NEWS

週末の“寝だめ”効果なし?米研究チームが実験

2019.03.01 :

平日の睡眠不足を週末に補う、いわゆる「寝だめ」の効果について、アメリカの研究チームが実験して調べたところ、睡眠不足を十分補えず、効果がないことが分かったとしていて、ふだんから1日7時間の睡眠をとるよう勧めています。

この研究は、アメリカのコロラド大学の研究チームが28日、科学雑誌「カレント・バイオロジー」に発表しました。

研究チームは、18歳から39歳までの肥満ではない男女36人を、9時間の睡眠時間をとるグループ、5時間しか寝ないグループ、それに平日は5時間寝て、週末の2日間好きなだけ寝てもよい「寝だめ」をするグループに分けて、9日間、観察しました。

その結果、「寝だめ」をするグループの人たちの睡眠時間は、週末に好きなだけ寝てもよいとは言うものの、1日あたり1時間程度しか増えませんでした。

その一方で平日には眠りに就く時間が遅れ、睡眠不足を十分、補えないことがわかりました。

また、「寝だめ」をする人たちは、日中起きている時間が多いことから、間食が増え、最大で体重が1.3キロ増加したほか、糖尿病のリスクも高くなるなど、かえって悪影響があると指摘しています。

研究チームでは、この研究結果から、寝だめには効果がないことが分かったとしていて「テレビやスマホを見る時間を減らし、ふだんから少なくとも1日7時間の睡眠をとるべきだ」と勧めています。

※掲載された論文はこちらから(※NHKサイトを離れます)
https://doi.org/10.1016/J.CUB.2019.01.069

アメリカ総局記者

籔内潤也

1996年入局。京都・大阪・和歌山を経て、2008年から科学文化部で、再生医療やがん、放射線の影響など医療分野を取材。2013年から長崎で事件・原爆担当のニュースデスクを経験した後、2016年にアメリカ総局(ニューヨーク)特派員。宇宙や医療などの科学分野のほか、トランプ政権で揺れるアメリカの科学、そして、日本の研究の国際的地位の低下を憂慮しながら取材。2019年、科学文化部医療担当デスクに。

籔内潤也記者の記事一覧へ

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事