NEWS

有人飛行目指すスペースXの宇宙船 地球に帰還

2019.03.09 :

初めて民間の力で国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送るための試験飛行として、アメリカのベンチャー企業、スペースXが打ち上げた無人の宇宙船が国際宇宙ステーションから無事、地球に帰還し、今後の有人飛行に弾みがつくと期待が高まっています。

スペースXが宇宙飛行士の新たな移動手段として開発した宇宙船「クルードラゴン」は、日本時間の3日、国際宇宙ステーションにドッキングし、5日間とどまって、物資の積み替えが行われました。
そして、日本時間の8日夕方に離脱して、その後、大気圏に入り、パラシュートでスピードを落としながら、日本時間の8日夜10時45分に、アメリカ南部フロリダ州沖の大西洋に着水し、無事、帰還しました。
今回の試験飛行では、操縦席にのせられたセンサーを内蔵した人形で、宇宙飛行士にかかる重力などのデータを収集しており、スペースXは安全性をさらに高め、ことし7月には民間の宇宙船を使って初めて国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送る計画です。
宇宙飛行士の移動手段は、8年前にスペースシャトルが引退して以降、ロシアの宇宙船・ソユーズに限られてきましたが、今回の成功で、アメリカの民間宇宙船の参入に弾みがつくと期待が高まっています。

NASA=アメリカ航空宇宙局のブライデンスタイン長官は「アメリカの歴史においてすばらしい成功だ。いまや、NASAが民間による有人宇宙飛行の顧客になる」と述べました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事