戦跡 薄れる記憶立ち入り制限の島 激戦地の慰霊祭(2017/08/09 放送)

昭和20年8月、千島列島北部のシュムシュ島(占守島)では、旧日本軍と旧ソビエト軍の間で激しい戦闘が行われました。厳しく立ち入りが制限されたこの島で、ことし7月、日本の民間団体による慰霊祭が行われました。

12年ぶりの慰霊祭

北千島のシュムシュ島は、周囲約80キロの島です。昭和20年8月18日から上陸してきた旧ソビエト軍と旧日本軍の守備隊との間で激しい戦闘が行われ、多数の死傷者が出ました。

島で行われた慰霊祭には元兵士の家族など20人余りが参加しました。シュムシュ島に入る交通手段は限られ、自由な行き来は出来ません。今回は実に12年ぶりの慰霊祭となりました。

突然の侵攻による激戦

シュムシュ島の戦いとはどのようなものだったのか。当時17歳でシュムシュ島の戦車部隊に所属していた北海道陸別町出身の小田英孝さん(89)は、大きな戦闘に参加することなく、8月15日を迎えました。戦争が終わることを知り、いったんは安堵したといいます。「いちばん最初に思ったのは、日本が残るからほっと安心して、ひょっとすると日本へわれわれ生きて帰れるかなと、気が楽になった」(小田英孝さん)

しかし、その3日後の8月18日未明、武装解除の準備を進める中で突如ソビエト軍が攻撃をしてきました。「国籍不明の敵が上陸して国端方面で戦闘中。準備のできている2両が出動するように」と命じられた小田さんは、戦車の中から機関銃を撃ち続けました。武装解除のあと、小田さんは戦場で家族の写真を手にしたソビエト軍兵士の遺体を見つけました。

「ひょっとしたら俺の撃った弾がこの人にあたったのかと。戦争はむごいというのをあのときほど実感したことはなかった」(小田英孝さん)

父の思いを胸に参加

今回の慰霊祭に福島県いわき市から参加した西山薫さん(69)は、11年前に亡くなった父親の武彦さんが、シュムシュ島の戦車部隊にいました。遺品を整理する中で「島を訪れたい」という父親の強い思いを感じたといいます。

武彦さんの手記は今から12年前、戦後60年に行われた慰霊祭の案内と一緒に、大切に保管されていました。敵の弾を受け仲間が自決したことなど、戦闘の様子が克明に記されていました。「やはり衝撃がありました。文字にしたものを見てああそうだったんだなっていう思いがしました。戦友が亡くなっていますから、戦友の慰霊の思いがあったと思います」(西山薫さん)
再びシュムシュ島の土を踏むことがなかった父親の思いを実現させたいと、西山さんは慰霊祭への参加を決めました。

降り立った島で、旧日本軍の戦車や兵士が身につけていたとみられる品々がそのままになっているのを目の当たりにしました。

西山さんは「よく残っていたという思いがしました。日本の人々のために何かの形で残しておけないかと、そんなことも思いました」と話していました。

島を平和の象徴に

島を離れるとき、西山さんは父親が常に言っていた言葉を思い出しました。「父も言っていましたけど、戦争は決してしてはいけないということを日本人もロシア人ももっと知ってほしい。こういう島がまだあるんだと、そんな意味から日本とロシアの平和の象徴であってほしいと、そんな気持ちも出ました」(西山薫さん)

ロシア側によりますと、シュムシュ島では双方合わせて700人以上が死亡したとされています。旧日本軍の兵士の遺骨の収集は進んでおらず、厚生労働省によりますとこれまでに日本に帰ってきた遺骨は43体にとどまっています。太平洋の北の島での戦闘を忘れず平和について考えてもらいたい。元兵士と家族の願いです。