NEWS

将棋 棋王戦 渡辺二冠がタイトル防衛 7連覇

2019.03.17 :

将棋の八大タイトルの1つ、棋王戦で、タイトルを持つ渡辺明二冠が挑戦者の広瀬章人竜王を3勝1敗で破り、7連覇を果たしました。

第44期棋王戦の五番勝負は、これまで6連覇して史上2人目となる永世棋王の資格を持つ渡辺明二冠(34)が、挑戦者の広瀬章人竜王(32)を2勝1敗でリードし、タイトル防衛に王手をかけていました。

17日、宇都宮市で行われた第4局は、相手の積極的な攻めをかわし続けた渡辺二冠が終盤、持ち駒を巧みに指しつないで攻め、午後7時半すぎ、145手までで広瀬竜王を投了に追い込みました。

渡辺二冠は3勝1敗としてタイトルを防衛し、棋王戦7連覇を果たしました。

渡辺二冠は先月、王将のタイトルを5期ぶりに獲得したほか、今年度の順位戦ではB級1組を12戦全勝で勝ち抜いて、最も上のA級への復帰を1年で果たしています。

棋王戦で7連覇を果たしたことについて、渡辺二冠は「もうそんなところまで来たかという感じです。自分のタイトル連覇記録に近づいてきたので、それを目標に頑張りたいです」と、過去に竜王戦で9連覇していることを踏まえた抱負を話していました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事