NEWS

堀江氏が取締役の宇宙ベンチャー 新ロケット打ち上げを発表

2019.03.19 :

実業家の堀江貴文さんが取締役をつとめる北海道の宇宙ベンチャー企業が、超小型衛星を搭載するロケットを2023年を目標に打ち上げると発表しました。JAXA=宇宙航空研究開発機構とも連携し、エンジンの共同研究を進めていくということです。

北海道大樹町の宇宙ベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」は全長10メートルの観測用ロケット「MOMO」をこれまで2回打ち上げましたが、いずれも失敗し、ことし3回目の打ち上げを行う予定です。

そして19日、都内で開いた会見で、観測用ロケットの開発を進めるとともに、重さ100キロ程度の超小型衛星を搭載できる新しいロケット「ZERO」の開発を行い、2023年を目標に打ち上げると発表しました。

ロケットは全長22メートル、重さ35トンで、液体燃料や市販の部品を使って1回の打ち上げ費用をおよそ6億円以下に抑えたいとしています。

また、JAXAとも連携し、低コストのエンジンの共同研究を進めていくということです。

ベンチャー企業の創業に関わり、現在も取締役をつとめる実業家の堀江貴文さんは「将来的に超小型衛星の市場は大きくなるため、観測用ロケットの打ち上げを成功させたあと、新型ロケットの開発も進めていきたい」と話していました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事