MENU

19のいのち 障害者殺傷事件

「19のいのち」をたどって

"残虐な事件を、思い出したくないけれど、忘れてほしくない"
あるご遺族が語ってくださった言葉です。
19人の方々を知る人たちが語ってくださった思い出のかけらを集めて、
確かに生きてきた「19のいのち」の証しを、少しずつここに刻んでいきたいと思っています。

2016年(平成28年)7月26日未明、神奈川県相模原市緑区にある知的障害者施設、
「津久井やまゆり園」で入所者など45人が次々に刃物で刺された殺傷事件。
入所者19人が死亡、職員2人を含む26人が重軽傷を負った。

殺人事件の犠牲者数としては、戦後最悪とされる。
事件の動機について、逮捕された元職員は「障害者はいなくなればいい」などと、
障害者の存在そのものを否定する供述をした。

あの日、19人の命が奪われてから3年の月日が経ちました。
あれから私たちは、社会は、あの事件とどう向き合ってきたのでしょうか。
「死んでしまっても仕方のない命」「産まれて来ない方が幸せな命」…
障害のあるなしに限らず、いまも、この社会のどこかで、命に線が引かれているように思います。
「周りに迷惑をかけたくないから」「生産性がない」…
自分や他人の存在を1つの価値観で否定してしまう、そんな言葉もあふれています。

でも、ふと思うのです。
誰の支えもなく生きている人なんているのでしょうか。
私たちは「経済性」や「合理性」で誰かを大切に思っているのでしょうか。
“そのままのあなたでいい”と誰もが言われたら、生きづらさが軽くなりはしないでしょうか。
「誰をも排除しない」―それは“きれいごと”かも知れません。
でも「変わらない」と諦めず、“きれいごと”を目指すことから一歩が始まると感じています。
その先に、事件の前とは違った景色が広がっていると思うのです。
これからも、みなさんの言葉をお待ちしています。

事件から1年半、このサイトを開設して1年が経過しました。
この間、ご遺族や関わりのあった方々から、大切な19人への想いを綴っていただきました。
このサイトを訪れて下さった皆さんからも、多くのご意見やお声を寄せていただきました。
すべてをご紹介できてはいませんが、改めて心より感謝申し上げます。

あの日から、どのような時間が流れてきたのでしょう。
事件や被告の言葉がこの社会にもたらした無数の傷が癒えることがあったでしょうか。
めまぐるしい日々の中で、事件を思い出さなくなった人もいるかもしれません。
"残虐な事件を、思い出したくないけれど、忘れてほしくない"
あるご遺族が語ってくださった言葉です。
どれほど時間がかかっても、それが容易でなかったとしても、
差別のない、誰をも排除しない社会にむけて、
ともに"あすへの一歩"を踏み出していきませんか。
私たちは、あの事件を忘れません。

今回の事件で、警察は犠牲になった19人の方々のお名前を公表していません。
19人おひとりおひとりに、豊かな個性があり、
決して奪われてはならない大切な日常があったはずですが、
私たちはこれまで十分にお伝えすることができずにきたと思っています。
そして、過去に例をみない凶悪な犯罪の衝撃は、事件から時がたつにつれて
社会から薄れていっているように感じています。

私たちは、失われた命の重さを伝え、その痛みを少しでも想像し、
みんなで受け止めていくことで、
再び悲劇を生まない社会を作っていきたいと考えています。
19人の方々を知る人たちが語ってくださった思い出のかけらを集めて、
確かに生きてきた「19のいのち」の証しを、
少しずつここに刻んでいきたいと思っています。

あの日、19人の命が奪われてから3年の月日が経ちました。
あれから私たちは、社会は、あの事件とどう向き合ってきたのでしょうか。
「死んでしまっても仕方のない命」「産まれて来ない方が幸せな命」…
障害のあるなしに限らず、いまも、この社会のどこかで、命に線が引かれているように思います。

詳しく読む

ご意見をお寄せください

相模原障害者殺傷事件についてのご意見や、
亡くなられた方へのメッセージを募集しています

PAGE TOP