1. トップページ
  2. ビッグデータを読み解く (2) ~感染拡大が収まらない理由~
中谷友樹/水野貴之

中谷友樹/水野貴之

東北大学大学院 教授/国立情報学研究所 准教授

中谷友樹/水野貴之

2020年12月

公衆衛生

研究者

取材日:2020年12月 9日

ビッグデータを読み解く (2) ~感染拡大が収まらない理由~


 

大都市にくすぶり続ける“感染の核”が流行をけん引

中谷 東京の中の都心部分ですよね、最初、赤坂とか銀座とかも入るんですけど、それが新宿に移っていくんですが、その部分から、あるタイミングで広がるんです。その広がった先は郊外なんですけど、それが全方位的に、郊外に延びる鉄道路線に従って伸びてくんですね。それが緊急事態宣言で1回消えて、ここに残っていた部分がまた同じような角度で広がるんです。大都市圏、関東大都市圏の中の、主要な市街地の範囲まで広がりきったあと推移して、ここで第2波のピークが来るんですね。

そのあと1回、ちょっとだけ収まったんですけど、その時にアクセル踏んじゃったんですかね。だから、全然ここで収まりきらないまま、第3波に入っちゃったという感じで。名古屋で見ても、やっぱり中心付近があって、それが広がっているとか。大阪のほうとかも同じですよね。この中心に感染の核となるような、いちばん高密度な場所があって、そこから広がっていくというような状況が非常にクリアに分かりますよね。

 

――感染の核。

中谷 そうですね。感染を常にドライブしているっていうか、地域の流行を全体的に推進しているような部分が、やっぱりこの中心付近ですね。クラスターが連鎖していかないと、このCOVID-19は流行が持続しないんですよ。例えばあちこちに飛んでいるのがあるじゃないですか。こういうのは結構、そんなに都心から離れてないような所でも早い段階で飛んでいるのに、それが消えるんですよね。

ただ都心から連続的に広がってきて、クラスターが連鎖するようになってしまうと、ずっと持続してしまう状況があるということですよね。それは多分、この核となる所が感染をどうしても残して広げてしまっていて、それが波及的に郊外にずっと進んでいくと。そういう状況を感じますね。多分東京は、東京だけじゃなくて、全国的な流行の拡大の起点にもなっているということが考えられますよね。

それぞれの大都市圏に、それぞれ見えます。名古屋だったら栄とかですよね。こっちは多分大阪の北とか南とか、そういう繁華街があるエリアが、やっぱり中心になっているということですね。

 

20201213_3.png

 

――2波3波っていう言い方していますが、このデータを見たら、つながっているのではと思ったんですけど、どうですか?

中谷 つながっています。要するに、1回少し規模が下がってきて、その規模が1波の時みたいに消えるとこまで行かなかったものが、また3波につながっちゃった感じですね。

 

郊外のあちこちに“火の粉”が飛び散る危険な兆候

――周りに飛んでいるのは“火の粉”みたいなものっていうか。

中谷 そうかもしれません。飛び散っていますよね。飛び散っているのが持続しているかどうかが、やっぱり大事なポイントだと思います。つながっているかどうかですね。(時間軸の)この縦の線がつながっているってことは、大事なポイントですね。ちなみにこれ横浜なんですけど、横浜も縦につながっている。時々途切れていますけど、圧倒的に東京の都心付近が中心的な感染の核になっていますよね。

 

――端のほうに小さな青いものも出ているけど、すぐ消えていますよね。

中谷 そうですよね。そういうのは消えてますよね。ただ今、心配なのは、黄色くなっている、毎日何かしらの施設で感染が起こるような、小さな核みたいなものが、あちこちに飛び火しているように見えるってことですかね。

 

20201213_4.png

 

――それが第3波の特徴なんですか?

中谷 拡大している時の特徴だと思うんですね。第2波の時も、横浜だったりとか、一部のほかの地域で、郊外の中心的な都市みたいな所に飛び火しているんですけど、今もまた横浜で増えていますし。一部郊外で、小規模な繁華街を持っているような中心地に飛んでいるって感じですね。また広がり始めているのかなっていうふうに見えちゃいますね。

 

――“火の粉”が飛んで小さい核になるのは危ない?

中谷 それが拡大していってしまうと、困るんですよね。だから単独である限りだと、そんなに長続きしないかもしれないんですけど、内側から連続的につながっていって、クラスターとクラスターが全方位的にいろんな方向から感染が飛び火してきて、それが続いちゃうようなことになってしまうと、なかなか火消しができないということになっちゃいますね。

水野 時間とともに、行動範囲が少しずつ広くなっているんですね、データを見ると。人の地域間の移動のネットワークは、今も昔も同じ形状なんですけど、移動を表すリンクの太さが変化してきて、ある所の人がネットワークの遠くまでは、今までは行かなかったんです。何個か介するとそこまで行ったんですけど。今のネットワークの状況は、何個も介さないで、遠くの地域間を結ぶリンクが太くなり、その人がヒュッて行く確率が高くなっていたので、それでサッサッサッて火の粉が飛びやすくなっている。

中谷 風が吹いている。

水野 風が吹いているっていうことですね。

 

“火の粉”をあおってしまう“風”を弱めなければ

水野 第3波といわれている所は、火の粉が飛びやすくなってますよね。

中谷 広がっている感じですよね。これ東京だけじゃなくて、関西なんかは、もうちょっとクリアなんです。

水野 山火事と全く同じで、真ん中に芯があって、ボーボー燃えてますと。それがすごい風にあおられて、火の粉がピョンピョン飛びますと。そんな感じですよね。

中谷 あおられ方が。

水野 そう。あおられ方が、やっぱり風が強くなっているので、ピョンピョン飛ぶと。だけど、ピョンピョン飛んだ火の粉っていうのは、もともとそんなに周りが燃える土地でなければ、シュシュシュッて消えていくんですよ。だからやっぱり芯から飛び火しないように、気をつけなきゃいけないですよね。いかにこれを閉じ込めるか。山火事も燃え移らないように、周りの木を切り倒して、延焼を防ぐんですよね。徐々に徐々にそれを狭めていってシュッと消すので、そういうことが必要なんじゃないのかなと。

中谷 それは疫学でも、ちゃんとそういう概念、防疫線というのがあるんです。あと、よく新宿、新宿って言うんですけど、確かに最初のころ、新宿が多かったんですけど。東京ってたくさん繁華街があるので、やっぱり特定のエリアだけを塊で名指しにするんではなくて、全体的な取り組みが大事なんだろうなって感じですね。

水野 人流を見ていると、地元で飲んでくださいと思うんですけども、なぜか(都心に)来るんですよね。いつまでたっても集まるので。集まって、しかもその人が、横浜とかにお帰りになるので。

中谷 そうですね。

水野 それで太くなっちゃうんですよね。だから地元で飲んでくださいと。そうすれば、どっかでボーボーと火が燃えても、火の粉が飛ぶ、風が強くなるわけじゃないので。やっぱり風を弱めるようなことがいるかなと思います。

中谷 風っていうのは、なかなかよい表現だと思ったんです。Go To Eatだったり、Go Toトラベルみたいのって、ある意味、風じゃないですか。

水野 風ですね。

中谷 そういう風みたいなものが、直接サービスを使わなかったとしても、(感染の)広がりを作りだしている。風っていう場を作りだしているっていうのは、何とも言い得て妙だなと思いましたね。

 

関連番組

NHKスペシャル「新型コロナ“第3波” 危機は乗り切れるのか」(2020年12月13日放送)