NEWS

スペースX 無人宇宙船打ち上げ成功 民間開発最終段階に

2019.03.02 :

民間で初めて国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送る計画を進めているアメリカのベンチャー企業、スペースXは、開発の最終段階として無人の宇宙船を打ち上げる試験を行い、打ち上げは成功しました。

スペースXが開発した宇宙船「クルードラゴン」は現地時間の2日午前3時前(日本時間の午後5時前)、南部フロリダ州のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。

宇宙船は10分余りあとに切り離されて予定の軌道に入り、打ち上げは成功しました。

今回は、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送る計画の最終段階の試験として行われ、宇宙船は日本時間の3日午後に、高度400キロの軌道を回る国際宇宙ステーションに到着したあと、8日夜に地上に帰還する予定です。

宇宙船にはセンサーを内蔵した人形が載せられていて、宇宙飛行士にかかる重力や環境の変化などのデータを収集します。スペースXはこうしたデータを基に安全性を高め、ことし7月には民間で初めて宇宙飛行士を乗せた宇宙船を打ち上げ、国際宇宙ステーションに送る予定で、実現すれば8年前にスペースシャトルが引退して以降、ロシアの宇宙船・ソユーズに頼ってきた宇宙飛行士の移動手段に、民間の宇宙船が加わることになります。
アメリカではNASA=航空宇宙局が資金を援助するなどして、宇宙開発への民間企業の参入を促しており、大手航空機メーカーのボーイングも来月、無人の宇宙船を打ち上げ、ことし8月には有人の宇宙船を打ち上げる予定です。

マスク氏「とてつもない重圧だった」

打ち上げのあと開かれた記者会見で、スペースXのイーロン・マスクCEOは「事業に携わったすべての人の献身的な働きのおかげで、2002年から17年かかってやっと実現できた。とてつもない重圧だった」と述べました。

そのうえで「NASAがいなければ、今のスペースXはないことを特に強調したい」と述べ、NASAの協力に感謝しました。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事