NEWS

はやぶさ2 けさ小惑星に着陸へ 岩石の採取に挑む

2019.02.22 :

小惑星「リュウグウ」への着陸に向けて、日本の探査機「はやぶさ2」は21日から順調に降下を続けていて、予定どおりにいけば、22日午前8時ごろ、小惑星に着陸して岩石の採取に挑みます。

「はやぶさ2」は小惑星「リュウグウ」への着陸に向けて、21日午後1時すぎに高度2万メートルから降下を開始し、その後、速度を秒速10センチまで落として降下を続けています。

午前6時半すぎに高度500メートル付近で、地球からの指令を離れて、「はやぶさ2」自体が状況を判断する自動制御に切り替わり、着陸は最終局面を迎えています。

そして順調にいけば22日午前8時ごろ、「リュウグウ」への着陸を実施して岩石の採取に挑む計画です。
広角の光学航法カメラ(ONC-W1)で撮影された画像(2018年10月25日
着陸は数秒間で、探査機の下の長さおよそ1メートルの岩石採取装置の先端を地表につけます。

その瞬間に、地表に向かって弾丸を発射し、砕けて舞い上がった岩石を採取します。

着陸地点は直径6メートルと極めて狭く、JAXAでは難しいミッションになるとしていて、神奈川県相模原市にある宇宙科学研究所の管制室では常に「はやぶさ2」のデータをチェックし、異常があった場合は、降下を中止することも視野に慎重に運用を進めるとしています。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事