NEWS

はやぶさ2 きょう小惑星「リュウグウ」へ降下開始へ

2019.02.21 :

日本の探査機「はやぶさ2」は、小惑星「リュウグウ」への着陸に向けて、21日午前8時すぎに、高度2万メートルからの降下を開始します。順調にいけば22日午前8時ごろに着陸を実施して岩石の採取に挑む予定です。

2014年に打ち上げられた「はやぶさ2」は、地球からおよそ3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」の上空に到着したあと、去年10月の着陸を予定していましたが、小惑星が予想以上に岩に覆われていることが分かり、着陸を延期して安全に着陸できる地点と方法の検討を進めてきました。

そして、小惑星の赤道付近にある大きさが60センチを超える岩石がない平たんな場所を確認して、「L08ーE1」と名付け、ここを着陸地点に決めました。

JAXAでは機体や地上の施設などを最終チェックし問題がなければ、21日午前8時すぎに降下を開始することにしています。降下のスピードは、人が歩く速度よりも遅い時速1.4キロほどで高度を下げていきます。

そして、順調にいけば、22日午前8時ごろ、「リュウグウ」への着陸を実施して、岩石の採取に挑戦する計画です。

着陸地点は直径6メートルと極めて狭く、JAXAでは難しいミッションになるとしています。

JAXAは「はやぶさ2」から送られてくるデータを、神奈川県相模原市にあるJAXAの宇宙科学研究所の管制室で常にチェックし、異常があった場合は、降下を中止することも視野に慎重に運用を進めることにしています。

はやぶさ2の予定

日本の探査機「はやぶさ2」は今回の着陸も含めてことし7月までに2回から3回の着陸を行う計画です。

このうち1回は、「インパクタ」と呼ばれる装置を使って、小惑星の表面にクレーター状の穴を開け、そこに着陸して内部の岩石を採取する世界初の取り組みにも挑戦します。

具体的には上空数百メートルから、重さがおよそ2キロある金属の塊を高速で発射して、地表の岩石を吹き飛ばして内部が露出したクレーター状の穴をつくります。

そして、先に投下した目印となるターゲットマーカを基準にしてピンポイントで穴の中に着陸、宇宙線などの影響を受けていない小惑星内部の岩石を採取する計画です。

今後の着陸は太陽の回りをだ円の軌道を回るリュウグウが、今より太陽に近づき地表の温度が上昇する7月末までに実施される計画です。

そして「はやぶさ2」は、ことし11月から12月にリュウグウを離れ、地球に向けて帰還の途につきます。地球に到着するのは来年末の予定です。

小惑星リュウグウとは

「リュウグウ」は直径はおよそ900メートルの小惑星で、太陽の周りをおよそ1年3か月かけて回っています。

形は、南北の極が角張り赤道付近が山脈のように膨らんだ「コマ」のような形をしています。

自転の周期は7時間40分ほどで四季もあります。また、重力も地球の8万分の1と、わずかですが存在します。

これまで撮影した写真などから、表面は岩で覆われ、大きな岩石がごろごろと転がっていることが分かっているほか、赤道付近には直径が100メートル前後の大きなクレーターが複数確認されています。

「リュウグウ」は太陽系の古い時代の状態をとどめ、有機物や水が残っている可能性が高いC型と呼ばれるタイプの小惑星の1つです。

これまでの観測では、岩石の色が黒っぽいことから、有機物の成分となる「炭素」が多く存在しているほか、水の存在も期待されています。

「リュウグウ」は「はやぶさ」初号機が2005年に着陸した小惑星「イトカワ」と同じように壊れた小惑星の破片が集まって誕生したと考えられています。

小惑星探査 各国は

日本は「はやぶさ」初号機で、小惑星に着陸し微粒子を地球に持ち帰る成果を出したほか、「はやぶさ2」も3億キロの飛行を成功させ再び小惑星に到達させるなど、この分野では世界をリードしています。
日本を追いかけるようにNASA=アメリカ航空宇宙局では、探査機「オリシス・レックス」を開発、地球から1億2000万キロ余り離れた小惑星「ベンヌ」の岩石を採取する計画を進めています。

「ベンヌ」は直径がおよそ500メートルと、「リュウグウ」の半分ほどの大きさで、およそ46億年前に太陽系ができたころの状態をとどめていて、水や有機物が残されていると考えられています。

アメリカの探査機は「はやぶさ」初号機の成果も生かされて開発され、去年12月にベンヌ上空に無事到着しました。

来年にも砂や岩を採取して4年後には地球に持ち帰る予定で、日本と情報を共有して宇宙の謎の解明につなげる共同プロジェクトが進んでいます。

また、NASAはさらにその先に、金属でできていると考えられる「プシケ」という名前の別の小惑星探査も計画しています。

このほか、ESA=ヨーロッパ宇宙機関でも、小惑星の探査計画を立ち上げる方針を示しています。

記事の内容は作成当時のものです

NEWS一覧に戻る

関連記事