NEWS

風疹流行でクーポン発送 40歳~57歳男性を対象

2019.04.02 :

風疹のワクチンを接種する機会がなかった40歳から57歳までの男性を対象に、今年度から、抗体検査や予防接種の費用を補助する事業が始まりますが、名古屋市では、検査や予防接種が無料で受けられるクーポン券の発送作業が行われました。

風疹は、妊娠中の女性が感染すると、赤ちゃんに障害が出る「先天性風疹症候群」になるおそれがあります。

去年の夏以降、男性を中心に風疹が広がっていることから、全国の自治体では、子どもの頃にワクチンを接種する機会がなかった40歳から57歳までの男性を対象に、来年度から3年間、抗体検査や予防接種の費用を補助する事業が始まります。

名古屋市役所の感染症対策室には、検査や予防接種が無料で受けられるクーポン券が届き、対象者に発送する作業が行われました。

1年目は、まず昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に送られますが、それ以外の対象者も希望すれば同じクーポン券を発行してもらえるということです。

名古屋市保健所長の平田宏之さんは「抗体検査は、医療機関だけでなく、職場によっては健康診断でも受けられるので、男性にはこの事業を利用してもらい、妊婦さんに風疹をうつさないよう、予防してもらいたい」と話しています。

※ストップ風疹!~赤ちゃんを守れ~
https://www.nhk.or.jp/d-navi/stopfushin/index.html

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る