆発することから、JAXAは機体の安全確保を最優先に計画を進めたいとしています。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事