NEWS

マンモスの遺伝子 “活動する力を保っていた” 近畿大など発表

2019.03.11 :

絶滅したマンモスをクローン技術などで復活させる研究を進めている近畿大学などのグループは、ロシアの凍土の中から見つかった氷漬けのマンモスの細胞の核をマウスの卵子に移植し細胞分裂に向けた反応が始まることを確認したと発表しました。マンモス復活にはまだ課題も多いということですが、グループでは2万年以上前のマンモスの遺伝子が活動する力を保っていることを世界で初めて確認できたとしています。

これは近畿大学やロシアなどの研究グループが発表しました。

グループでは9年前にロシアのサハ共和国の永久凍土の中から氷漬けの状態で見つかったおよそ2万8000年前の子どものマンモスから比較的、状態のよい細胞を取り出しました。
そして細胞から遺伝子が入った核を取り出し、マウスの卵子およそ40個に移植する実験を行いました。
その結果、およそ半分の卵子でマンモスの遺伝子が働いて特殊なタンパク質が蓄積したほか、5つの卵子では、細胞分裂の前に見られる「紡すい体」と呼ばれる構造も観察されたということです。
卵子はそこから先の核が分裂する段階には進みませんでしたが、グループでは氷漬けのマンモスの遺伝子が活動する力を保っていることを世界で初めて確認できたとしています。

近畿大学などでは、今回の成果を元に今後、クローン技術だけでなく、遺伝情報から細胞を復元する技術などを研究し、マンモスを復活させる方法を見つけたいとしています。
グループの一員で近畿大学生物理工学部の宮本圭講師は「2万8000年という時間がたった細胞の核に機能が残っているという大きな発見だ。ただ、まだ技術的、倫理的に乗り越える課題は多く、復活に向けた方法をさらに検討したい」と話していました。

この研究結果は11日、イギリスの科学雑誌、「サイエンティフィック・リポーツ」の電子版に掲載されます。

マンモスとは

マンモスは、象の仲間で、ユーラシア大陸から北アメリカ大陸まで広く分布していましたが、およそ1万年前に絶滅したと考えられています。

このうち、寒冷地に進出したマンモスは長い毛が特徴で「ケナガマンモス」と呼ばれます。

今回、実験に使われた「YUKA」もケナガマンモスです。マンモスは、一般に巨大なイメージがありますが、ケナガマンモスは比較的小さく現代のアジアゾウとあまり変わらない大きさだったと考えられています。

マンモス復活の手順は

近畿大学のグループによりますと、マンモスを復活させる研究は韓国やアメリカのハーバード大学などでも進められているということです。

このうち、近畿大学ではクローン技術を使った方法を研究してきました。
具体的には永久凍土の中で氷漬けで見つかるマンモスの細胞から遺伝情報が入った「核」と呼ばれる部分を取り出します。

そして、遺伝的にマンモスに近いアジアゾウの卵子からゾウの遺伝子を取り除き、マンモスの核を移植します。
マンモスの核を注入した卵子は電気刺激を与えると活性化し、受精卵のように分裂を始めたところで再びアジアゾウの子宮に戻して赤ちゃんを誕生させようという方法です。

こうしたクローン技術はすでにマウスやヒツジ、それにイヌなどさまざまな哺乳類で実用化されています。

ただし、アジアゾウは絶滅にひんしていることから、こうした計画に利用することに対して慎重な意見もあり、研究グループでは遺伝情報から細胞を復元する技術など今後、さまざまな手法を検討していきたいとしています。

近畿大学 マンモス復活計画

近畿大学では、1990年代からマンモスの復活を目標としたプロジェクトに取り組んできました。

その後、2010年に、ロシア北部に位置するサハ共和国で極めて保存状態がいいおよそ2万8000年前の氷漬けのマンモスが見つかったことでマンモスの細胞核を使った研究が本格化しました。
見つかったマンモスは子どものメスで「YUKA」と名付けられ、6年前には、横浜市で一般に公開されています。

「YUKA」はおよそ2万8000年前に6歳程度で死んだと推定されていて、長い鼻や体毛、肉などが残った状態で見つかり、グループは、ロシア政府の許可を得て筋肉などの一部をサンプルとして入手し、今回の実験に使用したということです。

グループによりますと、今回の実験でマンモスの細胞の核が今でも活動することは確認できましたが、核が分裂するなどの段階には進まず、実際にマンモスを復活させるにはまだ、技術的に難しい課題が残っているということです。

このためグループでは今後、クローン技術に限らず、遺伝情報から細胞を新たに作り出す技術なども研究し、マンモスを復活させる方法を見つけていきたいとしています。

※掲載された論文はこちらから(※NHKサイトを離れます)
https://doi.org/10.1038/s41598-019-40546-1

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事