NEWS

福井の関電3原発 火山灰の評価見直し 改めて審査へ

2019.03.29 :

鳥取県の大山が噴火した場合、関西電力が福井県内にある3つの原発に積もる火山灰について、評価し直した結果、これまでよりも多く積もるとする報告書をまとめ、29日、原子力規制委員会に提出しました。審査に合格した原発の自然災害の影響の評価が見直されるのは初めてで、今後、改めて審査が行われます。

福井県内にある高浜、大飯、美浜の3つの原発について、関西電力は、鳥取県の大山が噴火した場合、敷地内で最大およそ10センチの火山灰が積もると想定していました。

しかし、大山からの距離がほぼ同じの京都府内の地層では、およそ25センチの火山灰の層が見つかったことから規制委員会が関西電力に見直すよう指示していました。

その結果、関西電力は火山灰の量を評価し直し、高浜原発で21センチ余り、大飯原発で19センチ余り、美浜原発で13センチ余りとする報告書をまとめ、29日、規制委員会に提出しました。

大量の火山灰が原発の敷地に積もると、非常用のディーゼル発電機が目詰まりするなどのおそれがありますが、関西電力は新しい想定でも問題ないとしています。

規制委員会は報告書の提出を受け、来月、審査を行うことにしています。審査に合格した原発の自然災害の影響の評価を見直すのは初めてです。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事